夢みる ヴァイオリン collages.exblog.jp

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 87回目


寒くなりました。 秋を飛び越えてまるで冬になってしまったような気温の今日このごろ。
空気も乾燥し、水仕事の後の保湿クリームが欠かせない季節。
今年の冬はいつにも増して寒くなりそうな予感。
12月が近づいてくると、なんとなく心が落ち着かず、
あれもこれもやらなくちゃ!と焦ったり。
でもそういう時に怪我をしやすいので、気をつけなければなりませんね。

さて、レッスンに行って来ました。

ボーイング

● D線の時に右肘を後ろに引いてしまう事が数回あったので要注意。
● 音はよく響いてます。

スケール/ 分散音(フリマリー 音階教本)

● ハ長調(C dur)スケール… 音がもっとつながるように。
 分散音… ポジ移動がもっと滑らかになると良い。 頂点の音はもっと響かせて。

→  引き続き練習を。

エチュード  (クロイツェル  2番)

● 全体をもっと淡々と、弓の量をもっと少なくして。
● 後半はポジション移動にともなって音程がずれやすいので注意。
● フィンガリングを数カ所変更。
● この曲は、E線からG線、そして1stポジからハイポジまで満遍なく使うが、
そのどの音も綺麗に弾くこと。 G線も綺麗に響かせよう。

→   引き続き練習を。

「ブーレ」 by Bach (新しいバイオリン教本3)

● 3小節目の重音+ トリルは、トリルの入れ方が遅い。
● 5小節目の重音はもっと思いきり良く。
● 全体に大人しく弾き過ぎ。前半はもっと溌剌と音量も上げて弾く事。
●  後半の短調になる部分はとても上手に表現できている。この調子で。
● 前半と後半の違いを出して、さらに細かいところでメリハリをつけて弾く。

→  もう一度。


今日のレッスンで師匠と話していてわかったこと。

今現在3冊の教本を使っていて、
特にエチュードはカイザーよりも内容もハードで曲も長いため
レッスンの中で何度か私に弾かせてしまうのは可哀想。疲れるだろうし…。
でも本当は数回弾いてもらいたいと思っていると。
さらにその後に課題曲もあるわけで、 そういう事を要求しても大丈夫かな?と。

なるほど、そういう風に思っていらしたとは!
以前「もう一回弾いてもらっていい?大丈夫??」と凄く心配そうに聞かれた事があったけれど、
教本がクロイツェルになって、ますます心配になったのかもしれない。

「大丈夫です。家で練習する時は、それこそ何回も何回も連続して弾いているんです。
そりゃ確かに細かいボーイングをすれば多少は右腕が疲れますが、大したことありません。
家で毎日毎日練習してる時の方がずっとハードにやってますもの!」

…と言い、この件は一件落着。
「わかった。 でも本当にヘトヘトになったら言ってね。

…  それにしても…   なんでそんなに練習するの?
とんでもなく練習しているということはすごくよくわかる。
こんなに練習する人、いないよ。」

これくらい練習する人はざらにいるとは思いますが。 とは思いますが…
だって練習しないと上手くならないもの。絶対に。
憧れのヴァイオリンを習い始めて、少しずつ弾けるようになって、
ようやくバッハだ、ヘンデルだ、ビバルディだって事になってきたのに、
ここでストップしてしまうのは悔しいもの。できるならもうちょっと上を見たい。
そうしたらもっと楽しくなりそうじゃない?
40歳半ばを過ぎてからヴァイオリンを始めた超レイトスターター。
それでもここまで弾けるようになるんだ!って自慢できるところまでは行きたい。
とにかく夢中なのね。ヴァイオリンに。
だから練習に辛さはありません。努力してる感覚もありません。
やっぱり  「努力は夢中に勝てない。」  って思うの。
 (努力してます!って感じの時よりも、夢中になってる時の方が大抵上手くいくし、
上達するってことらしい。)

あ、そうそう。
来年はどこかのアンサンブルに入れてもらって
活動を開始したいと師匠に言っておきました。 
自分で扉を開けちゃいました。

ビブラート頑張らないと〜〜〜。






[PR]
by collages1122 | 2013-11-21 15:40 | ヴァイオリン | Comments(4)

レッスン 86回目

11月になりました。
 各地から紅葉真っ盛りのニュースが聞こえてくる今日この頃。
湿度も気温も高過ぎず、低過ぎず、良い季節です。

連休中には夫の出身高校の管弦楽団OBによる演奏会があり、
夫はホルンで参加。 軽く100名を越える大人数での大迫力の演奏に、
ただただ感動。  みんなが心1つにして音楽を作り上げる素晴らしさと
そのエネルギーに圧倒されました。
心許せる仲間達に囲まれて夫は本当に楽しそうで嬉しそうで…。
こういう世界を持っていることが羨ましいです。
音楽をやっていて良かったね、旦那さま。
私も負けないように頑張りますよ。

さて二週間ぶりのレッスン!  

ボーイング

こもった音もなく、
とても音がよく響いています。 右の肘の使い方も良い感じです。

スケールと分散音

● ニ長調(D dur) … スケールは音程も安定していて音も綺麗です。
分散音では、ハイポジションが出て来ます。
3ポジからハイポジに移動する時には、親指を素早くネックの下に移動させ、
肘は内側にしてかまえる事が大切。 
 弦がハイポジの音を出すことに慣れていないので、
音を出す練習をじっくりしてみると良いかも。そしてがんばって弦を押さえましょう。

→  合格。

エチュード (篠崎教本3巻 No.24)

付点8分音符と16分音符で最初から最後まで構成された練習曲。
「タン タタン タタン…」と  よくあるリズムだけど、そこにスラーとスタカートが入ってややこしい。
でもあまりスタカートで音を止めないで、もっと自然に。
付点8分音符ではもっと弓を使いましょう。アップとダウンの弓の分量は同じにして。
16分音符は、32分音符くらいの気持ちで弾くと良い。
  自分の中では「ちょっと極端かな?」と思うくらいでちょうど良いと思って。
以上の事をふまえてもう一度弾いてみたところ、

→  合格。

ソナタ No.3 第二楽章  by Handel

● 出だしは音がショボくなりがち。華やかに始まりましょう。
● 9小節目の「 ド ミ レ シ ド ド」 最後の「ド」が長く強過ぎる。もっと軽く。
    同じようなフレーズが何カ所かあるので、注意すること。
● 20小節目 の「 ソ# 」の音程に注意。
以上の点に注意し、もう一度弾いたところ、

→  合格。


今回のレッスンは師匠の都合で朝だったので、
調子が出ないかも。大丈夫かな…?と思いながら出掛けて行きましたが、
秋晴れでカラリとした良いお天気だったせいか、アリシアの調子が絶好調でした。
それに助けられて私も調子良く弾くことができた感じです。
まあアリシアが絶不調の時でも同じように弾けなくちゃいけないのでしょうが。

タン タタン タタンのリズムに四苦八苦しながら練習してきたエチュードが
合格になり、ホッとしました。
で、これをもって「篠崎教本3巻」は卒業です。
もう4巻には行かず、 これからは、
スケールは「 フリマリー音階教本」 、 エチュードは「 KREUTZER クロイツェル」
曲は 「新しいバイオリン教本 3 」 でやっていくとの事です。

さようなら篠崎教本。お世話になりました。

ヘンデルのソナタは、とても勉強になりました。
同じ音符が2つ並んでいたとしても、その2つの音符を同じように弾いてはいけない。
スラーも音符も意味のない物はない。
だからその曲によってどのように表現するのかを考えて演奏する。
曲を作っていく事の楽しさを知ったような気がします。
でもどのように作っていけば良いのか
師匠に逐一おそわらないとわからない。

 師匠「 だんだんそういう事にも慣れて、わかるようになるから。
大体パターンがあるから。 今回はバロックなのでこういう感じで弾いたけど。」
なるほど。
もっと色々な曲と出会って行けば、表現の仕方がわかるようになるものなのですね。

次の課題曲は、
カレンツォの2番 と  バッハのブーレ です。

両方とも新曲なので譜読みが大変だ〜〜〜〜〜。
頑張らねば。


[PR]
by collages1122 | 2013-11-06 12:18 | ヴァイオリン | Comments(0)