レッスン 14回目

レッスン 14回目 (10時30分〜11時20分)

本日はとても良いお天気。バイオリンのご機嫌が良いといいな〜
と思いつつレッスンへ。
いつものようにラブラドールのラブちゃんがお出迎え。
昨日ラブちゃんはお菓子を大量に食べてしまい、しかもビニールも一緒に食べたのではないか?
と心配している先生の横で、ラブちゃんは元気いっぱい大はしゃぎしてました。かわいい。

さてレッスン。
ボーイング。
○右肘は伸ばしすぎなくても良い。二の腕と肩を使って。胸をはって。
○G線の時  角度をつけすぎないように。
○アップとダウンを同じ速度で。

今日はいつもよりもボーイングに対しての注意が少なかった。少しは上達しているのかな?
基本をしっかり体で覚えて、正しいボーイングを曲にいかせるようにしないと。

次は曲。 篠崎教本1の68番からです。

○同じ音符(四分音符とか)なら、同じ長さで弾く(弓の分量を同じにすること)
○移弦でとぎれないようにすること。
○No,68は滑らかに移弦でとぎれないように。弓の分量は少なくても良いので、
  音程正しく滑らかに。
○スラーはゆったりと。 スラーの後ろの音符はたっぷり弾いて次につなげる。
○弓の分量を考えて、スラーではたっぷり使う。(根元まで使う)
○ No,73では曲の後半で指が上に上がってきて音程が狂うので、
   途中で音程を直すこと。A線のシ が大事。

二週間がんばって練習して行ったのですが、OKが出たのは No,70の「荒城の月」だけ。とほほ
でも何となくパターンがわかってきました。
新しい曲は、まず自分で練習し、 レッスンで先生に聴いてもらってダメだしをもらって
もう一度練習して来る。 という感じ。
先生のご自宅で個人レッスンしてもらっているので、たっぷり時間があるのも嬉しい。
カルチャーでは30分経つと次の人の番になっちゃうから。

急ぐ理由もないので、じっくりと進んでいきたい。あせらず
[PR]
# by collages1122 | 2010-11-02 14:53 | ヴァイオリン | Comments(0)

夢の曲


バイオリンをはじめて4ヶ月経ちました。
小さな歩幅ではありますが、一歩ずつ進んでいるように思います。
今はまだ「春の小川」を四苦八苦しながら弾いている私ですが、
いつか弾いてみたい夢の曲があります。
たくさんありますが、その中から2曲。

動画にリンクしていますので、クリックしてご覧になってください。

●  ポル・ウノ・カペーサ

●  モーツァルト K 138

さあ、練習がんばろう。
[PR]
# by collages1122 | 2010-10-27 18:26 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 13回目


レッスン 13回目 (先生のご自宅)

先生のご自宅まで我が家から車で5〜6分。
到着すると、いつも黒いラブラドールレトリバーのラブちゃんが出迎えてくれます。
ホントにかわいいワンちゃんです。

さて、本日のレッスン。
まずはいつものようにボーイングから。G線も加わったので
今日から3本の弦を丁寧にチェックしていきます。これだけでたっぷり30分くらいかかりました。
注意された事は
○ G線は床と平行にすること。角度が変わるとD線を触ってしまうので注意すること。
○ 弓は向こう側へ倒すようにしてボーイングすること。弓を回転させないこと。
○ 弓の先まで音が抜けないように、しっかりと弾くこと。
○ ダウンしていって、最後は胸をはるようにする。その動作を自然に。

次に教本。
70番の「荒城の月」までをやりましたが、
OKは出ず、次回までもう一度練習してくることに。
G線にまだ慣れていないので、ぎこちなかったですからね。

それから、
右手の弓と左手の弦のスピードが合っていない。
左手の方が準備できる前に、右手の弓が音を出してしまうので、
濁った音になったり、余計な音が出たりしている。これはしっかり練習すること。

曲の中では、弓を端から端まで使ったり、上半分、下半分を使ったり、
いろいろなので、そこは臨機応変に。曲の雰囲気で美しく弾くこと。

次回のレッスンは11/2 。

d0176951_18335794.jpg

[PR]
# by collages1122 | 2010-10-18 18:34 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 12回目


レッスン 12回目 (先生のご自宅)

ヨークカルチャーでのレッスンは9月いっぱいまででしたので、
今回からはずっと先生のご自宅でのレッスンになります。

今日はまずボーイングのチェックから。

○ 弓と二の腕は平行に。肘を上げすぎないこと。
○ 弓を持つ手の指は伸ばさないで、もう少し曲げること。
○ 弓の先まで音が抜けないように、きっちり弾くこと。
○ 手に力を入れない。

今日は偶然に先生の息子さんが在宅していて、
彼はチェロをやっているので、皆で合奏してみようと言う事になり、
なんとなんと、私のヴァイオリン、先生のヴィオラ、息子さんのチェロで
「ロングロングアゴー」から「むすんでひらいて」までを
合奏しました。 先生と息子さんは素敵な伴奏を弾いてくださり、
私はただひたすら教本どおりにぎこちなく弾いていたのですが、
ものすごく楽しく、感激しました。
合奏の前に私が「ラ」を弾いて聴音しましたが、まるでコンミス気分でした。
またこんな機会がありましたら、是非次はもっと上手くなって
もっと楽しく弾きたいと思いました。  

で、次はいよいよG線です。

G線は肘をあげて、弓は床と平行になるくらい。もちろん二の腕も平行です。
がんばります。
d0176951_183443.jpg

[PR]
# by collages1122 | 2010-10-08 18:35 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 11回目


レッスン 11回目(カルチャー)

10月から先生のご自宅でのレッスンのみにするので、
カルチャーでのレッスンは最後になりました。

がんばって練習して行ったにもかかわらず、
曲を奏でることに一生懸命になったあまり、ボウイングが崩れてしまっていることが判明。
何曲練習するかではなく、まだまだ丁寧にボウイングを意識してやらないと
ダメなんだなーと実感しました。

○ ボウイングの時に、右手は肘が伸びるくらいまで。
○ダウンとアップを同じようにしなければならない。アップが強すぎる。
○体は動かさずに。(アップの時に動いている)
○弓は弦に対して垂直にしなければならない。
○圧をかけて、音量をボリュームアップさせること。
○左手は問題ない。

すべては右手のボウイング。
次のレッスンまでにきちんと矯正したいと思います。
d0176951_905770.jpg

[PR]
# by collages1122 | 2010-09-29 09:01 | ヴァイオリン | Comments(0)