夢みる ヴァイオリン collages.exblog.jp

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 144回


梅雨真っ只中。湿度の高い日が続きます。
が、連日70%以上の湿度の中、愛器レイチェルは健気に頑張っています。
私もだるいだるいと言わないで、シャキッとしなくては。

今日は珍しく朝からカラリとした晴天。真夏のようなもくもくとした雲。
気分も晴れやかに、レッスンに行ってきました。

★ ボーイング

音が良く響いています。 OKです。

★ スケール & 分散音

C dur;
音が良くつながっています。音程もOKです。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

E線;
上がって行く時は音程も良く、手の形も良いのですが、降りてくる時に
若干小指が開いてしまい手がバタつく。それに伴い音程も不安的になるので注意。
G線;
E線と同じく手が開いて音程が安定しない部分がある。小指の動向に注意。

→  とりあえず合格。 次の課題へ。

★ エチュード (クロイツェル 6番)

⚫︎ 今日は音程が素晴らしいです。
きちんと正しい音程で、音が良く響いてます。
⚫︎ 移弦の時に弓が暴れる。 
この曲の場合、移弦がとくに多いからかも。
G線からE線まで肘の角度をつけすぎているので、全体に肘の高さを高めに設定し、
最小の角度で移弦しながら弾く。肩を入れたりして腕の重みを弓に伝える。
などなど、 自分で分析しながら弾いてみること。
弓が暴れる、ということは無駄な動きが多いということ。
要注意。

→  合格。

★ 春の歌   by Mendelssohn (バイオリン名曲31選)

⚫︎ 出だしの部分 「 ドーーレレミラ  」は一気に。
⚫︎ 16小節目の「 ミ 」はよく響かせて。
⚫︎ スラーでつながる8分音符4つは、しぼまないように。
それには弓を最初で使いすぎないようにする。
⚫︎ 途中あちこちに出てくる  「 付点四分音符+付点八分音符」は、切らないように弾くこと。
弓の速度を変えずに、しっかりを出す。
⚫︎ dim.は音を小さくしすぎずに、ちょっと落ち着くようなイメージで。
⚫︎ 最後から10小節目のテヌートは、音をちょっと長めにしっとりと弾く。
以上のことを注意して弾いた結果、

→  合格。

今日は久しぶりに合格連発でした。
嬉しい反面、次回はすべて新曲になるわけで、焦ります。
ちょっと大変かも…。
しかし音程が劇的に良くなった、とお褒めの言葉をいただき、
嬉しいです。
この二週間、チューナーなしの練習を続けてきました。
調弦の時に確認したら、スイッチをOFFにして、
あとは自分の耳と楽器の響きをたよりに弾くのみ。
最初はついついチューナーの方を見てしまったのですが、
少しすると慣れました。
今までは、音程は(チューナーを見て)目で確認していたのですが、
耳で確認することが普通になって、
「音程は楽器が教えてくれるのだな。」と思うほどに。
音程がぴたりと合えば、花が咲くような美しい響きが待っています。
そんな風に練習して、師匠に褒められて、
有頂天です。

「 もう5年半も経ってるのに、今頃チューナーをどうのこうの言うなんて
恥ずかしいです。」 と師匠に言ったところ、

 「5年半経ってるからこそ、そういうことができるのよ。
最初はやはりチューナーが必要だし、なかったら練習にならないもの。
今だからこそ、チューナーを放すことができるの。
やり方は間違っていないよ。」

と嬉しいお言葉。うるうる…

メンデルスゾーンの「春の歌」も合格になりましたが、
とても好きな曲でした。
「 この曲は、あなたに合ってる。レパートリーにしなさい。」とのこと。
時々は弾いて、もっと自由に楽しく弾けるようにしたいな。
次の課題曲は、「花の歌」です。

さてさて、スケールから「花の歌」まで、
すべて新課題です。頑張らなきゃ!



↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村





[PR]
by collages1122 | 2016-06-27 15:13 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 143回目


湿度が高くなってきました。
紫陽花が色づき始め、雨がしとしと。  梅雨です。
楽器の音色も少し重く渋みのある感じになってきました。
お天気は悪いけれど、体調に注意して元気に頑張りましょう。

さて、レッスンに行ってきました。
師匠、お元気そう。 老犬ラブちゃんも立ち上がって出迎えてくれました。

★ ボーイング

D線は綺麗です。 
A線は少し弦が劣化してるかも。(←4月に替えたばかりなのですが…)
少し早めに取り替えたほうがいいかもしれません。

★ スケール&分散音

C dur;
2の指と3の指の間隔が狭くなっている時がある。
3の指の音程が低くなってしまうので注意すること。
音は綺麗に響いています。

★ 一弦上におけるポジション移動練習


E線; 下がってくる時に左手の平が開いてしまっている。
もっと指板に沿わせるようにすること。
G線; 音が渋いのは、G線自体がハイポジで響くことに慣れていないせい。
日頃からG線をかき鳴らすと良いかも。音程は綺麗です。

★  エチュード (クロイツェル 6番)

⚫︎ ボーイングはとても綺麗。
⚫︎ 左手の手の形やフィンガリングもOK。 ただ音程が悪い。
⚫︎ G線とD線は、3の指が低く、 E線とA線は3の指が高い。
移弦ばかりで難しいが、 チューナーに頼らず自分の耳で音を判断する事が大切。
耳を鍛えよう。
この曲は途中までで良いので、音程の訓練を集中的にすること。

→  もう一度 練習。

★  「春の歌」 by Mendelssohn (バイオリン名曲31選)

⚫︎ フィンガリングを決めました。
⚫︎ 透明感のある音で。
⚫︎ 半音上がったり下がったりするところは、音をはっきりと。
⚫︎ この曲はビブラートにあまりこだわらず、
まずは、透明感のある音で、フレーズを大切にして弾く。
⚫︎ ひとつのフレーズがどこからどこまでか、よく意識して。

→  綺麗に仕上げてきてください。


前回のレッスンでG線とD線を弾く時に弓が暴れる、
という指摘をうけたので、この2週間はかなりその点を意識して
ボーイングの練習をしていました。
「 今日は全然大丈夫。ボーイングは何の問題もなし!」 と
師匠に言われ、ホッとしました。
ここのところ、オーケストラのベルリオーズ「幻想」の練習を根詰めてやっていて、
そのせいでボーイングが荒れてしまったのかな? 
と少し嫌な感じがしていたので、良かったです。
変な癖がつく前にチェックしていただけるのは、本当にありがたい。
やっぱりレッスンは欠かせません。


クロイツェル6番は、どうにも音程が決まらず凹む。
そして師匠に「 ドが低い!」「レが低い」「ラが高い!」などなど
嫌というほど注意され、あわあわしてしまう自分が情けない。
しかしもっと情けないのは、低いとか高いとか言われる前に
自分でそれに気づかない事。
本当に微妙な差なのだけれど、師匠に言われた通りに指を少しずらすと
そこにはキラキラに響く本当の音が待っている。
自分で気づきたい!  なのに、気づかないまま弾いている。
 「もうチューナーに頼ってなんとかしよう、という段階は過ぎてるからね。」
と師匠。 
耳を鍛えないとーー!
耳の精度を上げないと!  
それをなんとかしないと、この壁は乗り越えられない。

有名なメンデルスゾーンの「春の歌」は、とても綺麗で明るい曲。
素敵に弾けるように頑張って、レパートリーにしたいものです。
 「次までに曲を作って仕上げてきてね」  
曲を作るか〜〜〜  なんかワクワクするね。 
練習が楽しいぞ。
こういうソロ曲を自由自在に弾いて、どんどん歌えるようになりたい。
独りでも立派に美しく弾いて、いろいろな場面でご披露できるといいな。
今やっている「バイオリン名曲31選」はそういう意味でも
すごく良い。 この本を選んでくださった師匠は、
やっぱり私の事をよくわかっていると思う。さすがだ。


↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村





[PR]
by collages1122 | 2016-06-09 15:12 | ヴァイオリン | Comments(2)