夢みる ヴァイオリン collages.exblog.jp

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

レッスン 158回

まだ5月なのに、暑いです。
東京はもちろん、茨城県内でも30℃以上になっているところがあるらしい。
ありがたいことにわが町は海沿いにあるので、
海からの風が心地よく、気温は26℃くらいにおさまっております。
もう毛布は使わないですね。今日片付けました。

さて、レッスンに行ってきました。
ここのところ家庭の事情でバタバタしてまして、
東京と茨城を行ったり来たり。ほとんど二重生活のようになっています。
忙しくてレッスンを一回キャンセルさせてもらったので、
今日がGW明けの初めてのレッスンです。
あまり練習に集中できない日々だったので、どうかなー?
と少々不安な感じ。

★ ボーイング

弓先まで来ると右肘が落ちる。よって音がぬける。
肘が落ちないように。そして肩でしっかり弓を返す。
このことを忘れないで。

★ スケール&分散音

D dur;
移弦する時は綺麗に滑らかに音がつながっているのだが、
同じ弦で次の音を弾く時に、力が少々入るらしく、
カツンとなる。
弓を返す時は、少し速度を落とし(音はそのまま)
丁寧に返すこと。
分散音はとても綺麗です。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

E-1のG線、D線
音程がばらける感じがあるけれど、手の形はOKです。
次はA線とE線をやってくること。

★ エチュード (クロイツェル 16番)

⚫︎ 全体的に弓の真ん中より先で弾くこと。
⚫︎ 3連譜が 普通の8分音符が3つに聴こえる。
最初の音に若干アクセントをつけて弓も多めに、
3つ目の音は短く。
⚫︎ 一小節を2拍と考えて弾く。
⚫︎ トリルもきっちり。
⚫︎ 音の変化をきっちり強調。
⚫︎ 全体の曲調を考えて、曲らしく弾いてみよう。

→ もう一度。

★ バッハ ヴァイオリンコンチェルトNo.2

⚫︎ 最初の出だし「ミ、ソ、シ」は、
ミで弓をたっぷり、ソは普通に、シは少なく。
シは伸ばさない。短めに。その弓のまま次のフレーズに入る。
⚫︎ 3小節目はたっぷりおおらかに。
途中で途切れないように。3拍目のFとBは切らないこと。
⚫︎ クレッシェンドにしたがって弓の量も多くなる。
⚫︎ 4小節目のシシシシ‥や、ラララララララなどは、
もっと弓を使って。ただし力を抜いて、アップとダウンの
バランス良く。
⚫︎ 6小節目の「ラシドラ ソラシド〜」は、
走らないように。あわてないように。
⚫︎ フレーズの終わりに近づくと、なぜか失速する。
そうならないように。
⚫︎ 全体的に、途切れたり、失速したりする部分はない。
勢い良く、弓も場面に応じてたっぷり使って、
弾き切ること。

→ 続きもやってきてください。

「先生ごめんなさい。あまり練習できませんでした。」
と謝ってからレッスンに入ったのですが、
なぜか今日は調子が良かった!
師匠もノリノリでご指導くださいました。
もちろん練習が足りていないところも多々ありましたが、
自然に力が抜けていて、いつもギコギコしてしまうコンチェルトの
あるフレーズが自分でも驚くくらい綺麗に弾けちゃった。
師匠にアドバイスをもらってもう一度弾くと、さらに綺麗に弾けたりして、
師匠を喜ばせてしまった。
なんということでしょう。

「今日はすごく良いよ〜。楽器もすごく良く鳴ってる。」
実はGWに弓の毛替えをして、弦も張り替えたから
そのせいかもしれないのだけれど、
「もう嫌いになりそう!」っていうくらい弾けなかったバッハのコンチェルトが、
今日は私の味方になってくれたと思えるほど、楽しく弾けた。
そして師匠に褒められた。
バッハコンに対するモチベーションがアップしました。

クロイツェルのエチュードは、
1年半くらい前に先代の楽器で一度やったことがある曲。
あの時にはできなかった事ができるようになっている事を実感。
自分でもそう思っていたのですが、
師匠からも「前やった時よりずいぶん上手になったね〜」と。
覚えていてくださった事に妙に感動。
続けていれば少しずつでも何か変わってくるのだね。
その少しがたくさん集まって、すごく大きな変化になる。
何年もかかるけれど、 それが楽しい。
だから楽器の道は飽きないのだな、と思う。


↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2017-05-22 16:02 | ヴァイオリン | Comments(0)