<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 124回

前回の記録には、「肌寒い」 と書きました。
ところが今回は、「猛烈な暑さ!」となりました。
2週間の間に梅雨は明け、日本国中30度越えの猛暑が連日続いています。
8月になったらどうなっちゃうのでしょう?
クーラーをがんがんつけて練習する日々。
スイカが美味しい、ビールが美味しい。
北関東のこの地で、7月からこんなに暑いのは珍しい。
夏バテに気をつけないと。

さて、猛暑の中、レッスンに行ってきました。

ボーイング

弓先で音が抜けないようにしっかりと。
音は良く響いています。

スケール (フリマリー音階教本)

d dur;
⚫︎ G線からD線に行く時によく音をつなげて。
⚫︎ 分散音での音程に注意。

エチュード (クロイツェル 16番)

途中まで;
⚫︎ 弾く場所をもう少し弓の先の方で。
その方が音が綺麗に響くので。
⚫︎ 手で圧力をかけてキュッキュッと止めない。肘をつかって。
⚫︎ 8分音符が12個並んでいるというよりも、
3音ずつまとめて弾くような感じにすると、曲らしくなる。
⚫︎ ところどころ音程に注意。
⚫︎ トリルは4分音符の前にくっつけて弾く。
「ターータラタラタラ」ではなく、「タラタラタラ〜」って感じ。

→ 以上の事を注意しながら、最後まで練習してくること。

ソナタ G minor by Eccles (新しいバイオリン教本)

Grave;
⚫︎ 出だしの「レ」はしょぼくならないように。綺麗に「シ」につなげる。
「シ」の方が大きく。
⚫︎ アップの時に弓の分量が多くならないように。
⚫︎ たっぷりと。きちんとつなげて。ねばるところはねばって。
⚫︎ とにかくつなげる。

Allegro;
⚫︎ 出だしの「レ」と次の重音は、間隔をあけすぎないように。
「レ」は普通に8分音符です。重音は力を入れすぎないように。
⚫︎ アップの時の音が大きくなっている。注意!
⚫︎ 16分音符が転ぶ。焦らずに。

Adagio;
⚫︎ 単調な曲想だけど、きちんとした音程で
綺麗な音を響かせましょう。

Vivace;
⚫︎ 途中で勝手に減速しないこと。まだ続く場合はritしません。
⚫︎ 16分音符がずっと続くので途中でヨタヨタしないように。

→ 以上のことを注意してもう一度。


今日も充実したレッスンでした。
クロイツェルのエチュードは途中まででしたが、
ボロボロになることもなく、きっちり弾けました。
トリルもかなり綺麗になってきましたね、と褒めていただき、
嬉しいです。あとは、時々やってしまう「ターータラタラ」。
トリルが「ターータラタラ」ではなく「タラタラタラ〜」になるように、
しっかり練習したいと思います。

ソナタの方は、譜読みが終わってからの戦いに入っております。
ただ弾けるようになっただけではだめ。
きちんと美しく正しくしっかりと弾けなくてはだめ。
そうなるにはどうすれば良いか。
それを師匠に教えていただいてるわけで、
今日も本当に細かく丁寧に見ていただきました。
師匠は「細かくてごめんね〜」とおっしゃいますが、
私にとっては、その時間が楽しくて楽しくて…。

「おお〜!こうすれば良いのですね。全然違いますね!」
「 でしょ? 」

師匠とのやりとりの中で少しずつ積み上がっていく曲の表情。
すごい!こんなに綺麗になったー!

…しかし帰宅して弾いてみると、あれれ? 
さっきみたいに綺麗に弾けない。なぜ?
師匠の前での程よい緊張感が、良い感じに作用してるのだろうか?
家で弾く時はまったく緊張しないものね。ううむ。

そんなことの繰り返しなのですが、 それでも一歩ずつ進歩していると信じて、
師匠の言葉を思い出しながら毎日毎日弾くしかないですね。

「もう少しこの曲、やろうね。」

もちろんです。まだまだ合格できるなんて思ってません。
頑張ります。



メモあれこれ↓
http://collages.exblog.jp/20732105/


 ↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村



[PR]
by collages1122 | 2015-07-23 16:23 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 123回

毎日毎日どんよりとした空模様が続いています。肌寒いし…。
7月になってから1日も晴れていません。梅雨真っ最中だから仕方ないのですが、
太陽のキラキラした陽射しが恋しい今日この頃です。

さて、レッスンに行って来ました。


ボーイング

弓先でも音をきっちり鳴らしましょう。


スケール

B dur;
ハイポジでの高音部は音程が良く取れるようになってます。
上から下がってきた時の3ポジあたりで音程が安定しない事があります。
丁寧に弾きましょう。


エチュード (クロイツェル 15番)

全体;
ところどころ音程が定まらないところがあった。
トリルばかりの曲なので、トリルを気にするあまり音程が注意できなくなる。
でも全体的には綺麗に弾けている。
トリル、よく頑張りました。

→ 合格


ソナタ G minor by Eccles (新しいバイオリン教本4)

Grave;
⚫︎ 音と音がつながるように弾くこと。
フレーズごとに切ったりしない。その中で強弱をつけて弾く。
Allegro;
⚫︎ 出だしの重音は、意識しすぎるあまり力が入りすぎている。
そのわりに4音全部が鳴っていない。もっと力を抜いて。
⚫︎ 2小節目のG線ソはもっと短く。E線へ素早く移弦しE線のソを弾く。
⚫︎ 8分音符はレガートでもなくスタカートでもなく。
よく響かせて余韻が残るような音を出す。
⚫︎ 4小節目の8分音符はレガートで良い。
⚫︎ 15小節目の「ソ」は切らない。
⚫︎ もっとゆっくりでも良いので、確実に弾くこと。
(全体的に肘で弾く)
Adagio;
⚫︎ 全体的に特徴のないまったりした曲調だが、
その中から聞かせどころが浮かび上がってくるようになると良い。
⚫︎ リズムがよれないように、しっかりカウントして。
Vivace;
⚫︎ まだこの部分の譜面に慣れていないせいか、弾き方が固い。
もっと弓先を使って、右手をゆったりとして。

→ もう一度。


今日はクロイツェルのエチュード15番が合格できて
やった〜!という感じ。
なんといっても全編トリルで構成された曲で、
弾きすぎると指が疲れ果て動かなくなってしまうのです。
なので思い切り反復練習ができない。
3回くらい通して弾くと もう限界。辛い曲だ〜!
と思っていました。本日をもっておさらばできて嬉しい。


エックレスのソナタは、アッコーライのコンチェルトに比べれば
簡単な曲かも…と思っていたけれど、
弾けば弾くほど奥が深くて意外と…というか、かなり難しい。
この曲、綺麗な音で弾きこなせたら素敵。曲想はかなり好き。
最後まで譜読みはできたので、
次のレッスンまでに
注意点を確認しながら直して、自分なりに味付けして、
美しく仕上げられたら良いな。
いやいや、ここから先が長いかも。今年いっぱいかかるかも…。
まあたとえそうなったとしても、かまわない。
やはり私の目標は… 「師匠をうっとりさせること」なのだから。
さて、頑張るぞっと。

メモあれこれ↓
http://collages.exblog.jp/20732105/

 ↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村


[PR]
by collages1122 | 2015-07-09 16:52 | ヴァイオリン | Comments(0)