夢みる ヴァイオリン collages.exblog.jp

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

レッスン 172回

暖かくなりました。
今現在の気温は19度。
外に出るとシャツ一枚でもOKなくらいの暖かさに、
まだ3月のお彼岸前だということを忘れそうです。
しかし、花粉がひどい。
去年薬を飲まなくても大丈夫だったので、今年も飲まないでいたら、
3日ほど前から目のかゆみ、くしゃみ、咳、鼻水が〜〜。
突然の絶不調。つらい。

そんな状態ではありますが、レッスンに行ってきました。
師匠はお元気そうです。

★ ボーイング

弓の先から弓元まで綺麗な音が出ています。
よく響いてます。OK!

★ スケール&分散音

Es dur;
綺麗に流れができています。OK!

★ 一弦上におけるポジション移動練習

B;
音程もボーイングも良いのだが、
できるだけ左手1の指は離さずに押さえたまま
他の音を弾いたほうが良い。

★ エチュード(クロイツェル26番)

ボーイングはとても良いのだが、
音程が今日は悪い。特にファーストポジションが悪い。
シャープ、フラット、ナチュラルをしっかり意識して
はっきり発音させること。
もう一度ゆっくり音を確認しながら練習してみてください。

→ もう一度。

★ カバティーナ (バイオリン名曲31選)

⚫︎ 今日は慎重になりすぎて、曲のイメージが伝わってこない。
 もっと歌と歌うように感情を乗せてください。
⚫︎ 曲調(ゆったりだったり、軽やかだったり)
によって弓の分量、弓の速さを変えて弾く。
⚫︎ 重音部分はあまり力が入るすぎると音をつぶしてしまうので、
ボーイングの時と同じように弾くこと。弓の角度を確認。
重音のうえ、スラーが多いので弾きにくいけれど、
4分音符と思って練習すると良い。
⚫︎ 全体にもっと起伏をつけて、弾きたいように弾いてきてください。

→ もう一度。

今日は調子悪かったーー。
エチュードはどういうわけか音程がひどかった。
前回同じ曲でも音程のことをあまり言われたことがなかったので、
たぶん今回は調子が悪かったのだろう。花粉のせい?
とりあえず長いエチュードを最後まで譜読みして、
最後まで師匠の前で弾くことができたので良しとしよう。
次回までに精密な練習を心がけ、
正しい音程で通して弾けるように頑張る。

カバティーナは、
控えめに、淡々と弾いてしまったのは、
咳やらくしゃみやらが出てきそうだったから。
本当はもっと情感たっぷりにわ〜〜〜っと盛り上がりたかったけれど、
とにかく体が辛すぎた。
重音も不発でショボかった。

師匠が「体の調子悪さが演奏に出るということは、
あなたはヴァイオリンが合ってるのよ。
調子良くても悪くても、何も変わらない人っているもん!」
とおっしゃる。
そっか〜。私はヴァイオリンが合ってるのか。
嬉しいお言葉。
では次回は万全の体調で、
カバティーナを情感たっぷりに弾きたいものです。
その時に、「あれ?何も変わらないね」と師匠に思われないように
しなきゃね。


 ↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

[PR]
by collages1122 | 2018-03-15 12:35 | ヴァイオリン | Comments(0)