<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 160回

ジメジメしています。梅雨です。
でもあまり雨が降らないような。どちらかというとカラ梅雨かな?
このままあっという間に真夏の猛暑がやってくるのかな?
なんだか怖い。暑いの嫌い。
がしかし、庭の紫陽花に癒されたり、水羊羹が美味しかったり、
夏休みが待ち遠しかったり。

さてさて、今日はレッスン。
行ってきました。
いつも梅雨時は体調の良くない師匠ですが、
今日はとってもお元気そうでした。良かったわ〜。
あれやこれやと30分くらいおしゃべりが盛り上がったところで、
「あ、ごめん。お稽古しなきゃね。」by 師匠

★ボーイング

綺麗に音が出ていますね。
E線の時にもきちんと肘を閉じないで、肩も使いましょう。
腕だけで弾かないでE線もしっかり肩を使うと、もっと綺麗な音が出ます。

★スケール&分散音

D dur;
とても綺麗に弾けています。音も良くつながっています。
OKです。

★一弦上におけるポジション移動練習

E-A線
音程が上ずっているが、ポジション移動の手の感じは綺麗。
E-E線
音程も手の運び方もOK。

★エチュード(クロイツェル16番)


⚫︎ 8分音符を弾く時には、もっと弓先で、
弓量は増やして思い切り弾いて良い。
⚫︎ G線の時はもっと肘と肩を使ってがっつり弾く。
⚫︎ 四分音符が短くならないように注意。
⚫︎ 前回よりもかなり良くなった。

→ 続きもこの調子でやってきてください。

★コンチェルト2番 by BACH

⚫︎ [C]の出だしから4小節目くらいまでは、ちょっともたつくが、
今後弾き込めば大丈夫。
⚫︎ [D]の最初から4小節目までは音程に注意。
⚫︎ [D]の5小節目からは、もっと思い切って大らかに。
音をもっと出しても良い。
⚫︎ [F]の4小節目からの音程に注意。音の変化がはっきりわかるように。
⚫︎ 曲にかなり慣れてきたように思う。まったく問題ない。

→ 続きもやってきてください。

今日も充実したレッスンでした。
2時間くらい師匠のお宅にいましたが、
半分はお喋りだったかも。いろいろなお話ができて、
それも含めて充実していました。
本当に気の合う方が師匠で良かった。

エチュードはようやく師匠が望んでいたような弾き方が
できるようになってきました。
8分音符の3連符を「きゅっきゅっきゅっ」ではなく、
「キラン、キラン、キラン」っていう感じ。
うーん、文章ではよく説明できないけれど、
とにかく弾いた後に響きが残って、
次の音の響きと重なり合っていくのです。
そういうイメージです。
まだ途中までなので、次回は最後まで練習していきたいと思います。

バッハのコンチェルトは、3月から練習し始めて
早くも3ヶ月。でももう半年くらいやってるような気分。
なかなか終わらないけれど、
少しずつ先が見えてきたような、雲間から青空が見えてきたような。
とにかく弾くこと。
何度も何度も弾くこと。
回数弾けば良いわけじゃない、という考え方もありますが、
この曲には、回数が必要。
やはり慣れて慣れて慣れてしまわないと無理。
第一楽章終わりまであと少し。
[G]と[H]がまだ未見ですが、そこを突破すれば、
その先は前半の繰り返しで、どこかで見た風景ばかり。
だからあと少しなのです。
頑張りまーす。



↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村




[PR]
by collages1122 | 2017-06-26 16:49 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 159回

梅雨入りしました。
一年でもっとも苦手な季節。
蒸し暑いのに妙に冷えたり、体調管理も大変。
でも紫陽花は好きだし、 美味しい夏のお菓子も出てくる。
水ようかんとか、くず桜が大好き。 
嫌いな季節なりに、楽しみを見つけて乗り越えようと思います。

さて〜小雨降る中 レッスンに行ってきました。
お天気は悪いですが、師匠のお顔を見たらお元気そう。
私も元気に張り切っていきます。

★ ボーイング

弓を返す時(アップの時)に小さくカツンとなる。
若干力が入ってしまうのだが、それはない方が良いので、
気をつけること。
手で返さないで肩で返す事を意識して。

★ スケール&分散音

D dur;
音が良くつながっていて綺麗ですが、
G線を弾く時に肘が下がり気味になっているので、
もっと上げて弾くと、もっとG線が響く。
分散音もOKです。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

E-1のA線、E線
⚫︎音程をもう少しがんばって。
⚫︎右手の薬指が時々変な時に弓から離れてふらふらしている。
注意すること。

★ エチュード (クロイツェル 16番)

⚫︎ 8分音符は、キュッキュッと音を止めないで、
ツンツンと弾いて音の響きが残るように。
アップとダウンを均等に。
⚫︎ 4分音符はもっと弓を少なくして。
⚫︎ 16分音符ももっと弓を少なく。はっきりと。
⚫︎ とにかく全体に響きを意識して。

→ もう一度。

★ バッハ ヴァイオリンコンチェルト No,2

今日は2ページ目(C)から見てもらいました。
⚫︎ スラーの部分は、最後の音が短くならないように。
⚫︎ 16小節目は慌てない。2拍目の最後の音は強くしない。
⚫︎ (D)の出だしの「ソ」はダウンで入ることにする。
⚫︎ (D)の5小節目からは、強く表現したい音は強く弾く。
それ以外は楽に軽く弾く。

→ 続きもやってきてください。

今日は最初に楽器の構え方や肩当てのことなど
今一度師匠にチェックしていただいたので、
レッスンのスタートが遅くなってしまいましたが、
充実した時間でした。

ボーイングで弓をアップで返す時にカツンとなったり、
弾いている時に右手薬指が落ち着きがなかったり、
そういう癖を今日は指摘されたので、
もう一度丁寧に客観的に自分の弾き方を正しい方向へ
修正しないといけないな。 と思いました。

エチュードでは、音の響き方をより意識して、
練習曲と言えども一つの曲として美しく弾きたいし、
アンサンブルで現在練習中の「水上の音楽」にも通ずる部分がたくさんあるので
首が絞まるようなキュッキュっとした音ではなくて、
ツンツンツンツンと広がっていくような8分音符を目指して
練習してきます。

バッハは、少しずつ形になってきたかな。
しかし難しい曲。
音符が多い。可愛らしい曲なのに、様々な要素が満載で
しんどい。

私「この曲もとても好きですが、
そろそろ音符の少ない、表現力必須!みたいな曲調の曲も弾きたくなりました。」
師匠「そうかそうか。
確かに他のゆったりした曲を弾きたくなる気持ちはわかる。
じゃあ〜これが終わったら、またなにか曲をやろうね。」
私「ううっ、これが終わったらか‥。はい。じゃあ第一楽章が終わるまでは
しっかりやります。」

夏休みまでに第一楽章は終わるでしょうか??
終わりたい!
がんばる〜〜〜!



↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2017-06-08 16:48 | ヴァイオリン | Comments(0)