レッスン 157回

新緑がまぶしい今日この頃。
もうすぐゴールデンウィークですね。
日頃から応援しているバイオリニストさんのコンサートが湘南であったり。
それから
5月4日から三日間、有楽町の国際フォーラムでのラ・フォル・ジュルネ。
我が家は今年も音楽三昧の連休になりそうです。
楽しみだな〜。

さて、レッスンに行ってきました。
がんばるぞ!

★ ボーインング


弓先で音が抜ける。気をつけましょう。
今日 気になったのは、
音が出始めてから「ぼわ〜〜ん」と音が大きくなるのはNG。
最初から最後まで同じ太さで同じ音量で同じ響きになるように弾くこと。

★ スケールと分散音

C dur;
綺麗です。音がよく響いて、つながっています。

★ 一弦上におけるポジション移動練習


D-1;A線、E線
綺麗に弾けています。OKです。

★ エチュード (クロイツェル12番)

音程もボーイングもきちんと弾けています。
ただ、弓を使いすぎて、余裕がなさそうに見えるので、
もっと弓量を減らしてゆったりと穏やかに弾いてみてください。

→ 合格。

★ バッハ ヴァイオリンコンチェルト No,2


⚫︎出だしの「ミ、ソ、シ」は、同じ音の柱を作ること。
それぞれ違うニュアンスで弾かない。
⚫︎2小節目のフレーズは全部べったりとつなげない。
⚫︎3小節目で上がってきたら、4小節目の「シシシシシ」で
急に小さくならないこと。
弓先付近で弾くと良い。
⚫︎6小節目の最後の「そ」で、弓先から弓中へ移動し、
それに続く「ラシドラ ソラシソ」ヘ。
⚫︎6小節目後半から8小節目にかけてのフレーズは焦らない。
走らない。
⚫︎13小節目の3拍目は、16分音符が転ばないように。
⚫︎Aの9小節目の音程。ラ#,レ#が低い。注意!
⚫︎Bの7小節目の音程。

→ さらに練習!

今日は調子が良いんだか悪いんだか、わかりませんでした。

スケールと分散音、エチュードはやけに良く弾けて
師匠も「綺麗よ〜〜」と絶賛してくださったのに、
バッハはボロボロ。特に音程が悪すぎた。
しかしもっとも唖然としたのは、
音符を読み間違えていて、今までそれで練習してたこと。( ̄◇ ̄;)
今日師匠に指摘されて初めて気づくというお粗末ぶり。

けっこう私が落ち込んでいる、と思ったのか、
師匠が
「コンチェルトもかなり良くなってるよ。ボーイングも綺麗だし、
細かい音符を弾く時の弓使いが上手になってる。
技術が上がってるんだね。
弓がとても自由になってきてる。これはすごいことよ。」と
褒めてくださった。

厳しい指導の後で、良いところはしっかり褒めてくださる。
我が師匠は本当に優しい。
だからモチベーションが上がってレッスンが楽しいのだ。

さて今日の反省は、
楽譜をもっとよく見る。読みこなす。ということです。
弾ける と思っていた部分ももう一度チェックし直して音程を確認。
もっと淡々と弾けるように力を抜いて。
走らず、転ばず、淡々と。

次回エチュードは新曲になります。
コンチェルトは引き続きこのまま練習。
風薫る5月もヴァイオリンと共に。


↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
# by collages1122 | 2017-04-27 15:50 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 156回

東京では桜が満開になりました。
開花から満開になるまで寒さのせいで少し失速し、
昨日あたりようやく満開の見頃に。
今週末に都心へ行く予定なので花見がしたい。
でももってくれるかしら?
ちなみに茨城北部である我が家周辺の桜はまだまだ蕾。
来週末くらいが満開かもしれません。

さてさて、春らしいポカポカ陽気の中、レッスンに行って来ました。

★ ボーイング

少し弓の速度が速いです。もっとゆっくり。
弓を返す時は、弓元と弓先でさらに速度を落として返しましょう。
→ 綺麗によく響いています。綺麗です。

★ スケール&分散音

C dur;
前回はスケール&分散音の時に駒寄りで弾いてしまうことを注意されたので、
それを矯正してきました。
→ 音程OK。指板と駒の真ん中あたりで弾けています。OKです。
ただボジ移動の時の左手はもっとスピードアップしましょう。
弓の速度はゆっくりでも、ポジ移動の手は素早く。でないと
音がつながりませんから。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

D-1-G G線のハイポジの音程も良くなってきました。
3音スラーは、3音目の音をしっかり弾くこと(少し長めにする)
D-1-D D線は、D#の音程が悪い(低くなってる)。注意。
→ もう一度

★ エチュード(クロイツェル12番)

だいぶ良くなってきているが、
⚫︎若干音程が甘い。
⚫︎それから短長と長調の部分を意識して弾くこと。
⚫︎一つのフレーズの中心となるべき音を意識して弾く。
ただただ音を追って弾くのではなく、
そういったことを意識して練習すると、
もっと良くなると思うので、

→ もう一度がんばれ。

★ バッハ ヴァイオリンコンチェルト No,2


⚫︎ 2小節目は、1音目の「シ〜ソラシ〜ミ〜 」を切らずに
つながるように弾くこと。
⚫︎ 音が連続してあるところは、弓の量を少なく。淡々と。
クレッシュエンドしながら弓量を増やしていく。
⚫︎ 6小節目からの「ラシドラ」3音ダウン1音アップは、
弓元近くで弾く。弓量少なく。
スラーのところは転ばないように。しっかし音を出して。
⚫︎ 13小節目は、フィンガリングを変更。よたらないように。
⚫︎ 全体的に弓量は少なく。淡々と。でも可愛らしく音を響かせて。

→ もう一度。

前回のレッスンから丸3週間あったので、
たっぷり練習しました。しかし
なんだか成果があまり感じられないな〜と思っていました。
そして今日のレッスンでも うーーーん、消化不良的な気分。

エチュード(クロイツェル12番)は、
とりあえず練習どおりには弾けた。
でも師匠にしてみれば、音程が甘いみたい。
「もっとできるでしょう。できるはず。だからもう一度やってきて。」
と。
今に始まったことじゃないけど、厳しいです。
この曲、ある程度まで弾けるようになって、
さらにそこから精度を上げていかなくてはならないのだけれど、
どうすれば良いのか。
次のレッスンまでの2週間でもっと良くなるだろうか?
やるしかないのだけど、次のレッスンでもあまり変わらなかったら、
(その可能性が高いような)どうしよ!

バッハのコンチェルトは、メトロノームとお友達になったおかげで、
前回よりはだいぶ良くなってきたような気がしてます。
この曲は、1ページ目に色々な要素が詰まっていて、
このページをクリアできれば、その後は音は違うけれど、
フレーズの形は同じような感じなので、楽に弾けるとのこと。
確かにそうかもしれない。
実は譜読みは、3ページまで終わって練習しているのですが、
レッスンでは1ページ目を突破できず、
なかなか進まない。
この1ページを突破できた時、2ページ目、3ページ目も
すんなり弾きこなせるかもしれあない。早くそうなりたい。
でもゆっくりやります。
期限があるわけじゃないので、急ぎません。

春だし、ヴァイオリンをバリバリ弾きたい今日この頃なのだ。
がんばりましょう!


↓応援クリックお願いします。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
# by collages1122 | 2017-04-05 16:21 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 155回

目がかゆい。充血がひどい。
花粉の飛散量がピークとなっております。
あと2週間くらいがピークで、4月になれば徐々に終息です。
がんばりましょう。

今日は、
早春の陽射しがまぶしく、暖かい1日です。
もう寒くならないのかな?

さて レッスンに行ってきました。

★ ボーイング

弓元で少し音がぬけるので、弓先から弓元まで
きっちり音を出して響かせましょう。

★ スケール&分散音

C dur;
音程と左手の指はOKなのだが、弓が弦の駒寄りになり過ぎている。
駒寄りになると音のボリュームが出るけれど、
雑な音になりがちなので、注意。
指板と駒の真ん中あたりをキープをして弾きましょう。
(曲によりますが)

★ 一弦上のポジ移動練習

C-3(A線)
C-4(D線)
どちらも綺麗に弾けているます。問題ないです。

★ エチュード (クロイツェル 12番)

大変良く弾けていて、ボーイングも綺麗で、
他の先生なら絶対合格を出すところだが‥
何箇所か音程が若干低いところがある。特に3の指。
それから「レの#」が低い。
全体が綺麗なだけに、非常にもったいない。
なので、完璧になるまで もう一度練習してきてほしい。

→ もう一度。

★ バッハ ヴァイオリンコンチェルト2番

⚫︎ 出だしの4分音符3つは、すぼんだり、広がったりせず、
スポーンとしたまっすぐな音で。
それに続く2小節目はたっぷり弓を使って。
⚫︎ 細かい16分音符は弓はあまりつかわない。
圧力をかけて音の強弱をつくる。
⚫︎ 6小節目から出てくる「16分音符4つ(3つダウン、1つアップ)」。
3つのダウンはしっかりと、アップは軽く。
弓の真ん中くらいで弾くこと。
これを連続できちんと弾けるようになれば、この曲はかなり楽になるはず。
⚫︎ 一つ一つの音をはしょることなく、きちんと弾く。
⚫︎ ボーイングとフィンガリングの確認。

→ できるところまで。

前回のレッスンから二週間。
エチュードもバッハも一生懸命練習したけれど、
音程の壁が高く、苦戦中。
クロイツェル12番は、今回合格がいただけるかな?
と思っていたのですが、師匠は完璧を求めていらっしゃる。
「他の先生なら合格にするでしょうけど〜。
もう一回やってきて!」 
うーん。ちょっと残念。でもこの曲はE線のハイポジから
G線までまんべんなく使う構成になっているせいか、
まるで楽器のストレッチみたいな感じだと思っています。
実は、この曲を調子良く弾ける日は、他の曲を弾いても調子が良いのです。
楽器の鳴りも良くなり、私の体もほぐれるので、
練習前半に弾くのにちょうど良いのです。
曲想も素敵だし、嫌いじゃない。むしろ好き。難しけど。
もう一回やってこいと師匠がおっしゃるなら、
やりますとも。

バッハのコンチェルトは、本当に難しいです。
「私には早かったのではないですか?」と私。
「早くない。絶対弾けるようになる。それに
やっぱりあなたの楽器に合ってる」と師匠。
もうここまできたら、急がないので
一歩一歩確かな音程をつかみながらやっていくしかない。
それから思うのは、
コンチェルト一曲を弾ききるだけの体力をつけないと。
それから集中力。
これはもう弾いて弾いて弾いて身につけていくしかないと思う。

ふ〜〜〜。がんばろ。

あ、それから、予備楽器の必要性を感じています。
例えば、楽器をメンテに出した時とか、
旅行に持って行きたくなったりとか、
屋外で弾く機会があったりとか、
いろいろあるじゃないですか。

今使っている楽器は、「屋外では絶対弾かないでね by 師匠」。
昨年末はメンテに一週間入院させたので、その間練習できなかったし。
別荘に置いておけば手ぶらで行っても向こうで練習できるし。
などなど考えると、予備楽器ほしいな。
手頃なお値段で、メイン楽器と大きさや特徴などが似ているものを
探してみようかな。



↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
# by collages1122 | 2017-03-16 17:01 | ヴァイオリン | Comments(2)

レッスン 154回

3月になりました。
もう3月!! 近所の梅の花も満開になり、
杉の花粉は飛び、そろそろ虫たちも地中から這い出てくるころ。
今年の桜は早いのかしら? 時間があったらお花見に行きたいな〜。
できれば、千鳥ヶ淵か中目黒あたり。(←場所選びがミーハー?)
そんな春の楽しいお出かけの計画を妄想し、
でも実はまだまだ寒くて、今日は冷たい雨が降っていて。
ストーブをつけてお部屋でぬくぬく、編み物したり
楽器を弾いたり。
こんなぬくぬくが好きで、冬が名残惜しい今日この頃です。

雨の中、レッスンに行ってきました。
寒いけど、師匠はお元気そう。

★ ボーイング

今日はアップの方が強くて良い音が出ています。
ダウンも同じように響くように。

★ スケール&分散音

C dur;
音がよく出ています。最初のド(G線)の音程に気をつけて。
分散音もきれいです。

★ 一弦上におけるポジション移動練習


C-2とC-3(D線とA線)
スラーで弾く時はしっかり押さえましょう。特に3と4の指。
次回はG線からE線までやってきてください。

★ エチュード (クロイツェル12番)

⚫︎1小節目から2小節目に何個かでてくる「ド」の音が高い。
音程しっかり。
⚫︎ハイポジになった時に指が届かず若干音が下がるのは仕方ないが、
せめて5ポジくらいまではしっかり弾こう。
できるはずなので。
⚫︎とても器用に弾いているが、ところどころ音程が甘いので、
もう一度頑張って練習してください。

→ もう一度。

★ バッハ ヴァイオリンコンチェルト2番

[C]まで
⚫︎この曲の場合
こうしなきゃいけない、というボーイングはないので、
いろいろな人がいろいろなボーイングで弾いている。
一度Youtubeで動画を見てボーイングをチェックしてみてください。
フィンガリングは自分で弾きやすいように変えて良い。
無理にポジ移動させないで、ファーストポジでずっと弾いても良いし、
研究してみてください。
⚫︎音は難しいですが、とりあえずここまでは良く弾けています。
続きもどうぞ。

→ つづきも譜読みしてください。

クロイツェルのエチュード12番は、
ひとつひとつのフレーズが分散音になっている。
G線の低い音からE線の最高音まで余すことなく弾くような構成で、
音程の練習には最高。
これが完璧に弾けたら、音程に関してはかなり自信が持てるのでは?
と思える。
2週間前に課題曲になって譜読みに入った時には、
とにかく難しく、全く音がわからなくなって、
弓が途中で止まってしまい、
これを最後まで弾ききることができるのかしら?と泣きそうになったほど。
でも2週間経ってみれば、
師匠に「綺麗に弾けてるけれど、若干 音程が悪いところがある」
と言われるくらいまでになった。
やはり毎日毎日練習してれば弾けるようになってくるんだな。
と改めて思いました。
あともう少し。もっと音の精度を上げて、キラッキラの音で
仕上げたい。

バッハのコンチェルト。
師匠が「やりたい」とおっしゃって、アマゾンで楽譜を探して取り寄せ、
練習し始めたのが2月20日。
それから毎日毎日ちょこちょこと弾いて譜読みの小節を増やしていき、
[C]までやりました。
1楽章は[M]まであるのでまだまだですが、
Cまででも十分バッハ先生の雰囲気を感じられて
実に楽しいのです。まだゆっくり弾いてる段階ですが、
それでもバッハらしい品の良さとか、可愛らしさとか、
リズムのこじゃれた感じとか、すごく好き。
音は難しいですが〜。
師匠が私にこの曲をやらせたいと思った気持ちがわかる。
私の楽器の音に合う。楽器が喜んで音を出してる感じなのです。
これはもう頑張るしかないでしょう。
早く最後まで譜読みして、バリバリ弾けるようになって
師匠の期待に応えたい。



↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
# by collages1122 | 2017-03-02 16:32 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 153回


2月になり、高熱付きの風邪をひき、その後咳に苦しみ、
ようやく復活しました。
今年に入って2度目の風邪なので、凹みました。
寝込んでいる間の時間が勿体無い。予定もキャンセル。
もっと生活態度をしっかりして見直して、風邪を寄せ付けないように
気をつけなくては。 とは言え、
今日は暖かな日差しが降り注ぎ、春の雰囲気。
明日もこの調子で暖かく、明後日は真冬の寒さが戻ってくるらしい。
2月っていつもこんな感じだったっけ?また調子悪くなりそうで怖い。
早く安定した気温になってほしい。

しかし乾燥してるな〜〜。
乾燥して風が強い。杉の花粉が飛散しまくってる感じがする。
そっちも怖い。

さて、レッスンに行って来ました。
師匠、お元気そうです。

★ ボーイング

弓先から弓元まで同じ太さの音が出るように。
音が綺麗に出てますね。すごい音量!
「もしかして、この楽器は
今日くらい乾燥してるのが好きなのかしら?」
確かに今日はやけに良い音で響いていた。
師匠がご機嫌だと私の楽器もご機嫌になるのかも。
湿度は高いよりも低めの方がどの楽器さんも同じでしょう。
低すぎてもダメだけど。

★ スケール&分散音

E dur;
ハイポジになった時に4の指(小指)をしっかり。
分散音はとても綺麗です。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

C-1. G線;ハイポジもよく頑張りました。OKです。
D線; 上に上がる時は良いのだが、下がる時に親指の位置が定まらないので、
音程があやしくなる。ポジ移動をしっかりしよう。

★ エチュード(クロイツェル 11番)


⚫︎ 3音ずつのスラーで弾くが、
2音目までで弓をかなり使ってしまっているので、
3音目で弓が足りず、音をはしょっているように聞こえる。
2音目までは弓を節約して3音目はしっかり長めに弾くこと。

以上のことを注意してもう一度弾いたところ、

→ 合格。

★ ハイドンのセレナード (バイオリン名曲31選)

⚫︎ 4小節目の「ラソファミ」が早い。もっとゆったり。
さらに「ミ」は、少し長めに弾くくらいがちょうど良い。
そのためには、「ラソファ」で弓を使いすぎないこと。
⚫︎ 16小節目の「シレレ---」は、
シを弾いた後に3ポジまでしっかりポジ移動をして、
E線のレを弾くこと。
⚫︎ 全体的にとても綺麗に可愛らしく弾けています。

→ 合格。

今日は師匠とのおしゃべりが弾んで、
1時間半くらい滞在したけれど、レッスンは40分くらい。
こんな日があってもいいですね〜。
師匠がとても打ち解けてくださって、あれやこれやお喋りできるのを
喜んでいるのがわかるし、私も嬉しい。
「ごめんね。お稽古はあっという間に終わっちゃって」
いえいえ、ぎゅ〜っと凝縮された中身の濃い時間でしたから
私は満足です。

エチュードは、ハイポジいっぱいの小指を酷使する曲でしたが、
3週間みっちり練習して行ったので
良い仕上がりになっていたようで合格。
次は12番です。これも少々やっかいな雰囲気な曲。
丁寧に練習しましょ。

ハイドンのセレナードは、師匠がヴィオラで伴奏してくださいました。
伴奏が入ると弾きやすーーい。
ヴィオラの音を聴きながら、それに合わせるように弾く。
ぴったりと合った音とテンポが心地よく、これぞアンサンブルの醍醐味。
楽しかった〜!
さて次は、
師匠「バッハのヴァイオリンコンチェルトをやりたい。」
    えっと、それはこの曲集に入ってましたっけ?
「入ってないので、楽譜を用意してください。」
    はい。わかりました。
   しかし、なぜその曲を?なぜ今なのですか?
「今ならもう弾けるだろう、と思うから。
 あなたがバッハを弾いてるのを聴いてみたいから。
 絶対に合うと思うから。」
    そ、そうなのですか。
   コンチェルトというからには、合奏したくなりますけどね。
「それはまあ おいおい考えようね。下弾いてくれる人を探して」

師匠が聴きたいと言う。私がこの楽器でバッハを弾くのを。
こんなことを言われたのは初めてなので、私も気合が入りますが、
果たして師匠の期待に応えることができるかどうか。
まずは楽譜を探して、譜読みからですね。
頑張ります。





↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

[PR]
# by collages1122 | 2017-02-16 16:25 | ヴァイオリン | Comments(2)