レッスン 183回


秋が深まり、行楽に良い季節になりました。
今年は暖冬になりそう、と言われるだけあって、
暖かい!去年の今頃はロングコートを着ていた覚えがあるのですが、
今年はショート丈の薄手のコートで十分。
身軽で良いのですが、あまりに暖かい11月はちょっと変な感じ。

先週、主人と伊勢神宮に行き参拝してまりました。
夫婦岩、伊勢神宮下宮、内宮。そして五十鈴川で手を洗い、
みそぎをし、全ての憑き物が落ちたような気分です。
生まれ変わった気持ちでこれから生きていけそうです。
私の人生、まだまだ明るい!という気持ち。お伊勢参りして良かった。

(↓応援クリックお願いします。)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

さて、今日はレッスン。
師匠が我が家にいらっしゃり、まずは主人がヴィオラのレッスン。
その後、私のレッスンです。

★ ボーイング

今日は右手の肘が高すぎる感じがします。
弓を返す時に肩を入れたら、あとはそのままの高さで
肘を横に滑らす。その時に肘の高さを変える必要はない。

★ スケール&分散音

D dur;
音は良く出ていて、音程も良いのですが、
音の途中で音質が変わり、太い音になるのはなぜ?
という師匠の問いかけ。
実は思い当たることがありました。
スケールをゆ〜っくり弾く時に、ハイポジになってくると
弓がどんどん駒寄りになってくるのです。
そうならないように、アップの時に向こうへ向うへ弓を走らせにいたのです。
自然に体も前のめりになり、肘も上がり、
それが音にも反映されて、音の途中から太い音になっていたのです。
そんな事になるくらいなら、
多少駒寄りになっても良いので(なぜか曲では駒寄りにならない。
スケールの時だけだし)、音質は一定にしましょう。
という事で落ち着きました。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

C-1;
ハイポジになってくると3の指と4の指の音程が低くなりがち。
指の外側で弦を押さえるようにしましょう。

★ エチュード(クロイツェル29番)

前半;
とても綺麗に弾けていますが、欲を言えば
もっと音程を精密に。
音は全ての場所で同じ音と音色で弾く事。
例えば、「ソ」はどの小節であっても、常に
同じでなければいけない。
という事で、もう一度要練習。

★ ラルゴ 協奏曲イ短調作品3-6 第2楽章

● 長いスラーの後に弓を返す時にはあらかじめ肩を入れておいて、
たっぷりと弾く。
● 10小節目の3拍目と3拍目は、肩を入れっぱなしで。
● 音の響きを楽しみながら、余韻たっぷりに弾く事。

→合格。

今日はボーイングにおいての肩の入れ方を注意されました。
気を抜くと忘れて、手先で弾くようなことをしてしまうのです。
特に曲を弾く時に。
しかし手で弾くと、音に厚みが出ない、音がひっくり返りそうになる、
響きがショボい。などなど色々な症状が出てくるので、
師匠にチェックされるのは、本当にありがたいです。
「ラルゴ」では、1回目に弾いた時と、
師匠に「肩を入れるように」言われてから弾いた時では、
全然違うのです。自分で言うのもなんですが、
響きが花びらのように舞い上がって、美しいのです。
と言うわけで、ラルゴは合格。
次は、協奏曲イ短調作品3-6 第3楽章です。
全楽章弾けるようになったら楽しいですよ〜。
カルテットが実現するかも。頑張ります。

クロイツェル29番は、まだまだ精密さが足りないようで、
若干戸惑っています。どこまでやれば良いのだろう?って。
しかし師匠が「あなたならできるから。」と言ってくださるので、
一つ一つの音に向き合って、手探りのような練習をするしかないかな。
エチュードも奥深いな。




(↓応援クリックお願いします。)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

[PR]

# by collages1122 | 2018-11-17 15:46 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 182回


秋晴れの気持ちの良い今日この頃。
庭の木々も紅葉し、青空に良く映えて、窓から見える様子はうっとりするほど。
新緑の頃も良いけれど、やはり秋の風景は格別。
楽器を弾きながらも、つい手を止めて、見入ってしまうのです。

昨日は師匠が出演する演奏会に行ってきました。
(イ・ソリスティ・イバラキ)
オーボエ奏者の荒木奏美さんがソリストとしてご出演。
オーボエってこんなにも優しくて、まろやかで、包容力のある音色だったのか!と
驚くとともに感動。茨城県を代表する弦楽器の名手の方々とのコラボレーションが
何とも美しく、最高の時間を過ごさせていただきました。
行って良かった!

演奏会の翌日で、さぞかしお疲れなのでは?と心配していましたが、
師匠はお元気で明るい笑顔で我が家にいらっしゃいました。
さて、レッスンです。


(↓応援クリックお願いします。)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

★ ボーイング

OKです。綺麗なボーイングです。
音も良く出ています。

★ スケール&分散音

D dur;
前回、スケールを弾く時に、弓がかなり駒寄りになる。
というご指摘だったので、そうならないように自分なりに練習しました。
原因としては、ハイポジになった時に、左手が上がるのと一緒に
弓も上がってきてしまうのではないか?と師匠。
そんなことに注意しながら弾くと、妙に萎縮して、
音がか細くなってしまう。
すると師匠「もう気にしなくて良いよ」と。
え?そうなのですか?
「駒寄りになっても、音が変になっているわけではないし、
駒寄りになるのは、なぜかスケールの時だけ。気にして音がか細くなるのなら、
気にしなくて良い。」
師匠はこうおっしゃるけれど、
私なりに気をつけながら、練習してみようと思います。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

B-4;
左手の形は文句なく綺麗です。若干音程が不安定になる(特に3の指)
時があるので気をつけましょう。

★ エチュード(クロイツェル29番)

前半;
● 左手はとても綺麗になりました。指を無駄に跳ね上げることなく、
弦の上で合理的に動いていて、大変良くなりました。
● しかし音程が!
もっと音の響きに注意しましょう。例えば、「レ」を弾いた時に、
D線の開放弦と共鳴しあって響きの余韻が感じられるか。
それを意識しましょう。
● それから、四つの音がひとかたまりになっているので、
バロックのように、1音目と4音目を少し強めに弾いて
曲の流れを作ってみると、漠然とすべての音を弾くよりも、
音が取りやすいかもしれないのでやってみて。

★ ラルゴ 協奏曲 イ単調 第二楽章 by Vivaldi

● 出だしは「pp」だからといって、幽霊が出てきたみたいに
弾かないこと。
● 最初の1音目の「レ」が弾くとダメ。よく響く音で。
● トリルは上から。
● 6小節目の2拍目の16分音符はしっかり弾いて、次の小節の32分音符との
差をはっきりさせる。
● 32分音符がつながるところは、よれよれしないように。
● 全体にまずはフォルテで弾きこなし、それから曲が作っていくこと。

今日は全体的に音が低めになっているそうで(自分では気づかない)
「もしかして疲れてる?」と師匠から聞かれてしまった。
いや〜別に疲れてないし、食事も睡眠もたっぷりとっているので、
低めになっているのはそういう問題ではないのですが、
「はあ、疲れているかもしれません」と答えてしまった。
申し訳ない。
エチュードは手の形は良いけれど、ボーイングも良いけれど、
音程が。
ラルゴも音程が微妙。もっともっと響かせて綺麗な曲になるはず。
はあ〜難しい。
「普通の先生であれば、きっとそこまで追求しないし、
大丈夫なレベルではあるのだけど、私は気になっちゃうのよねー。
ごめんね。」と。
さらなる精密な練習をしなければ。

ヴィヴァルディのコンチェルトは
数年前に第一楽章をやっていて、今回第二楽章(ラルゴ)をやっているので、
次は第三楽章をやってみよう。で、「みんなで合奏しようよ。」
という師匠のご提案。 「楽しそうですね。是非!」
そういうわけで、第三楽章の楽譜を取り寄せ、譜読みに入ることになりました。
ワクワクします。頑張ろうっと。

しかし、師匠の求める音程のレベルに追いつかず、
非常にツラい。 あのエチュード、辛すぎるぞ。



[PR]

# by collages1122 | 2018-10-29 15:33 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 181回

9月のお彼岸過ぎにもかなり暑い日がありましたが、
10月になり、さすがに安定して涼しくなってまいりました。
秋が深まっています。
庭の木々も色づき始めて、柿が甘くて美味しい今日この頃です。

(↓応援クリックお願いします。)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

今日はレッスン。
最近はすっかり我が家に師匠が来てくださる出張レッスンが
定着してます。私も師匠も(?)リラックスできるこのパターンが
良いみたいです。
さて…

★ ボーイング

音が良く響いて、伸びも良いです。
D線の時にはもうすこし肩を使ってみましょう。

★ スケール&分散音

D dur;
スケールでハイポジになってくると、弓が駒寄りになってくる。
変な音になるわけではないが、駒寄り過ぎることも。
気をつけましょう。
分散音は大丈夫です。綺麗に弾けています。

★ 一弦上に置けるポジション移動練習

Bー3;
3ポジの時に、手首が楽器本体にピッタリ触っているのはダメ。
手の角度をきちんと。
音程は大丈夫です。

★ エチュード(クロイツェル29番)

前半;
● 音程はまあまあ。音の響きもまあまあ。
ただ指の運びが少しバタバタしている部分がある。
● ガイドになる指を決めたら、もう少しきちんとガイドさせること。
● 半音のところはもっと指をくっつけて音程を厳密に。
● 小指は単独で行動せず、必ず薬指をつける。

→ 以上のことを注意して、練習しましょう。

★ ガヴォット 無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調より

Gavotte1
● 出だしの重音は、高い方の音をもっと出して響かせて。
● 3小節目のスラー部分は滑らないように。ゆったりと。
● 13小節目あたりから、少しぎこちない。
● 15小節目のG線から始まるスラーは、G線をたっぷりと聴かせて。
● 17小節目はもっと滑らかに。
Gavotte2
● 6小節目に入る時の「ラソラ」の指づかいに注意。
「ラ」を4の指で弾く時に「ソ」はすでに3の指で押させておく。
そうすればもっとしっかりした音が出せる。

→ 合格。


今日も充実したレッスンでした。
エチュードは今日が1回目。まだ前半だけですが、
しっかり練習したので、見てもらうのが楽しみでした。
音程とフィンガリングが難しく、フィンガリングを考えて
実践に移すまでに数日かかってしまいましたが、
「フィンガリングOK!よく考えられてます。」と褒めらました。
嬉しい。
あとはもっと精密に。
指をくっつけたり離したり、ガイドの指をさらに意識して、
入念な練習を。という事でした。

ガヴォットは合格。
譜読みの段階では簡単だと思って甘く見ていましたが、
鈴木メソッドの5巻に入っているのですから、
私などが難なく弾けるような曲ではないのですよね。
色々と学ぶところの多い一曲でした。
レパートリーとして、時々弾いてみようと思います。

次の課題曲は、ラルゴ 協奏曲 イ短調 第二楽章 byヴィヴァルディ
以前第一楽章をやっているので、このさい第二も第三もやってみようか?
そして全編通してみようよ。チェロを呼んで来て合奏しよう。
という話になりました。がしかし、
第一楽章やったのはかなり前。当時、やっとやっと合格をいただいた難しい曲。
あれから何年か経った。一度も弾いてないけど、今弾けるのだろうか?
ちょっと楽譜を引っ張り出して、弾いてみなくては!



[PR]

# by collages1122 | 2018-10-13 14:50 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 180回

9月ももうすぐ終わり。冷たい雨が降っています。
お彼岸も過ぎて、すっかり涼しくなりました。
というか、寒い!
今日など最高気温20度に届かず!
あの夏の猛暑が嘘のような今日このごろです。
そろそろお鍋が食べたいですね。寄せ鍋とかおでんとか。
そそられますね。

さてレッスン。
師匠のご都合で一回キャンセルになったので、
ほぼ一ヶ月ぶり。気合いが入ります。


(↓応援クリックお願いします。)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

★ ボーイング

とても綺麗に楽器が鳴っています。
問題ありません。

★ スケール&分散音

D minor;
A線からE線へ移る時に響きと音質が変わってしまう。
それは、腕&肘がE線になる時に下がってしまうのが原因。
A線で最後の音を弾いたら、そのままの腕の角度&高さを保って
E線を弾くようにすること。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

B-2;
小指がバラバラしないように薬指に沿わせること。
同じポジションの時には手の形を変えない。

★ エチュード(クロイツェル27番)

後半;
⚫︎少し指がバタバタするのが気になる。
⚫︎音程はもう少し精密に。

→ 合格。
でも今後も時間のある時に弾いてください。

★ ガヴォット 無伴奏チェロ組曲 第6番ニ長調より

Gavotte1
⚫︎出だしはあくまで四分音符なので、切るように弾かない。
⚫︎2小節目の8分音符がガタガタ聴こえる。なめらかに。
⚫︎12小節目のスラーが転んで聴こえる。
⚫︎13小節目の一音目(G)はもっと弓を使ってしっかり弾いて、
その後のフレーズは弓中から弓先にかけてで弾く。
⚫︎17小節目はもっとダウンが強調されるように弾く。
(弓元で弾かないこと)
⚫︎装飾音符はもっとあっさりと。 長すぎる。

Gavotte2
⚫︎出だしの3音目はしっかりテヌート。
⚫︎2小節目で遅くならないように。
弓を弦から離す必要なし。淡々と。
⚫︎6小節目からはピアノと書いてあるところでも
もっと大らかに、のびのびと。
⚫︎15小節目からはもっと弓を使って。
⚫︎スラーのところは丁寧に、滑らないように。

→ もう一度。

今回のレッスンは前回から一ヶ月近くもあいたので、
たっぷり練習できました。
なのに、にもかかわらず、エチュードもガヴォットも
ダメだしてんこ盛り。
自分では気がつかないところを師匠に指摘されると、
「え?そんな風に弾いてますか、私」 と驚きますが、
丁寧に見ていただけて本当にありがたいです。
次回その部分がきちんと修正できていると、
大変喜んでくださいますし。つくづく素晴らしい師匠だな〜と
思うわけです。

エチュードは27番がようやく合格。
合格と言っても「完璧です。OK!」という感じではなく、
「まあ、これくらいなら良いです。今後もこの曲は、
時間があったら時々弾いてみてね。」だったので、
もう長いことやってるし、師匠は妥協したのかな?
と思ったりして。
ううむ、頑張って練習してもここまでか。
ちょっと悔しい。 でも気持ちを入れ替えて
次の課題(29番)へGo。

ガヴォットは、とっても簡単な曲だ、きっとすぐに合格できるぞ、と
甘くみていたら、2回やっても合格できません。あれれ?
意外とあちこちに難題が隠されていて、
つまずき感ハンパない。 こいつぅ〜〜〜!って感じ。
師匠、この曲好きなのかな? 
とても細かいこだわりを持っていらっしゃるような。
何はともあれ、2週間後の次回レッスンまでに
師匠を笑顔にできるようなガヴォット目指して頑張ろうっと。


(↓応援クリックお願いします。)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村



[PR]

# by collages1122 | 2018-09-27 15:36 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 179回


8月も残り2日。
早く涼しくなってほしい!と思いつつも、
どういうわけか、夏が終わるのは寂しいですね。
鮮やかな色の服も、お気に入りの扇子も、夏のサンダルも
帽子も、
そろそろ手入れをして仕舞う時期。
また来年元気で再会できることを願っています。

とはいえ、まだまだ暑い!
冷たい麦茶が美味しいです。


(↓応援クリックお願いします。)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村


さて、レッスン。
師匠が我が家にいらしてくださいました。

★ ボーイング

出だしに少し力が入っているような。
音が均一になるように、力を抜いて思いっきりいきましょう。
音は良く出ていて、良く響いています。

★ スケール&分散音

D minor;
分散音の時に、ポジション移動をもっと素速く。
スケールはOKです。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

B-1;(G線)
手の形も綺麗で、ボーイングもOKです。
音程も大丈夫。次はD線を練習してください。

★ エチュード(クロイツェル27番)

後半;
⚫︎全体的に音程の再チェックが必要。
さらに音符の読み間違えもあるようなので、
もう一度譜面をよく見ること。
⚫︎スラーをはずして、すべて弓順で練習してみること。
⚫︎速度を落として。
⚫︎ガイドになる指を意識して。
⚫︎ナチュラルとフラットの違いがきちんと出せるように。

★ ガヴォット(無伴奏チェロ組曲第6番ニ長調) by Bach

Gavotte 1
⚫︎出だしは、スタッカートがついているが、短く切らない。
四分音符が二つ、アップアップで弾く、イメージで。
2小節目の一音目「F」は強く。
⚫︎13小節目と14小節目は1音目はテヌートでたっぷり弾く。
⚫︎17小節目は、スタッカートをあまり意識せず。
1,3,5,7音目を強調するように弾く。

Gavotte 2
⚫︎一小節目の四分音符はテヌートをしっかり。
⚫︎2小節目はスタッカートをあまり意識せずに、
四分音符を淡々と弾く。切るには切るが、
キュッキュッしない。



今日はレッスンの前に、
アンサンブルのコンサートで11月に演奏する曲の中から、
「西郷どん」と ヴィヴァルディの「冬」の
弾きにくいところの練習法を教えていただきました。
師匠にアドバイスをいただくと、たちまち解決するのがすごい!
特に「冬」の高速で弓を飛ばしながら弾くところは、
「弓毛一本で弾けばできるよ」と言われ、
そのイメージ(弓毛一本で弾くイメージ)でやってみたら、
できた。 
今日の奇跡で終わらないように、しっかり練習して自分のものにしなくては。

レッスンですが、今日はエチュードに苦戦しました。
複雑なスラーとボーイングにとらわれて、
肝心の音を読み込めてなかった。
「その音は、フラットよ」「そこはナチュラル」
「音違うよ」
音程が若干違うどころじゃない、音の読み間違え。
もっともっと精密な練習をしておくべきでした。
弾けてるような気になっていたけれど、とにかく残念な出来でした。
師匠がおっしゃるように、速度を落とし、
スラーをはずして、しっかり音と向き合わないと!
しっかし、難しい曲です。

バッハのガヴォットは楽しい。
もっと楽しく大らかに弾けるように練習します。

次は9月20日。



(↓応援クリックお願いします。)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

[PR]

# by collages1122 | 2018-08-30 12:57 | Comments(0)