ブログトップ

<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

レッスン 169回

2018年になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月明けに私が風邪をひき、次に主人が風邪をひき、
毎日すっきりしない状態を過ごしている間に、
あっという間に1月も半分以上が終わってしまいました。
風邪はもちろんインブルエンザも大流行しているようです。
せっかく風邪が治ったところなので、
第二弾がないように気をつけます。

今日は今年初レッスン。
昨日降った雨のおかげで湿度もアップ。
家ではけっこう良い感じで弾けてます。
この調子で師匠の前でも弾けますように!
と願いながら、行ってきました。

★ ボウイング

妙に力が入ってます。もっと力を抜いて弓を返して。→
(意識して力を抜いて弾いてみる)→ 良い感じです。
良く響いています。

★ スケール&分散音

Es dur ;
スケールも分散音も良くつながり、綺麗に響いています。
OKです。

★ 一弦上におけるポジション移動

F-E線
まずボウイング。ポジ移動する時に音が途切れないように
つなげることを意識して。
ハイポジになった時の手の形に注意。
左手をもっと指板に沿わせてポジ移動すること。
音程注意。

→ もう一度。

★ エチュード(クロイツェル26番)

半分まで;
⚫︎ スラーの部分が転ぶ(早い)。
⚫︎ 音程をもっとしっかり。
⚫︎  高音部の音程は手の形にかかっている。
手の形をもう一度見直してみよう。親指も意識して。

→ もう一度。無理に進まなくて良い。

★ タイスの瞑想曲


⚫︎ [16]からの部分がもたつく。もっと早く。
⚫︎ G線で弾くところは、もっと弓を立てて、
楽器を体の中心に寄せるようにして弾く。響かせよう。

→ 合格。

今日は初レッスンだというのに、
音程がダメダメでした。
エチュードはしっかり練習して行ったつもりですが、
ところどころで音程を外して、師匠も首をかしげる。
「今日はどうした?」と。
どうしたと言われてましても、自分でもわからない。
気合が入りすぎたのか、緊張してたのか‥。
でもよく考えると家で練習している時も
音程がイマイチだったような気がする。
もっと厳密に精密に練習しなくちゃね。
エチュードではそれをいつも心がけているつもりだったけれど、
年末年始のバタバタで、ついつい適当にやっていたのかもしれない。
一つ一つの音を大切にし、絶対に妥協しない師匠にとっては、
「あれれ?何か気持ち悪いぞ。」という状態のようでした。
次までには直して行きたい。
 タイスの瞑想曲は、ようやく合格。
まだまだ満足いく出来ではなかったけれど、
レパートリーに入れて、今後も大切に弾きたい。
できれば来年の新年会で親戚の前で披露できたらいいな。と
師匠に言うと、
 「一旦終わります。でもまた聴かせてね。変な癖がつくかもしれないから」
さて、次は「カバティーナ」。
素敵な曲です。 頑張ろうっと。



 ↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村




 
[PR]
by collages1122 | 2018-01-18 15:44 | ヴァイオリン | Comments(0)