<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 71回目


春をすっ飛ばして初夏に突入してしまったような今日この頃。
東京ではすでに桜が見頃とか…。 さすがにここ茨城北部ではまだ咲いてませんが、
本日水戸で開花宣言がありましたので、時間の問題。
こんなに早いのは、私が覚えているかぎり初めてかも。
風の強い日も多いです。
体調に気をつけてまいりましょう。

さて、レッスンに行って来ました。
前回の時、先生の体調が悪そうだったので心配していましたが、
今日はお元気そうでした。良かった。

ボーイング

綺麗に音が響いています。肘の角度や腕の使い方などもOKです。

教   本

No.38〜40

● 一音目をもっとはっきり弾くこと。
● 綺麗にまとまってはいるが、もっとつなげて、もっとレガートに。
● 弓の分量が多く、弓の速度が早過ぎる。もっとゆっくり。かといって音量は下げないこと。
● 音程に注意。(今日は下がり気味だった)

→ もう一度。


 セレナーデ by  Haydon

● 出だしの「ミファソミド」に注意。 「ミファソ」よりも「ミド」が大きく聴こえるので、改善すること。
●ちょこちょこ出て来る16分音符はもっと短く、キリっと弾くこと。
● 全体的に弓の分量が多過ぎる。8分音符などは弓三分の一位の分量で、
淡々と弾くこと。
 
→ もう一度。

Kayser 15番

●スタッカートのやり方はOK。 綺麗に弾けています。
● 装飾音符はどれも一定の強さと弾けると良いのだが。薬指のパワーが足りないように思う。
● 装飾音符の音程にも注意。

→  もう一度。


今日はスッキリしませんでした。
レッスン直前練習ではかなり良い感じに弾けていたのに、
いざレッスンで弾いたらボロボロでした。 
今日こそはと思っていたNo.38〜40もまたまたもう一度。これ、去年の10月からやってます。
どうにも苦手。 そして先生が絶対にあきらめてくれない。
「大体出来てるのでもういいわ。OK」ではなく、
「大体出来てるけど何かが足りない。もう一度やってきて。」となる。
先生が大満足してくれるようにこれが弾けたら、すっごく基礎力がつくような気がするけど、
今はなんだか辛い。またこれを2週間がんばるのか…とほほ。

セレナーデはけっこう自信があったのですが、出だしでコケて、
その後は節操なくなり、音程も不安定になり、先生は苦笑って感じ。
まいったー。

カイザーは、まだ一回目なのでこんなものかな。
スタッカートは悩みながら練習して行ったので、すごく褒められたのが意外。
「こんな感じでいいんですか?」
「いいよ〜。素晴らしい。」って。
装飾音符は私のひ弱な薬指と小指がモタモタしちゃうので、少し指を鍛えなくちゃ!

早く進んで、いろいろな曲を弾いてみたい。
しかし今は我慢の時なのかな。ここをいつか抜けられる?
けっこう長いトンネルに落ち込み気味。 モチベーションが下がってきたよ〜〜〜。
(その程度の事でへこたれるなんて甘い! という先輩達の声が聞こえてきそうだ)

[PR]
by collages1122 | 2013-03-21 16:49 | ヴァイオリン | Comments(2)

レッスン 70回目

今日は70回目のレッスンです。 もうこんなに先生のお宅に通ったのだな〜と思うと
びっくりします。 これからも100回、200回、300回を目指して頑張ります。

花粉の飛散がピークを迎えています。と同時に中国大陸から黄砂とPM2.5も。
目がベタベタとして涙が出たり、クシャミ連発だったりと
それなりに症状が出ております。 気温も急に上がり、なんだか眠くてダルい…。
そんな中、レッスンに行ってきました。

ボーイング

この二週間、徹底的にボーイングの練習をした成果があったようで、
弓の先から弓の根元まできっちりと音が出るようになりました。
先生からも「音量も上がりましたね。  とてもよく響いています。」と。

教 本

 No.38 〜 No.40

とても綺麗にまとまりました。全体がレガートでつながり、良い感じです。
しかし、小さくまとまっているような気がするので、 もっと伸びやかに、
音の共鳴を意識しながら弾くと良いです。
今後は、全体を通して練習するのではなく、共鳴する音をピックアップして
楽器が良くなる場所を徹底的に探す練習をしてみてください。
それによって楽器の鳴りがどんどん違ってきます。楽器を育てるのです。
そういう意識で。

→ とりあえず要練習らしい。

 No.44

手の移動が自然になってきました。

→  合格。

 No.13 カイザー練習曲 13番

スラーになっているところは、もっと明確に弦を指で叩くような感じにしないと、
あやふやな音になってしまうので注意。
あとは綺麗に弾けています。音程もOK。

→ 合格。

 「セレナーデ」 by Haydon

● 出だしの「ミファソ」ははっきり明るく弾きましょう。
●各所にある16分音符を軽く。 
● 14小節目の「シララソ」 は、一弓で弾くので、間を切ったように弾かないこと。
● ハーモニックス(フラジオレット)は、その時になったら手をパッと開いて、小指の腹が
かすかに触る程度にする事。 そして綺麗に響かせましょう。

→ もう一度。


少しずつでも前に進んでいるのかな。
3ポジへの移動も以前に比べて焦らずできるようになりました。
でもまだまだ音程が甘い。 丁寧に、色々な注意点を意識して練習する事が大事ですね。

さて、次の新課題は、

「そろそろまたスケールもきっちりやっておこう。」ということで、
3巻の一番前に載っているスケール集の中からロ長調をひとつ。
カイザー練習曲15番。 これは装飾音符のてんこ盛りで苦戦しそうです。
それから、ひきつづきハイドンのセレナーデです。

ジワジワと進んでいる感じが嬉しいです。

セレナーデは2週間がんばって練習したけれど、曲中に出て来るポジ移動に
まだまだ萎縮している感じがあるので、それを克服し、
次回は是非合格をもらいたい。

d0176951_1784569.jpg


最近編んだ「アラン模様のジャケット」です。


[PR]
by collages1122 | 2013-03-07 16:49 | ヴァイオリン | Comments(2)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122