夢みる ヴァイオリン collages.exblog.jp

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

レッスン 103回目


暑い日が続いています。
今年は冷夏になる、って言ってたじゃないですか。それなのに、この猛暑。
誰かに会うたびに「暑いねー」「暑いですね。」とご挨拶。
ちょっと動けば汗だく。   我が家は茨城北部の海沿いの山の上。
東京よりも5℃位は低いのです。 それでもやっぱり、
秋が待ち遠しい今日このごろです。

そんな中師匠の家に行くと、師匠も「暑いねー」。
でもレッスン頑張って来ました。

☆ ボーイング

太くてボリュームのある音が良く響いています。
こういう音を出すんだ!ととにかく意識しましょう。

☆スケール/ 分散音(フリマリー 音階教本)

C dur ; 
G線部分も良く響いています。
E線の高音部になると少々安定していないようなので、
しっかり弦を押さえて安定させましょう。

☆エチュード  (クロイツェル  6番)

中間部;
前半は前回合格をいただいたので、今回は中間部。
● ダウンになると弓の分量が少なくなるところがある。
● 移弦の前のダウンの時のボーイングに注意。(例えば12小節目の第一音)
ボーイングはレガートで弾くような感じで行い、次の移弦後の音に備える。
●キュッと手で弓を止めるのではなく、あくまでも流れるように。

→  中間部、合格。 引き続きさらに後半を練習してくること。


アベ・マリア  by Bach- Goundo


ビブラート、もうちょっと頑張れ、という部分もありましたが、
ポジ移動もなめらかにつながっていて、
全体的に綺麗に弾けています。

→  合格。


クロイツェル6番は、練習しても練習しても思ったような音で
正しい音程でできない〜〜〜!もうダメだ…
と思いながらレッスンに行くと、
師匠の前ではなぜか弾ける。
師匠に励まされながら、叱咤激励を受けながら弾くからなのだろうか?
適度な緊張感が良いのか?
家で弾いてる時よりも数段綺麗な音で弾けるのだ。不思議。
中間部が今日合格できたので、あともう少しだ。
と言っても、残る後半部には超ハイポジの分散音が出て来る。
指が届くのだろうか?  きついな…
指のストレッチをきちんとやって、故障しないように気をつけながら
しっかり練習するしかないわね。

アベ・マリアはほとんどの音にビブラートをつける曲なので、
最初はひどいものでした。 ビブラートをつける事によって
汚い曲になっちゃって、これじゃメイクダウンだわ〜〜〜と嘆きながらのアベマリア。
それがいくらかマシになってきて、
本日のレッスンでは「綺麗ですよ」 と師匠ニッコリ。
めでたく一回で合格をいただけて嬉しいです。

アべ・マリアを最後に「新しいバイオリン教本3」を卒業し、
「新しいバイオリン教本4」に入ります。

新しい教本に入る時って、いつもワクワクするのですが、
「新しいバイオリン教本」は表紙が全く同じなので、なんだかつまらない。
表紙をめくると、
「第4巻は、 高いポジションを弾くことができることを目的として編集した。」
と書かれています。
うわーーーー! ハイポジハイポジハイポジ宣言だわーーー。きついわ〜〜

で、新しい課題曲は 「ホーム・スイート・ホーム」
篠崎教本でも何度か出て来たアレですが、今度のは
譜面を見ただけでくじけそうになる位難しいアレンジ。(゜ロ゜)ギョエ!!
リズムは なんじゃこりゃ〜?!
音程は カンベンしてくりょ〜!  と叫びたくなるレベル(自分比で)

とにかくゆっくりゆっくり、難しい哲学書を読み解くように、
焦らずやってみます。

次のレッスンは8月下旬です。
ちょっと間があいちゃいますが、それまでに少しでもホーム・スイート・ホームが
弾けるようになるといいな。 がんばります。








↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2014-07-31 16:47 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 102回目


2週間ほど前になりますが、7月5日に
師匠のおすすめのヴァイオリン工房さんにて、楽器をメンテナンスしてきました。
駒と魂柱のチェックをして、塗装が薄くなってきた部分にニスを縫って、
音の調整。 
しっかり見てもらったおかげで、発音が良くなり、音の伸びがとてもクリアになった気がします。
気がするだけかな? と思っていたら、
師匠が 「全然違う! 気になっていたA線のボリューム不足も解消されて、
D線とのバランスが良くなった。」との事。
調整にかかった代金は2万円也。 アリシアを購入してから初めてのメンテ。
やって良かったです。

さてレッスン♪ 

☆ ボーイング

良く響いています。

☆スケール/ 分散音(フリマリー 音階教本)

C dur ;
メンテンンスをしてA線の響きも格段に良くなったので、
D線とのつながりが良くなった。 なので、高音部に行く時はクレッシェンドして、
下がる時はデクレシェンドして、山を作るように弾くと、
なお美しくなる。

☆エチュード  (クロイツェル  6番)

前半;
● ボーイングは、きゅっと止めないで。1つの音をもっと長く弾いて良い。
● ガイドになる指を離さない事。(前回よりは良くなった) 
無駄に指を弦から離す事によって、余計な音が出てしまう。音程も不安定になる。

→以上の事を注意して弾いた結果、やってきた前半部分は合格しました。
 引き続き、後半も同じように練習してくること。


☆「エア・バリエ  ベルリーニの主題による」 by Dancla


Maesutoso;
●前回よりもビブラートが綺麗にかかってます。
が、もう少し音の出だしからかけるようにしましょう。

Var.l;
● 2小節目から頻繁に出て来るスタカート。
弓が真っすぐにカッカッカッカッと進んでいくようにする。横に暴れないようにすること。
● 7小節目からの流れは盛り上がるところなので、
音がしっかり出て響くように弾くこと。

Coda;
● 弓を飛ばしながら弾くsaltatoは、怖がらずにもっと思いきり音量を出して
弾くこと。元気良く。

→ 合格。



クロイツェル6番は苦労してますが、激しくボジション移動しながらも
音程がきちんととれるようになったくると、音が響いて余韻がしっかり残るので、
ああ、音程がとれてるんだな、と実感できるのです。 
ここまで来るまで、この6番は、音がとにかく汚かったーーー!
師匠からキツく言われている「ガイドになる指」を
きっちり意識するようになって変わったのかな。
今までもガイドになる指を意識していましたが、甘かった。
もっともっと、ありとあらゆるところでガイドさんの役目をしてもらわないと、
この曲は弾けない。 
勉強になるわ〜〜クロイツェル!
前半は合格し、後半に入ります。

「エア・バリエ  ベルリーニの主題による」は、
いろいろな要素がてんこ盛りだったな〜。
重音、逆重音、スタカート、ビブラート、サルタート、フラジオレット等
必死になりすぎて、がちゃがちゃになったり、
音程がおろそかになって破綻したり。
そういう事も多かったけれど、最終的には丁寧に楽しく弾けるようになりました。
もう一度、と言われるかな?と思ったのですが、
師匠は「もういいです。このくらい弾ければ」との事で合格。
嬉しいです。

次の課題曲は「アベ・マリア」
アベ・マリアは、過去に2度も篠崎教本でやっているので、
飛ばす予定でしたが、私が「やっぱりもう一度やりたい!」とリクエストしました。
アベ・マリアが好きなんです。 この美しい曲をきちんとビブラートをつけて
弾けるようになりたい。私のレパートリーの中に入れたい。
そう前から思っていたので、師匠にもそう言いました。

師匠 「了解。ではせっかくなので綺麗に仕上げられるようにビブラートがんばって。
アベ・マリアをやっている間に「新しいバイオリン教本 4」を用意しておいてね。」

「あたバヨ3」もそろそろ卒業か…。
4 ではどんな曲と出会えるか、またまた楽しみ♪



所属しているアンサンブルの
10月コンサートの曲が決まりました。

★映画音楽  「エデンの東」 「踊りあかそう」「アナと雪の女王」
★ アルビノーニのアダージョ
★ ヘンデルのオルガン協奏曲
★ フォーレのレクイエム

何しろ私のデビューですから、ついて行くだけで必死なのですが、
やっぱり仲間がいるって嬉しいです。皆さんの足を引っぱらないように
頑張ります。




↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2014-07-17 17:53 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 101回目


7月になりました。 今年もすでに半分が終わってしまったんですねぇ。
本当に早いものです。
梅雨明けはまだ先ですが、今日はすごく良いお天気。
暑いけれど、やっぱり太陽が出て青空だと気分が明るくなります。

レッスンに行って来ました。

☆ボーイング

良く音が鳴っています。
綺麗なボーイングです。

☆スケール/ 分散音(フリマリー 音階教本)

高音部も良く響いています。
ポジ移動の部分も綺麗につながっています。

☆エチュード  (クロイツェル  6番)

● もう一度フィンガリングを考えてみましょう。
弦から指を放さないことによって音程のガイド役となる事があるので、
そういう事を見直してみると、もっと音程が安定する。
● 全体に強いスタカートで弾くのだが、ボーイングはレガートのように。
音の出だしからハッキリした音で弾くこと。
● もっと音が響くように、とにかく音程をしっかりと。

→ もっと要練習!

☆「エア・バリエ  ベルリーニの主題による」 by Dancla

● ビブラートをつける時は、音の最初から最後までしっかりと。
● Var.1から出て来る「タタタタ」は、ふわふわしないように、
弓を持つ手は中指をしっかりと。薬指も放さないように。
● Var.ll から出て来る重音は、どの音にインパクトを与えるかが大事。
どの音がメロディラインになるのか考えて。
upで弾く重音にも気をつけて。(しっかり音が出るように)
●  全体に音程が甘い。

→ 次は最後まで見て来ること。


 「もしかして、アンサンブルに入ってからやる事が多過ぎて、
いっぱいいっぱいになってない?  
今日は細かい音程がエチュードもエア・バリエもあやふやになっている感じだから」

と師匠に指摘されました。 
確かにアンサンブルの曲の練習もしなければならないので大変ではあるけれど、
レッスンのための練習量が減ったとは思っていません。
だけど、時間的には減ってなくても、
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ…と思いながら弾いてるような気もするので、
じっくり取り組んでいる、という感じはないかも。
集中力も途切れがちで、ただただ時間を費やしてる?
以前はもっと精密に練習してたのかな…。 
 
「すみません。練習が足らなくて…」

「それはない! それは絶対にありえないから。
もし大変ならクロイツェルは半分だけでいいし、課題曲もしばらくお休みだっていいからね。
アンサンブルの曲をレッスンでやってもいいんだし。
自分で良いと思ったやり方で続けてね。」

ししょーーー o(;△;)o  なんて優しいお言葉。
私、レッスンだけは辞めたくないです。辞めたら絶対にもう上達しないと思うから。
アンサンブルはもう少し肩の力を抜いて、
気楽にやっても良いのではないか? という気もしてます。
4月に入団してから譜読みで大変でしたが、いくらか余裕も出て来ました。
それとは別に、日々の練習方法も見直してみます。

しっかしヴァイオリンって難しい楽器だねぇ…。(今さら言うか)



↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2014-07-02 16:04 | ハンドメイド | Comments(0)