レッスン 149回目

 
もう10月の後半だというのに、今日は夏日です。
秋はどこへ行ったの?
 でも朝晩は寒いので、寒暖差で体調を崩している人も多いとか。
あと10日で演奏会ですし、気をつけないと!! と思っています。

さて3週間ぶりにレッスンに行ってきました。
師匠はお元気そう。 …と思いきや、
ひどい肩こり(肩から肩甲骨、右腕の付け根の筋肉)痛に苦しんでいるとか。
うわ〜〜〜 大丈夫なのでしょうか。弾きすぎかしら?
辛いでしょうね。早く治りますように。

★ ボーイング

弓先で音をつぶさないように。
弓元から弓先まで綺麗に音を響かせましょう。

★ スケール&分散音

G dur;
一音目がしょぼくならないようにはっきり発音させましょう。
音は綺麗に出ているのだが、ハイポジから降りてくる時の音程が
若干ゆらぐ。 薬指の位置に注意。
分散音はOKです。

★ 一弦上におけるポジション移動練習


B-3(A線); とても綺麗です。OKです。
B-4(E線); 上がっていく時はとても綺麗で音程も良いのだが、
ハイポジから降りてくる時の音程がゆらぐ。若干上ずっている。
指の形、肘の入れ方に注意。

★ エチュード (クロイツェル 10番)

前半;
ボーイングは良いが、とにかく音程が良くない。
特に13小節目からは、ハイポジになっているので、
じっくり練習することが必要。
演奏会が終わったらやりましょう!

→ もう一度

★  メヌエット by Mozart K.64

⚫︎ メインのフレーズでは、16分休符をもう少し意識して。
⚫︎ リズムが甘いところがある。
*9小節目3拍目は、付点8分音符なので、もう少しためて。
(各所に同じリズムがあるので、徹底すること)
*Trioに入ってからの、5小節目2拍目の付点4分音符ももう少しためる。
*Trioの12小節目の2拍目の4分音符が短すぎる。
⚫︎ 若干音程が悪いところがあるので、確認すること。

→ もう一度

今日は良いところがありませんでした。
師匠が「忙しい中せっかくお稽古に来てくれたのに、
重箱の隅をつつくようなことばかり言ってごめんなさいね。」と。
いえいえ、
重箱の隅じゃないと思います。思い切り広場のど真ん中、って感じです。
自分でも今日は音程悪いのがわかったし、
リズムもきっちりと 取り組んだ練習をしてこなかったの、自覚してますから。
これで合格にされてたら、逆にどんよりすると思う。

フルオケデビューとなる演奏会がいよいよ今月30日に近づいてきたので、
どうしてもそちらの練習に力が入り、お稽古の課題がおろそかになり、
今まではお稽古の練習に2時間かけてたところが30分くらいになっています。
30分でスケールやってエチュードやって課題曲もやるのですから、
本当にさら〜〜ッと弾く程度。
練習不足ですよね。 師匠ごめんなさい。
演奏会が終わって、少し体を休めたら、またじっくり取り組みますので。
あと10日!
ベルリオーズの「幻想」に、今はすべてを捧げたいと思います。

「楽しんでおいで!」 と師匠。

そういえば、ドラマ「のだめカンタービレ」の中で、
指揮者の千秋さんが
「さあ、楽しもう! 音楽の時間を」 というセリフがあったな。

もっともっと弾ける技術と経験があった上で乗りたかった舞台。
でも今の私でも受け入れてくれた仲間たちと一緒に、
楽しみます。 頑張ります。 精一杯!
狂ったように弾くわ。(←願望です) 




↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村





[PR]
by collages1122 | 2016-10-20 15:43 | ヴァイオリン | Comments(0)