レッスン 95回目


暖かくなってきました。
梅の花が咲き、 庭の木々は新しい芽吹きを待っているよう…。
日の出も早くなり、朝起きるのが楽になりました。小鳥のさえずりが楽しそう。
もうすぐ4月なんですね。 本当に早いものです。
春になって陽射しが明るくなってくると、心も軽くなって
色々な事が頑張れそうな気分になりますね。

さて〜 レッスンに行って来ました。

ボウイング

● 音が綺麗に響いています。OKです。

スケール/ 分散音(フリマリー 音階教本)

● 出だしの 「ド(G線)」がしょぼくならないように、深くよく響かせて弾き始めること。
● 途中のポジション移動でとぎれるようになってしまうので、
指を差し替えるイメージで移動すること。 その方がスムースにできるはず。
● 高音で音がかすれないように響かせて。

エチュード  (クロイツェル  2番)

奏法11番(スラー&スラー);
● 右肘の高さに注意。 D線の高さに設定し、そのままの高さでA線も弾く。
 油断すると肘が落ちているので、よく注意すること。

→  合格。

奏法39番(テヌート&スラー スラー &テヌート3音);
● これも奏法11番と同じで、右肘の高さに注意。肘が落ちないように。

→  合格。

最後にすべてレガートで弾いて総仕上げ。

→  合格。

「エア・バリエ  パチーニの主題による」 by Dancla

Maestoso(荘厳に。堂々と)
● ビブラート。弦を押さえてからビブラートをかけること。
かけながら弦を押さえに行ってる感じがする。 
ゆったりした曲なので、ビブラートはもっとゆっくりで良い。細か過ぎるのは良くない。
ビブラートをかけようという努力は認めるが、それが音に反映されていない。
● 21小節目は切らずにレガートで弾く。 付点8分音符は少しビブラートを入れてみよう。
● 22小節目からのテンポに注意。急にゆっくりにならないように。

Theme
● 出だしの3小節は、一音一音を切るけれど、しっかり弦の上に弓を置いてから弾く。
弾いた後に弓を上に上げない。あくまでも肘で弾くイメージで、直線的に弾く。
● 6小節目は、「レ(E線)」を弾いた後に肘を下げない。続く音もしっかり弾けるように。

→ 以上の事を注意してさらに練習。(まだ次ページに進まないで良い)


今日のレッスンは、クロイツェルのエチュードで肘の高さの設定のダメ出しが入りましたが、
それ以外はビブラートがすべてでした。
まだまだできません。
薬指はまあまあ。押さえが甘くならなければ指の横揺れができている。
中指は押さえはまあまあできているけれど、指の横揺れ(弦に対して縦)ができていない。
人差し指は一番ダメ。横揺れができないし、押さえも甘く、音も幅も狭い。

一体全体どうなるのでしょ!  
 16分音符と8分音符以外にはすべてビブラートをつけること、と
無慈悲な指令。
できるようになるのかなぁー?  
ビブラートは音のアクセサリーなのに、つけない方が綺麗。そんな現状。
次回のレッスンは4月17日。 
私と師匠の都合が合わなくてかなり先のお約束になりましたが、
これを幸いと思って、それまでじっくりビブラートの習得に集中します。

エチュードは2番がようやく合格したので、次は3番。
ざっと見てみたら、これまた嫌らしいスラーと移弦がちらほら。
音程取るのが大変そう。 頭の中で音をイメージしながらゆっくり練習してみます。
肘にも注意!…っと。




↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2014-03-19 14:24 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 94回目


3月になりました。  家の周辺では梅の花がチラホラ咲き始め
寒くても確実に春が近づいてきてるんだな〜と感じます。

我が家では、夫(ホルン奏者)がかねてから憧れていた市内のオーケストラに念願叶って入団し、
さっそく6月の定期演奏会に向けて練習が始まりました。
隣り街の市民オケには在籍してます。でも
やはり自分が住んでいる市のオケに入りたい、と以前から入団希望を出していました。
しかし人員オーバーのため良いお返事がもらえずに何年も経ち…。
それが今年になってから幸運が続き、受け入れてもらえることになりました。
本人の嬉しそうな顔を見ると、正直羨ましい。
私も負けていられないなー! がんばるぞ!とますます気合が入ります。

ボウイング

● 今日は、弓先で音が抜けて、弓元で音が潰れたようになってます。
圧力をかけないでもっとゆったりと。

スケール/ 分散音(フリマリー 音階教本)

C dur :
● 音と音のつなぎ目を丁寧に。 なめらかに。
● 分散音は高音に向かって行く時は、クレッシェンドを心がけて。
● 綺麗に音が響いています。


エチュード  (クロイツェル  2番)


奏法11番(スラー&スラー);
● 4音目のために弓をたっぷり残しておく。
● 右肘をあまり上下させない。D線からA線に移弦しても肘の高さはキープ。
● ただボウイングをしている時のように弓を動かす。音の進みに左右されないように。

→ もう一度。

奏法37番(スラー&テヌート、テヌート&スラー);
● テヌートで、ダウン弓で弾く音はアップ弓で弾く音よりもしっかりと。

→ 合格。



「アレグロ」      by Fiocco (新しいバイオリン教本 3 )


● 出だしの音ははっきりと。
● D線の音をもっとはっきり出すと奥行きが出る。
● ダウン弓を少し強調してメロディを浮き上がらせよう。

→ 合格。


クロイツェル2番の奏法11番(スラー&スラー)に苦労してます。
淡々と美しく滑らかに起伏なく弾くのって難しい。
とにかく平らに〜〜〜って事です。
それがなかなか難しい。 でも平らなイメージを強く持って
また2週間練習します。
次回は 奏法39番も課題に加わります。

課題曲の方は、ようやく「アレグロ」が合格になり、
次は… 「エア・バリエ  パチーニの主題による」 です。
楽譜を見たかぎり、転調はあるし、ポジ移動がハンパない。フラジオレットもふんだんに。
そしてそこに普通にビブラートをつけろというご注文。
弾けるのだろうか〜〜。 またさらに山が高くなった感じ。
でも頑張って乗り越えなくちゃ。
4月の中旬に市内で活動するアンサンブルに入れてもらうことになっているので、
どんどん突き進まなくちゃ。


d0176951_15255741.jpg

編みました。バラの編み込み模様のセーター。

↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2014-03-06 15:29 | ヴァイオリン | Comments(2)