レッスン 97回目


GWが始まりました。 
街を歩けば、八重桜やチューリップが綺麗に咲いて、
気温は20℃前後の過ごしやすさ。
良い季節ですね。

ところが師匠の体調が良くないようです。
背中や腰、肩が激痛…。頭痛も。さらに吐き気…。
想像しただけで辛過ぎます。 
「大丈夫ですか? 今日のお稽古はキャンセルしてくださっても
良いんですよ」と言いましたが、
「大丈夫! やるっ!」 との事なので、レッスンしていただきました。

ボーイング

良い音が響いています。 OK!

スケール/ 分散音(フリマリー 音階教本)

● 移弦する時にも音が綺麗につながるように注意すること。
● ポジ移動の時に親指もきちんとついていくようにすること。


エチュード  (クロイツェル  3番)


● 全体的にダウンの弓を意識して。(アップより強めに弾く)
● ボーイングは肘を使うこと。
● 弓の分量をもっと少なく丁寧に。
● サードポジから4ポジ、5ポジへ上がるところは、親指もしっかり付いて行く事。
●  5ポジから下がってくる時も親指の位置関係をしっかり考える事。
 
 →  もう一度。

「エア・バリエ  パチーニの主題による」 by Dancla

Variation Moderato
● 一小節目はクレッシェンド気味に。「ラ」 は印象的に弾く。
● 3小節目はスタカートはないので、つながるように優雅に弾く。
● 6小節目はスラーを連続して弾きながら、弓の場所を調整し、
   7小節目につなげる。
● 9小節目からのスタカートは弓の真ん中あたりで。 
「simile 」は 前の小節と同じように、という意味。 
 つまりずっとスタカートで。
● リズムに注意。

→ 以上の事に注意してもう一度。 次の「Coda 」も。


通常レッスンの後に、アンサンブルの曲のわからないところ(フィンガリングや
ボーイングなどなど)を教えていただいたりしたので、
なんだかんだ言ってレッスン時間はかなり長くなってしまいました。
でも本当に師匠がアンサンブルの曲の方もかなりフォローしてくださるので
心強いです。

師匠にはお元気でいていただきたい。(私と同じ歳なんですけどね)
少しは運動してくださいませ〜〜〜〜と言いたい。
やっぱり背中や腰が痛かったり肩が極度にこってるというのは、
運動不足が関係してると思うのですよね。
ウィーンフィルのヴァイオリニストさん達は、遠征先でも筋トレや
ランニングを怠らないと聞きます。演奏家は体が資本。
私も体を鍛えて、長時間の演奏に耐えうる体を作っていかないといけないな〜と
思ってます。
師匠の体調が早く良くなりますように。

アンサンブルに入ってから、
ヴァイオリンに対するモチベーションがますます上がっています。
上手くなりたいな…。
セカンドヴァイオリンとしての役目をしっかり果たせるようになりたいな。
今はそれだけを考えてる感じ。
しかし色々とできない事が多過ぎる。 頑張れ自分!




↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2014-04-28 16:53 | ヴァイオリン | Comments(0)

アンサンブル  初練習


4月18日の事になってしまうのですが、
アンサンブルの初練習に参加して来ました。

場所は我が家から車で10分のほどのところにあるコミュニティーセンター(略してコミセン)。

11日に渡されたモーツァルト40番第一楽章は、一週間の間に
流れを一応つかんで、
なんとか通して弾けるようにしてきました。
さてどうなるか…。

9時20分に集合。  椅子や譜面台を並べて、30分に席につきました。
自己紹介を促されたので、名前とバイオリン歴、住まいの場所等簡単に挨拶し、
皆さんから温かい拍手をいただいて、
いよいよ練習開始です。

で、ざっくり言いますと、  弾けませんでした!

緊張は全くしなかったのですが、 やっぱり1人で自分のペースで弾いてるのとは違って、
容赦なく速いし、ボーイングが私だけなんか違うし、
音程があってるのか聴く余裕がないし、 とにかくボロボロ。
細かいパッセージのところは、弾くことを放棄したくなった…。
弾けたところもあったので、絶望はしなかったけど。

まあこんなものかな〜。私の実力では、
一週間でここまでよく頑張ったわ。

次回は2週間後。

楽譜をさらに渡されて、
 チャイコフスキーのアンダンテカンタービレ、
 アルビノーニのアダージョ、
 エデンの東
を次回までに見てきてね♪  と優しく言われちゃった。

ああ…私、つぶれそう。

個人レッスンの課題曲もあるんです。 クロイツェルのエチュードもあるんです。

どう両立していくかが問題だわ。


↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2014-04-25 21:51 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 96回目


あんなに美しかった桜が、今では葉桜になってしまいました。
庭の樹々には若葉が顔を出し、柔らかい陽射しの下でアリンコ達が忙しそうです。
春ですね。
今年の春は、私はちょっぴり新入生気分で迎えました。

…というのも、いよいよ地元で活動しているアンサンブルへの参加が決まり、
先日皆さんにご挨拶して来たんです。
まだ早いかなーー?とも思ったのですが、師匠も後押ししてくださいますし、
躊躇っていたらいつまで経ってもこのまま一歩も踏み出せずにどんどん歳を取ってしまいそうで、
思い切って踏み出すことにしました。
…しかし! ご挨拶の時に「来週の練習ではこれを弾きますから見て来てくださいね」
と渡された楽譜は、モーツァルト40番!
大好きな憧れの曲ですが、一週間しかない!せめて一ヶ月あれば!
頑張るしかないけど、いきなりの事で頭真っ白になりました。
(その初練習は、18日。明日です。うわ〜ん)
嗚呼… 初見でパラパラ弾けるようになりたい。マジで。

譜読みの途中でフィンガリングがわからず弾きにくい部分が数カ所あるので、
それをどう弾いたら良いのか師匠に相談しなくちゃ!

…と考えながら、レッスンに行って来ました。

ボーイング

アンサンブルに入るとボーイングがおろそかになって、弾き乱れることがよくある。
なので家で練習する時には今までどおり必ず鏡を見ながらボーイングをチェックして
弾いてください。

● 今日も 音が良く響いています。
● よく肘を使いましょう。

スケール/ 分散音(フリマリー 音階教本)

C dur
● G線を良く響かせて。深みのある音が最初から出るように。
● ポジ移動の時に音程が不安定になる事があったので注意。

エチュード  (クロイツェル  3番)

● 10小節目からポジ移動しながらどんどん上がっていく部分は、
小指だけで行かないで、人差し指ごとしっかりポジ移動すること。
降りてくる時も同じこと。
練習方法として、例えば、
10小節目の「 ソ ミ ラ ファ シ ソ (ソ) ド シ…」  
カッコ内のソは本来楽譜にはない音だが付け足して、1の指で弾く。
その前のソは、2の指で弾くので、素早い指の入れ替えが必要。
こういう練習をして滑らかで正確な音程のポジ移動ができるようにしよう。

● 楽譜に書いてあるスラーはすべてはずして、
全部レガートで弾いて来てください。

→ もう一度。


「エア・バリエ  パチーニの主題による」 by Dancla

● 19小節目の 「シファミドレシドラ」は、 シからファへポジ移動する時に、
ぴょんと飛びつくのではなく、指を弦の上をスライドするようなイメージで
スルーっと移動させること。(飛びつくように移動すると遅くなるので)

● 22小節目からの早いパッセージは、弓を使う分量に注意。
拍の頭で思いきりシュッと戻しつつ弾く。

● Theme は 最初の出だしはもっと穏やかに。 弓の分量は使ってもOK。
4小節目はアクセントが入っているので、もっとメリハリつけてきっぱりと。

● Themeの10小節目はの「ド→ソ」は、飛びつかないで弦の上で滑らす。

● 11小節目のリズムに注意。

→ 次ページのVariationに行きましょう。


今日は通常のレッスンの後、モーツァルト40番のフィンガリングを教えていただいたので、
2時間近くのレッスンになってしまいました。
本当に師匠にはお世話になります。

私が入るアンサンブルは市内の棒大学の構内にあるチャペル専属の楽団です。
春とクリスマスに定期コンサートがあります。
私のデビューはクリスマス。
練習場所であるコミュニティセンターも、大学のチャペルも、
そして師匠の家も、我が家から車で10分以内の場所。幸運ですよね。
メンバーの皆さんも優しくて素敵な方ばかりで、
あの中に入れていただけるなんてワクワクします。
皆さんの足を引っぱらないように、ますます精進しないと!と気持ちを引き締めています。

明日の初練習…  どうなるでしょうね。緊張してます。
でも楽しみたいと思います。

今日のレッスンは音程が不安定でした。
もっとしっかり押さえるべきところは押さえること。指標となる指(主に1の指)は
基本的には離さないこと。ポジ移動の時は手全体で移動すること。
などなど…もう一度叩き込まないと。

ビブラートはすごく良くなってる、とお褒めの言葉をいただきました。
弦から指が浮かなくなったと。
少しずつでも進歩しているのは嬉しいです。
早く曲の中でもビブラートが綺麗にかけられるようになりたいな。





↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2014-04-17 16:28 | ヴァイオリン | Comments(0)