レッスン 144回


梅雨真っ只中。湿度の高い日が続きます。
が、連日70%以上の湿度の中、愛器レイチェルは健気に頑張っています。
私もだるいだるいと言わないで、シャキッとしなくては。

今日は珍しく朝からカラリとした晴天。真夏のようなもくもくとした雲。
気分も晴れやかに、レッスンに行ってきました。

★ ボーイング

音が良く響いています。 OKです。

★ スケール & 分散音

C dur;
音が良くつながっています。音程もOKです。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

E線;
上がって行く時は音程も良く、手の形も良いのですが、降りてくる時に
若干小指が開いてしまい手がバタつく。それに伴い音程も不安的になるので注意。
G線;
E線と同じく手が開いて音程が安定しない部分がある。小指の動向に注意。

→  とりあえず合格。 次の課題へ。

★ エチュード (クロイツェル 6番)

⚫︎ 今日は音程が素晴らしいです。
きちんと正しい音程で、音が良く響いてます。
⚫︎ 移弦の時に弓が暴れる。 
この曲の場合、移弦がとくに多いからかも。
G線からE線まで肘の角度をつけすぎているので、全体に肘の高さを高めに設定し、
最小の角度で移弦しながら弾く。肩を入れたりして腕の重みを弓に伝える。
などなど、 自分で分析しながら弾いてみること。
弓が暴れる、ということは無駄な動きが多いということ。
要注意。

→  合格。

★ 春の歌   by Mendelssohn (バイオリン名曲31選)

⚫︎ 出だしの部分 「 ドーーレレミラ  」は一気に。
⚫︎ 16小節目の「 ミ 」はよく響かせて。
⚫︎ スラーでつながる8分音符4つは、しぼまないように。
それには弓を最初で使いすぎないようにする。
⚫︎ 途中あちこちに出てくる  「 付点四分音符+付点八分音符」は、切らないように弾くこと。
弓の速度を変えずに、しっかりを出す。
⚫︎ dim.は音を小さくしすぎずに、ちょっと落ち着くようなイメージで。
⚫︎ 最後から10小節目のテヌートは、音をちょっと長めにしっとりと弾く。
以上のことを注意して弾いた結果、

→  合格。

今日は久しぶりに合格連発でした。
嬉しい反面、次回はすべて新曲になるわけで、焦ります。
ちょっと大変かも…。
しかし音程が劇的に良くなった、とお褒めの言葉をいただき、
嬉しいです。
この二週間、チューナーなしの練習を続けてきました。
調弦の時に確認したら、スイッチをOFFにして、
あとは自分の耳と楽器の響きをたよりに弾くのみ。
最初はついついチューナーの方を見てしまったのですが、
少しすると慣れました。
今までは、音程は(チューナーを見て)目で確認していたのですが、
耳で確認することが普通になって、
「音程は楽器が教えてくれるのだな。」と思うほどに。
音程がぴたりと合えば、花が咲くような美しい響きが待っています。
そんな風に練習して、師匠に褒められて、
有頂天です。

「 もう5年半も経ってるのに、今頃チューナーをどうのこうの言うなんて
恥ずかしいです。」 と師匠に言ったところ、

 「5年半経ってるからこそ、そういうことができるのよ。
最初はやはりチューナーが必要だし、なかったら練習にならないもの。
今だからこそ、チューナーを放すことができるの。
やり方は間違っていないよ。」

と嬉しいお言葉。うるうる…

メンデルスゾーンの「春の歌」も合格になりましたが、
とても好きな曲でした。
「 この曲は、あなたに合ってる。レパートリーにしなさい。」とのこと。
時々は弾いて、もっと自由に楽しく弾けるようにしたいな。
次の課題曲は、「花の歌」です。

さてさて、スケールから「花の歌」まで、
すべて新課題です。頑張らなきゃ!



↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村





[PR]
# by collages1122 | 2016-06-27 15:13 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 143回目


湿度が高くなってきました。
紫陽花が色づき始め、雨がしとしと。  梅雨です。
楽器の音色も少し重く渋みのある感じになってきました。
お天気は悪いけれど、体調に注意して元気に頑張りましょう。

さて、レッスンに行ってきました。
師匠、お元気そう。 老犬ラブちゃんも立ち上がって出迎えてくれました。

★ ボーイング

D線は綺麗です。 
A線は少し弦が劣化してるかも。(←4月に替えたばかりなのですが…)
少し早めに取り替えたほうがいいかもしれません。

★ スケール&分散音

C dur;
2の指と3の指の間隔が狭くなっている時がある。
3の指の音程が低くなってしまうので注意すること。
音は綺麗に響いています。

★ 一弦上におけるポジション移動練習


E線; 下がってくる時に左手の平が開いてしまっている。
もっと指板に沿わせるようにすること。
G線; 音が渋いのは、G線自体がハイポジで響くことに慣れていないせい。
日頃からG線をかき鳴らすと良いかも。音程は綺麗です。

★  エチュード (クロイツェル 6番)

⚫︎ ボーイングはとても綺麗。
⚫︎ 左手の手の形やフィンガリングもOK。 ただ音程が悪い。
⚫︎ G線とD線は、3の指が低く、 E線とA線は3の指が高い。
移弦ばかりで難しいが、 チューナーに頼らず自分の耳で音を判断する事が大切。
耳を鍛えよう。
この曲は途中までで良いので、音程の訓練を集中的にすること。

→  もう一度 練習。

★  「春の歌」 by Mendelssohn (バイオリン名曲31選)

⚫︎ フィンガリングを決めました。
⚫︎ 透明感のある音で。
⚫︎ 半音上がったり下がったりするところは、音をはっきりと。
⚫︎ この曲はビブラートにあまりこだわらず、
まずは、透明感のある音で、フレーズを大切にして弾く。
⚫︎ ひとつのフレーズがどこからどこまでか、よく意識して。

→  綺麗に仕上げてきてください。


前回のレッスンでG線とD線を弾く時に弓が暴れる、
という指摘をうけたので、この2週間はかなりその点を意識して
ボーイングの練習をしていました。
「 今日は全然大丈夫。ボーイングは何の問題もなし!」 と
師匠に言われ、ホッとしました。
ここのところ、オーケストラのベルリオーズ「幻想」の練習を根詰めてやっていて、
そのせいでボーイングが荒れてしまったのかな? 
と少し嫌な感じがしていたので、良かったです。
変な癖がつく前にチェックしていただけるのは、本当にありがたい。
やっぱりレッスンは欠かせません。


クロイツェル6番は、どうにも音程が決まらず凹む。
そして師匠に「 ドが低い!」「レが低い」「ラが高い!」などなど
嫌というほど注意され、あわあわしてしまう自分が情けない。
しかしもっと情けないのは、低いとか高いとか言われる前に
自分でそれに気づかない事。
本当に微妙な差なのだけれど、師匠に言われた通りに指を少しずらすと
そこにはキラキラに響く本当の音が待っている。
自分で気づきたい!  なのに、気づかないまま弾いている。
 「もうチューナーに頼ってなんとかしよう、という段階は過ぎてるからね。」
と師匠。 
耳を鍛えないとーー!
耳の精度を上げないと!  
それをなんとかしないと、この壁は乗り越えられない。

有名なメンデルスゾーンの「春の歌」は、とても綺麗で明るい曲。
素敵に弾けるように頑張って、レパートリーにしたいものです。
 「次までに曲を作って仕上げてきてね」  
曲を作るか〜〜〜  なんかワクワクするね。 
練習が楽しいぞ。
こういうソロ曲を自由自在に弾いて、どんどん歌えるようになりたい。
独りでも立派に美しく弾いて、いろいろな場面でご披露できるといいな。
今やっている「バイオリン名曲31選」はそういう意味でも
すごく良い。 この本を選んでくださった師匠は、
やっぱり私の事をよくわかっていると思う。さすがだ。


↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村





[PR]
# by collages1122 | 2016-06-09 15:12 | ヴァイオリン | Comments(2)

レッスン 142回


爽やかな風が吹き抜ける5月も下旬になりました。
もうすぐ6月。 そろそろ梅雨入りかな?
今年の梅雨は高温多湿になるそうで、今からうんざりしています。
湿度が上がってきたので、ヴァイオリンの音程も下がり気味。
音もちょっと変わってきました。
キラキラ、カラリとした音ではなく、
キラリキラリ、ジーン、って感じかな。うまく表現できませんが、
ヴァイオリンを毎日弾いてる方ならわかりますよね。

さて、レッスンに行ってきました。
師匠の都合で5月は1回だけになってしまったので、
久しぶりのレッスン。ちょっと緊張。

★ ボーイング

弓元で音が抜けるような感じがするので、注意。
しっかり音を響かせながら弓を返しましょう。

★ スケール&分散音

C dur;
⚫︎ ポジ移動する時と、移弦する時に少しテンポがずれる。
その前の音でボーイングが減速している。
右手のボーイングは同じ速度で動いているように。
⚫︎  D線とG線を移動する時に、弓が暴れる。右手の肘に注意!

★ 一弦上におけるポジション移動練習

D線とA線;
⚫︎ 淡々と弾いていて、弓の分量もテンポも良い。
左手も指がバタバタしなくなり、とても良いです。
次はE線も練習してきてください。

★ エチュード (クロイツェル 6番)

⚫︎ D線とG線を移動する時に弓が暴れないように注意。
⚫︎ もっと音を響かせる。  和音を意識して弾く。
例えば、一小節目は、 
まず 「ミ」 を弾いて、G線の「ソ」を弾いて、2音同時に弾いてみる。
その2音が美しい和音になって響いたら、
今度は、G線の「ド」を弾いて、「ミ」と合わせてみる。
このような練習をして本当に響く音を耳で覚えて練習してみること。

→  もう一度。

★ ラルゴ  by Handel (バイオリン名曲31選)

⚫︎ 最初の音は「p」と書いてあるが、 だからといって
か細いヒョロヒョロとした音で弾き始めないこと。mf くらいだと思って
弾き始めること。そして フォルテでは思い切り音が出すこと。
⚫︎ 後半ハイポジの終盤では、
E線のハイポジでキレキレの音を出すためには、
弓をA線に倒し気味にしてE線を弾く。そして胸をはること。
するとあら不思議!濁りのない ピーンとした綺麗な高音が!

→  合格。

今日は久しぶりのレッスンだったので、
D線とG線を移弦する時に弓が暴れる、と指摘されて
「うわ〜!変な癖がついてしまったのだろうか?」 と嘆きました。
師匠は
「まだ癖までいってない。注意されれば直るので大丈夫。」
とのこと。 気をつけなければ!

エチュードは頑張って練習していったのですが、
やはり難しい…。ポジ移動と移弦のてんこ盛りで、
しかも苦手な2ポジが多い。 
自分ではけっこう弾けた、と思ったのですが、
師匠の耳にはまだまだだったようで、
「重箱の隅つつくみたいな事になるけど、もう一回やってきて。
ごめんね、つついて。」
 私、つつかれ過ぎて「痛いです〜」
また2週間 がんばるわ。

ラルゴは合格。
師匠がヴィオラで伴奏してくださいました。
「私が本気で弾いてもメロディが聴こえるくらい、音量出してね。」
ええー?
地元じゃヴァイオリン10人分の音量をヴィオラで出す、と言われている師匠です。
でも萎縮している場合ではありません。
今の私ができる最大限の音でラルゴを弾きました。
気持ち良く弾くことができて大満足。至福。
次の課題曲は、メンデルスゾーンの「春の歌」です。
綺麗な曲なので楽しく練習できそう。

ジメジメした季節になりますが、
元気に頑張りましょう。


↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村





[PR]
# by collages1122 | 2016-05-26 16:40 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 141回

桜の花も散り、葉桜に。
庭の木々は新緑が輝いています。 もうすぐGW。
風は爽やかで、寒くもなく暑くもない。
花粉アレルギーもおさまるこの時季が 一年で一番好きです。

先週はアンサンブルのスプリングコンサートでした。
ヴィヴァルディの「ごしきひわ」
フランクの「天使の糧」
そして「365日の紙飛行機」
30分程度のミニコンサートですが、会場のチャペルは学生さんたちで埋まり、
春らしいワクワクとした雰囲気。
とくに「365日の紙飛行機」は朝ドラの主題歌であり、AKB48の曲なので
学生さんたちに大ウケで盛り上がりました。私たちも弾いていて楽しかったです。

次回のコンサートはクリスマスシーズン。
どんな曲に決まるかな?  楽しみです。

さてレッスンに行って来ました。

★ ボーイング

よく音が出ています。
弓先で音がぬけないように注意しましょう。

★ スケール&分散音

C dur;
綺麗に音がつながっています。
よく響いています。OK。

★ 一弦上におけるポジ移動練習


D線、A線;
⚫︎ ダウンよりもアップの方が音が強くなる時があるので注意。
⚫︎ 左手の指の形は良くなってきました。が、
下ってくる時の指の間隔が狭くなったり閉じたりしているので、
もっと自然に指を開いて。 弾いた時に指をぎゅっと閉じない。
⚫︎ 下りの時の小指に注意。ふりかぶらないように。
⚫︎ 前回よりも良くなりましたが、もう少し。

→ もう一度。 4音スラーの練習もすること。

★ エチュード (クロイツェル 6番)

⚫︎ E線、A線、D線に比べてG線の音が響いていない。
原因は、音程が少しだけズレていることと、
G線の時に弓の量が少ないのかも。
G線ではもっと思い切り、弓を床と水平にして弾くべし。
⚫︎ G線の音程が少し高くなっている。 
矯正するために、「一弦上におけるポジ移動練習」を
G線でやってみるといいかも。4ポジ位までで良いので
やってみてください。

→ もう一度。今度は全体をレガートで弾いてきてください。

★ ラルゴ by Handel ( バイオリン名曲31選)

⚫︎ 2分音符などの長い音を弾く時に、途中から膨らんでいくのはNG。
出だしからきっちりと。 まっすぐな音で。
そういう音でつないでいく。
⚫︎ 休符はきちんと。
⚫︎ フォルテをしっかり。 時に一番盛り上がるところのフォルテは
肘を上げて弓をしっかり使って大らかに開放的に音が響くように。
⚫︎ 強弱しっかり。 3拍目の四分音符は出っ張らないこと。
⚫︎ ロングトーンがもっとしっかりできると、よりつながるようになって
綺麗になるでしょう。
⚫︎ 全体像をしっかりイメージして弾くことが大事。
⚫︎ もっと音が出そう。もっと出るはず。

→ もう一度。

今回はすべて「もう一度」になりましたが、
いつもながら充実した良いレッスンでした。
今週末からGWに入りますし、そうなると練習時間があまりとれないので
新曲に入るのはシンドイかも…。
ですので、今頑張って練習している曲を磨いて、
連休明けに完成品を師匠にお聴かせできるようにしたいと思います。

クロイツェル6番は難しい音はありませんが、
何度弾いても課題が見つかるような奥深さがあります。
音程、ボーイングの滑らかさ、音の響き
すべてが綺麗に動いていないと師匠は合格を出してくれません。
それゆえとても良い訓練になります。

課題曲のラルゴは、素敵な曲です。
美しく弾くために、今日は師匠がボーイングを洗いなおしてくださって、
数カ所アップとダウンを改変しました。
その他にも「ここはこんな風に」 「ここはワンランク上げて弾いて」とか、
師匠が曲にどんどん色を加えていきました。
「さあ、これで弾いてみて」と言われたので、
弾いてみると、曲は華やかさを増してキラキラに輝いて、
素直にまっすぐに、どんどん開放されていく感じ。
さっきとは全然違う! と叫んでしまいました。
自分で気づいて、自分で色を加えられないのが悔しい…。
でもさすが師匠だな、と感動せずにはいられません。
次のレッスンまでに、
今日教えていただいたことを念頭にラルゴを仕上げていきたい。
師匠、待っててーー!



↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村





[PR]
# by collages1122 | 2016-04-25 16:38 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 140回

  4月になりました。 北関東のわが町も早くも桜が満開。
しかし今日は雨と風の強い1日。 せっかく咲いた桜… 散ってしまうかしら?
都内では花散らしの雨となっているようです。
レッスンで師匠のお宅にお邪魔するのも140回目となりましたが、
こんなに大雨だったことは初めて。
楽器ケースをふくためのタオルを持参し、
念のために教本や譜面をビニールに包んで袋に入れて、
行ってきました。

★ ボーイング

師匠「 ん? ちょっと金属音的な音が聴こえます。
弦の替え時ですね。」
(昨年の12月に楽器を購入した時に張られていた弦なので、
少なくとも4ヶ月は経っている。私もそろそろかな、と思ってました。
今週末に替えることにします。)

★ スケール&分散音

C dur;
⚫︎音が一つ一つ途切れるのではなくて、同じ音質、音量で、
長方形の積み木が横にずーっとつながっていくようなイメージで。
⚫︎ 分散音では、今日はG線の音程が高めになっています。注意。

★ 一弦上におけるポジション移動練習


A線、D線
⚫︎ 左手の動きはとても良くなった。バタつかなくなりましたね。
⚫︎ ハイポジから降りてくる時の音程に気をつけて。
⚫︎ ハイポジになった時に3の指が寝てしまっている。
指を立てること。
⚫︎ 4音ずつのスラーをつけて練習してみましょう。

★ エチュード (クロイツェル 6番)

⚫︎ 弓の量を少なくして。
⚫︎ 音の響きを意識して弾くこと。
音程が正しくないと響かないので。
⚫︎ G線の音程が高い。他の弦の音程は良い。

→  もう一度。

★ ラルゴ by Handel (バイオリン名曲31選)

⚫︎ 音符の尺が足りないところがある。
⚫︎ 歌い続けるようなイメージで弾く。ブツブツ切れないように。
⚫︎ 弓の速度が速すぎる。この曲はもっとゆっくり。
フォルテのところは、弓の分量よりも圧力でしっかりたくましく弾く。
⚫︎ ハイポジでもしっかり指を立てて。
⚫︎ ビブラートがんばれ。音の途中でやめない。

→  もう一度。

暖ったり寒かったりするものだから、師匠は風邪気味。
咳が止まらないご様子に心配しましたが、
今日もしっかり充実したレッスンでした。

新楽器になってからクロイツェルをかなり練習してきたので、
すっかり音程の矯正ができたかな、と思っていましたが、
G線はまだまだ甘い、ということがわかりました。
気を抜くとG線の音程が安定せず、曲の途中でずっこけることに。
A線とD線に意識がいっていたけれど、G線もね。
E線は音程は良いのだけれど、しっかり指を立てて
キリっとした音が出せるように頑張ること。

ラルゴはとにかく音をつなげて歌い続ける。
どう歌いたいのかを意識して、そうなるように、弾く。
どう弾きたいのかが見えるように弾く。

見えるように弾く、とはどういう事? と思うけれど、
師匠が弾いてくださったのを見ていると、
「お、だんだん盛り上がってきたぞ。」とか「ゆったりしたフレーズに入るのね。」とか
わかるんですよね。
なかなか難しいことだとは思うけれど、少しでも師匠のように弾けたらな。
良いお手本がいてくださるのだから、真似したい。

ビブラートが音の途中でピタっとなくなってしまうのも
なんとかしたい。まだ慣れてないのよね、ビブラートをかけることに。
弓を返しても、移弦してもビブラートが途切れないように、
練習練習。

最近は、
レッスンのための練習。 アンサンブルのための練習。
秋のオーケストラのための練習。
を毎日しているので、ちょっと疲れ気味。
とくにオケの練習は 今までやったことのないような大作で、
そうとうハードルが高い。でも弾けるところを少しずつ増やして、
穴を一つ一つ埋めるようにしていきたい。  と強く思っているので、
どうしても練習時間が多くなり、
右手が筋肉痛に。 気持ちはあっても体がついていかないな〜〜〜。
 師匠が心配してくださいました。
練習の前と後に、必ずストレッチしてね。 とのこと。
 気をつけます。

ヴァイオリンを習い始めて5年半経ちました。
まさか ベルリオーズの幻想を練習するようになるなんて、
自分でもぴっくりポンです。 
「むすんでひらいて」を弾けるようになってすごく嬉しかったのは
ついこの間のような気がするのに。
あと5年経ったらどうなっているのかな。
もう少し弾けるようになっているのかな。
楽しみだ。


↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村





[PR]
# by collages1122 | 2016-04-07 16:11 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122