夢みる ヴァイオリン


憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…
by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 79回目


先週の猛暑は殺人的でした。まだ7月の初旬だというのにエアコンをつけました。
この茨城の地に住んで27年になりますが、7月中にエアコンをつけたのは初めてかも。
それほど先週は暑かったのですが、
今週に入り、まるで天然のクーターの中にいるみたいに涼しい日々。
最高気温は25℃程度。
ああ〜〜楽!  ずっとこの涼しさが続いてくれたらいいのに。

…涼しいとヴァイオリンの練習にも気合が入ります。
何しろ楽器のご機嫌が良いですからね。

さてレッスンに行って来ました。

ボーイング

D線もA線も広がりのある音でよく響いています。
その感じでいつも弾けると良いです。

スケール

● ト長調… 音がつながるようになりました。音程もOKです。

→ 合格

カイザー練習曲 18番

● 前回注意したところはすべてクリアされています。
● 音質も良く、強弱のつけかたも完璧でした。
● 大変きれいに弾けていました。

→ 合格

メヌエット  by Beethoven

● トリルではもっと弓を使いましょう。
● 速度が早くならないように注意しながら、たっぷり歌って。

→ 合格

今日は全部合格。
とくにカイザーでは先生に絶賛されました。一生懸命練習した甲斐がありました。
嬉しいです。

さて、メヌエットが終わったところで、お約束のビブラートレッスン。
2の指をA線の5ポジに持って行き、弦につけた指先を中心に
弦の方向に合わせて上に〜下に〜。 ゆっくりやってもできない!
こ、これがビブラート?!  何これ〜〜!
「すぐにできるようにはならないから、焦らずゆっくり練習してね。」との事。
しかしあまり練習しすぎると、第一関節を痛めるから要注意ですって。

ポジション移動を最初に習った時も「何じゃこれ〜〜?」と思いましたが、
ビブラートはそれ以上でしたわ。
でもヴァイオリンをやってる人なら必ず通る道。そして皆できるようになってる。
私もいつかできるようになるのかな? がんばろうっと。

新しい課題曲は、
カイザー16番。 スラーで綴るレガート奏法の特訓になりそう。
そして、いよいよでございます。
誰もが知ってるヴァイオリンの名曲 ビバルディの「コンチェルト イ短調」
こんな立派な曲をやるようになるなんて感無量。
師匠の「この曲は大変だよ。ボーイングもいやらしいし。」というお言葉に
一瞬ひるんだものの、
絶対に乗り越えるわ!という闘志がわいてきました。
とりあえず、まずは譜読み。がんばります。



[PR]
by collages1122 | 2013-07-19 15:12 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 78回目

今日から7月!  もう一年の半分が終わってしまったんですね。
早いわーー!  この分だと あっという間に一年が終わっちゃう。
色々な事、がんばらないと。

それにしても、梅雨のわりには雨が少ないような。
夕方にはちょっとひんやり。 だから、まだ全面的に半袖を着るのはためらう。   
 そして… 紫陽花が見頃。 

さてさて、レッスンに行って来ました。

ボーイング

● 今日はD線の時に、少し肘が上がり過ぎている。注意しましょう。
● A線はとても綺麗です。

  私が未熟なため、ボーイングの型がまだまだ定まっていないのかな。
ちょっとした事で微妙に変わってしまう。
レッスンの時に先生にチェックされ、直してもらう度に情けなくなる。
 まだこんな事を注意されるなんて、いかがなものか!と思ってしまう。
 しかし先生は「まああまり深く考えないでいいよ。注意したって直らない人の方が
多いんだから。私がかなりしつこく言ってるだけで、普通の先生はここまでしつこくしないから。」
って言ってくださる。
でも本当にボーイングを毎回チェックしてもらって、直してもらうと、
音が違うんですよね。 響きも違うし、鳴りも違うし、何より音が抜けない。
やっぱり先生って凄いわ。

教   本

スケール  ト長調

● 小指にはできるだけ薬指を添える事。
● E線では怖がらずに思いきり響かせて。
● よくつながっています。綺麗です。

→  さらに練習を。

 カイザー練習曲 18番

● 全体に焦って弾いているように聴こえる。早くならないように淡々と。
●小指に薬指を添えて。
● 大きな移弦があるところは、肘をたっぷり使って。
移弦がある前の音は焦らずに、しっかり弾くこと。そのために多少ゆっくりになってもOK。
● 淡々としながらも、強弱をつけて、曲調が感じられるように。
● 和音は一度弾いたらそのまま伸ばす。途中で力を入れてはいけない。

→  もう一度。

 メヌエット  by Beethoven

● 3小節目の「ミ〜シド〜」は、肘を思いきり使って抑揚を出して。
● 7小節から8小節目にかけての「 ラソ  ソファファラソミレ」  のところで
「ラソ」 → ボジ移動「ソファ…」 がスムーズにできるように指の差し替えをすること。
● 10小節目の「 レソソーファーソーラー」 の部分は思いきり歌い上げるようにたっぷり弾く。
● 後半のTrioは 可愛らしく弾けています。 その調子で。

→   もう一度。


今回は合格なし。
カイザー18番は初回でしたし、弾き方を細かく指導してもらってから
もう一度丁寧にやりたいと思っていたので、
今日いろいろと教えてもらえて良かったです。特に大きな移弦(E線→G線)の
やり方がしっかりわかりました。収穫〜!

メヌエットはちょっと自信があったので合格できず残念!
譜面通りに弾くだけじゃなく、曲調を考えて1つの曲として魅力的になるように弾く、
という事を要求されました。  
そうしたいと思いながら毎日練習しているのですが、
なんとも技術がともなわず、悔しい気持ちをかかえているのです。
「例えば、ここはもっとドラマチックに弾いたら素敵だろうな。ここは
可愛くキラキラした音で弾いたら…と思うですが、なかなかできないのです。」
などなど先生にお話したら、
「そう思うことが大事。こういう風に弾きたいって思えるのはすごい事よ。
イメージがあれば弾けるようになるから。あとは思いきりが必要。」と。

よし、がんばろう。
頭の中で曲のイメージを膨らませて、それに近づけるように。
もし変な事をしていたり、技術が間違っていたら、先生が注意してくださるから、
私は思いきりやってみようっと。

師匠 爆弾予告…
   「次回、メヌエットがクリアするでしょ。そうしたらビブラートを始めましょう。」



[PR]
by collages1122 | 2013-07-01 21:21 | ヴァイオリン | Comments(0)
メモ帳
茶菜です。
2010年7月(46歳)からバイオリンを習い始めました♪
それまでは触った事もありませんでした。
(ピアノは3歳から16歳まで習っていました。)
「篠崎教本」(2巻11年6月〜12年10月。3巻12年9月〜13年11月)。篠崎3巻が終わった後、「フリマリー 音階教本」「KREUTZER」「新しいバイオリン教本3」。14年8月から「新しいバイオリン教本4」。
愛器は1914年に生まれたドイツ製の「レイチェル」。この楽器を相棒に一生懸命頑張ってまいります。歌自慢のヴァイオリニストを目指して。

弓は11年12月に買い替えた、リヒャルト・グリュンケです。
カテゴリ
最新の記事
レッスン 167回
at 2017-12-04 16:54
レッスン 166回
at 2017-11-20 17:58
レッスン 165回
at 2017-10-30 16:39
レッスン 164回
at 2017-10-13 16:47
レッスン 163回
at 2017-09-25 15:52
以前の記事
最新のコメント
> もん坊さん はじめ..
by collages1122 at 17:10
はじめまして。今エックレ..
by もん坊 at 10:49
> あみさん こんにち..
by collages1122 at 17:41
こんにちは。 おひさし..
by あみ at 14:18
> odaさん こんに..
by collages1122 at 16:36
レイチェルさん こんにち..
by oda at 13:25
あみさん こんにちは。..
by collages1122 at 17:07
こんにちは。 私も1月..
by あみ at 14:33
> あみさん コメント..
by collages1122 at 17:17
こんにちは。 ..
by あみ at 13:03
最新のトラックバック
ライフログ
検索
フォロー中のブログ
タグ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧