憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122

レッスン 178回


猛暑は続くよ、どこまでも。

茨城県北部の海沿いの街の高台にある我が家に
30年近く住んでいますが、こんなに暑い夏は初めてです。
(と言っても東京より3〜5度は低いですが)
クーラーつけっぱなしで寝て、また朝からクーラーつけて、
一日中冷えた部屋にとじこもる毎日。
そのせいか、身体がだるくてお腹が痛い時があります。
早くクーラーなしの自然の風の爽やかさを感じたい。
クーラーなしで寝たい。
秋の訪れを心から待ち望んでいます。
それにしても2020年東京五輪が不安です。

さて、その暑さの中、師匠が我が家に来てくださり、
出張レッスン。
冷たい麦茶を一杯飲んで、ほっこりしてからレッスン開始です。

(↓応援クリックお願いします。)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

★ ボーイング

(2週間前に弦を総張り替えしたこともあって)
音が良いですね。よく響いています。
弦張り替えて良かったですね。

★ スケール&分散音

D minor;
スケールも分散音も大変綺麗に弾けています。
音もよく出ていますし、よくつながっています。
とくにG線とD線が綺麗かな。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

A-4;
E線はおさえにくいので、手の形がばらけてしまいがち。
もっと肘を中にかまえて、手の平が自分の方に向かないようにする。
ポジションが上がっても手の形はできるだけ一定に。

★ エチュード(クロイツェル27番)

全体の4分の3まで;
⚫︎ 4音あるうちの前の3音で弓はあまり使わない。
4音目でたっぷり使うこと。(4音目でフォルテになる)
⚫︎ 音程が時々あれれ?となるが、ボーイングはとても綺麗で、
音もはっきりしてきました。

→ できれば最後まで譜読みして練習してみてください。

★ G線上のアリア by Bach (バイオリン名曲31選)

⚫︎ 8分音符のテンポを決めたら、
ずっと一定のテンポで弾くように心がけましょう。
⚫︎ 最初の出だしの音は緊張すると濁った音になるので、注意。
あまり力が入らないようにすること。
⚫︎ ボーイングに余裕が感じられて、すごく良くなりました。

→ 合格。

2週間前に弦を張り替えたばかりなので、
音が本当にキラキラと華やかで、気持ちが良いです。
大体4ヶ月毎に替えてますが、今回は梅雨にかかってしまったので、
5ヶ月間使ってました。なので、新品にした時の気持ち良さは格別です。

エチュードはクロイツェル27番。
4分の3のところまで練習しておきました。
ボーイングやフィンガリングにもかなり慣れてきて、
指のバタつきもなく、かなり良い感じに弾けるようになりました。
若干音程が「?」となる箇所もありますが(主に4の指)
全体的には綺麗。師匠も「良い感じだね〜。
どうする?この曲はこれでやめて、次にいく?」と。
いえいえ、この曲をしっかり最後まで譜読みして練習したいです。
ということになり、引き続き27番を 最後まで。

G線上のアリアは、いつも最初の音(G選のEのロングトーン)で
緊張するのです。
音程あってるかな?綺麗な音が出るかな?素敵なビブラートがかかるかな?
とあれこれ考えすぎちゃう。それが運良くクリアできると、
あとはスムーズ。最初良ければ最後まで良し!って感じになるのです。
今日は一回目はダメでした。ビビってしまって弓に圧力かけすぎた。
師匠にダメ出しされ、2回目はリラックスでき、綺麗に音が伸びた。
クレッシェンドも大丈夫だった。
「G線きれ〜〜い!」と師匠もご満悦。
多少テンポに揺らぎがあるので、それはキチンと8分音符のテンポを最初に決めたら
最後までそのテンポで弾こうね。とのこと。
アンサンブルになった時にテンポは大事ですものね。この癖、直さなきゃ。
今回で合格したので、この曲をレパートリーとして
日々弾いていきたいと思います。

次の課題曲は鈴木メソードの5巻から
「ガヴォット 無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調」より
です。

来週から夏休み!
ヴァイオリンを持参して避暑地へ。
楽しんできます。




[PR]
by collages1122 | 2018-08-02 13:05 | ヴァイオリン | Comments(0)