<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 126回

猛暑から一転、お盆明けから急に涼しくなり、
少し肌寒いくらいの日がここ2〜3日続いています。
今日も朝からシトシトと雨が降り、夏の終わりを告げています。
夏休みも終わり。
また地道に日常生活をがんばりましょう。

さて、雨の中レッスンに行ってきました。

ボーイング

D線では弓先まで音がきっちり出るように、しっかり腕を乗せて。
A線はすごく綺麗です。

スケール

B dur;
今日はハイポジになった時に少し音程が低めに感じられます。
注意しましょう。
分散音では、G線をよく響かせて。

エチュード (クロイツェル17番)

⚫︎ 32分音符はトリルのように弾かず、しっかりはっきりと。
その時に小指と薬指の弱さが目立つので、
訓練だと思って練習すること。
⚫︎ スタカートのついている音符もはっきりと綺麗な音で。
スタカートは手を圧力をかけてギュッと止めない。肘で止めるようなイメージ。

→ 引き続き練習を。

ソナタ G minor by Eccles  (新しいバイオリン教本4)


⚫︎ どの楽章も最初の音に元気がない。
もっとはっきりとした真っ直ぐ伸びる音で。
⚫︎ Vivaceのところは走らないように注意。落ち着いて。

→ 合格!


今日はエチュードがボロボロでした。
前半のみだったのですが、満足に弾けなかった。
特にスタカートの部分がダメでした。音を止めようとするあまり
手で圧力をかけすぎて、次の音にもその影響が…。
次回までに今回師匠に教えてもらったとおりにしっかり練習したいと思います。

ソナタはずっと悩んでいたので、今日の合格は本当に嬉しい。
重音があったり、移弦が激しかったり、16分音符がたくさん入っていると、
ついつい緊張して力んでしまう。そしてかたーーーい感じの曲になってしまう。
それをどう克服したらいいのだろう??
固さはどうしたら抜けてくれるのだろう? 
でもまあ、とにかく思い切り弾こう。思ったように弾いてみよう。
このソナタを弾くためにエチュードの練習もいつも以上に気合を入れて。
そして、暗示をかけよう。「私は素敵なヴァイオリニスト。」と。
その結果、
ところどころ走っちゃったりした部分はあったものの、
師匠の 「おお!わお!」 というお言葉をいただきました。
弾けたのね、私。
そしてめでたく合格。 2ヶ月かかった。
奥が深い曲で色々悩んだけれど、音と音のつながり、強弱で作る感情などなど、
曲作りとしても大変勉強になりました。
ビブラートもたっぷり入れることができましたし、
少しだけ階段上がったような気分。
さあ〜次の曲もがんばりましょう。

暗示は効くかもね。


メモあれこれ↓
http://collages.exblog.jp/20732105/


 ↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村


[PR]
by collages1122 | 2015-08-26 15:42 | ヴァイオリン | Comments(2)

レッスン 125回


8月になりました。
とにかく暑いです!猛暑です。 列島各地で毎日35℃越えの地獄。
ここ茨城北部のわが町も、灼熱地獄。
避暑地のように涼しいことが自慢だったのに!
この地に住んで29年になりますが、ここまで暑いのは初めてです。
どうなっちゃったんでしょう!
こういう時は、クーラーのきいた室内で、
楽器の練習をするのが一番♪

さてレッスンに行ってきました。
師匠はお元気なご様子。良かった。

ボーイング

D線の時、弓先で少し音が抜ける。
もう少したっぷりと弓先まで音が響くように、腕を乗せて。
A線は綺麗です。OK。

スケール (フリマリー音階教本)


D dur;
きちんとつながっています。音程もOK。
分散音は素晴らしく綺麗です。
「いつも思っていたけれど、分散音がすごく上手ね。」\(^o^)/

エチュード (クロイツェル 16番)

全編;
⚫︎ トリルが綺麗にできるようになってきました。
⚫︎ 弓先で弾くことによって、音もよく響いています。
⚫︎ 音程はところどころあれれ?って感じのところもありますが、
まあいいでしょう。

→ 合格。

ソナタ G minor by Eccless (新しいバイオリン教本4)

Grave;
⚫︎ とても綺麗です。よく歌えてる。何も問題なし。

Allegro;
⚫︎ なぜか力が入っていて固く聞こえる。
⚫︎ 16分音符が早い。もっとゆったり。
⚫︎ 16分音符で弓を使いすぎる。弓先で弾くようにすると良い。

Adagio;
⚫︎ とても綺麗です。よく歌えてる。何も問題なし。

Vivace;
⚫︎ ここもAllegroと同じで、力入りすぎ。固い。
⚫︎ 16分音符を全部ガシガシ弾かないで、小節の頭の音を強調したら、
あとの音はゆるく弾く。
⚫︎ 弓先をよく使って。

→ もう一度。


ここのところ暑さに負けてバテていたせいか、
バイオリンも今ひとつ調子悪くて、
レッスン直前練習では、エチュードがボロボロだったのに、
師匠の前ではなぜか綺麗に弾けて合格。
自分でもびっくり。奇跡かな?
でも調子悪かっただけで、練習は毎日毎日しっかりしていたから、
弾けるようになるタイミングがたまたまレッスンの中だっただけ、と
思いたい。
とにかくエチュードは合格。次はクロイツェル17番。
楽譜を見てみると、17番で突然難しくなってるような気がする。
譜面が黒く見える。うわ〜〜〜〜大丈夫かしら?私。
とりあえずできるところまでやっていこう。

ソナタは、ゆっくりと歌い上げるような曲調であるGraveとAdagio
自分でもこれ以上ない!ってくらい綺麗に弾けたと思った。
曲が自分の心から溢れ出るような感覚も。
師匠からも絶賛されました。ただ…
  「ビブラート、もっとちょうだい!」
      「は、はい…。」

しかしテンポが早く、重音も入ってくるAllegroとVivace
ダメですなぁ。なんであんなに固くなってギクシャクしちゃうのでしょう。
苦手意識があるから、その意識が腕に伝わり、指に伝わり、
頑張ろうと思えば思うほど、曲が遠くになっていく。
弾けないわけじゃない。 でも何かおかしい。
もっと力を抜いて、テンポ正しく、16分音符は転ばないように。
今日のレッスンで師匠に言われた点をしっかりできるように練習して、
仕上げたい。納得できるまで弾けるようになるといいな。

「次回でこの曲終わりにしようね。頑張ってね」

はい。終わりにできるように頑張ってみます。
次のレッスンは8月末。 その頃には少し涼しくなってるかな?


メモあれこれ↓
http://collages.exblog.jp/20732105/


 ↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
d0176951_15240583.jpg
         ↑最近の作品です。 羊毛フェルトのダックスフンド。






[PR]
by collages1122 | 2015-08-06 15:20 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122