レッスン 63回目

もうすぐ12月。 寒くなってまいりました。
セーターを着て、ストーブをつけ、湯たんぽも出動。 冬ですねぇ。

先週の23日に、TwitterやFacebookで知り合ったヴァイオリンの仲間達と
新橋でアンサンブル練習会をしました。

今回やってしまった失敗は、間違えて楽譜をダウンロードし忘れ、違う楽譜を一生懸命練習して行った事。
いざ弾く時になってそのことに気付き、どっひゃ〜〜〜!
楽譜を余分に用意されていた方からお借りして、なんと初見で弾きました。
「主よ 人の望みの喜びよ」と「カノン」です。すごい集中力だったと我ながら思います。
知ってる曲だから初見でもなんとかなりましたが、これが知らない曲だったら絶対無理。
次回からは気をつけよう!  楽譜の取り扱いなども含めて、きちんとヴァイオリンに向き合わないと!
と深く反省いたしました。
楽譜を貸してくださった方、ありがとうございます。

そういう事もありましたが、とても楽しく充実した時間を過ごし、
ますますヴァイオリン愛が強くなった今日このごろです。

さてと、今日は雨の中、レッスンに行きました。

ボーイング

今日は今までで一番、びっくりするくらい、音が良く響いています。とくにA線!
いつもはD線は良く響いていても、A線はちょっとショボイかな?ということが多かったのに、
今日はどうしてでしょう?何が違うのでしょう?とにかくホントに音が綺麗です。
(温度と湿度が良い感じだったのでしょうか?)

教     本

 No38, No39, No40

音が安定して出て来るようになりました。まだ若干音程が定まらないところがあるので、
引き続きレガートで練習してください。
この3曲は、サードポジションのウォーミングアップとして、練習の前に必ずやると良い。

 No44〜47

手の形と、サードへの持って行き方はかなり良くなってきている。
もう少し装飾音符がきちんと聴こえると良いのだが。 
これは引き続き練習すること。

No60 「荒城の月」

サードポジションに上がる時に、1の指を基準にすること。それが大事。

→   もう一度。

No61「シシリー民謡」

ポジション移動と移弦が重なるところがある(D線のラシラシ→ A線のド)。
この時の指使い(2個目のシを3の指で弾く時に、1と2の指は弦から離れ、A線の上に来ている)
を練習すること。

→   もう一度。

No 65 「ホームスィートホーム」

ポジ移動する時に、上がる時はとてもスムーズにできているのだが、
下がる時に親指が下がり切れていない。

→  もう一度。

「愛のあいさつ」

時間切れ。 次回しっかり見てくださるとの事。



まだまだポジション移動をマスターするまで時間がかかりそうです。
これができるようになれば、またステップアップできるのだろうな〜。
頑張るしかないですね。

しかし、新しい技術をマスターするには、
練習にもすごく時間がかかるけれど、レッスンも時間がかかる。
今日は1時間以上かかりました。  先生はその間、全力で見てくださる。
ありがたいです。
先生の熱心なご指導に応えたい!と私も頑張るのですが、
なかなかマスターできず悔しいです。     次こそは!

で、合格がなかったのに、課題曲は増えまして、
「愛するものはみよ」 も練習して行かねばなりません。
もういっぱいいっぱいなんですけどーーー。


d0176951_1622930.jpg


イタリアのフィレンツェ に行きました。
[PR]
by collages1122 | 2012-11-26 16:03 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 62回目


秋が深まってまいりました。庭の樹々が赤く色づいて、ちょっぴりセンチメンタル。
そんな中、10日間ほどイタリア旅行をして来ました。(*゚ー゚)v楽しかった。
当然アリシア(私のヴァイオリン)はお留守番。
こんなにヴァイオリンの練習をお休みしたのは初めてでしたので心配でした。

帰国した時、手にしたアリシアはよそよそしくて、すねたような音。
響くけれど、ギラギラしたような、脳天に響くようなじゃじゃ馬的高音で、驚きました。
ヴァイオリンってやはり毎日弾いてあげないとダメなんだな〜と実感。
それから三日間、ひたすらボーイングを丁寧に丁寧にして、スケールもじっくりやって、
少しずつアリシアのご機嫌も戻り、
今日のレッスンで先生に少し弾いていただき、完全にもとの可愛いアリシアさんが復活してくれました。
良かった良かった。

練習不足がハンパないですが、レッスンに行って来ました。

ボーイング

弓の速度が少し速い。 もっとゆっくり弾いて響きを確認しましょう。

教    本


● No,44  45 46

ポジ移動する時に、ズズーーーっと移動するのではなく、飛びつくようにする事。
親指は常に一緒に移動する事。
装飾音符も含めて音程に気をつけて。

→ これはポジ移動の基礎なので、継続的に練習すること。

● No,42

ゆっくり弾いて音程を安定させる事。

→ 合格。

● No,38 No,39 No,40

前回よりかなり音質が良くなりました。響くようになりました。
まだ音程がふらついているような箇所もあるので、確認すること。
ボーイングが大変綺麗です!!

→ もう一度。

「愛のあいさつ」

ボーイング、指使いで変更あり。
3ポジ強制的はさみ込み 。  汗


いくらか3ポジにも慣れてきたかも。
でも、一曲の中でファースト行ったりサード行ったりするようになってきたら、
頭が混乱しそう。
次の宿題が、そういう曲なんです。「荒城の月」「シシリー民謡」「ホームスィートホーム」。
曲自体は簡単だけれど、1→3 ,    3→1 が連発されていて、できるか不安。
「慣れだよ。すぐに慣れるよ〜」と師匠はおっしゃるが、
果たしてできるようになるのか?

来年の1月3日に従兄弟の披露宴で弾く「愛のあいさつ」は、
少し弾きにくいところがあるということで、ボーイングと指使いが変更になり、
たぶん弾きやすくなるだろうな〜。と思ったら、
「ここは3ポジで弾いてみて」と、いきなりのハードルアップにうろたえる私。
「その方が絶対に綺麗に弾けるから〜〜」…と言われましても、
ううう…今の私には高い壁だ。

早く慣れなきゃ。
3ポジでは どの音がどこであるか、まだ頭で考えないと出てこない状態。
それが感覚的に、何も考えずに弾くことができるように、早くなれるといいな。


d0176951_17182062.jpg


ヴェネチアのリアルト橋から運河の夕焼けを眺める。
[PR]
by collages1122 | 2012-11-12 17:22 | ヴァイオリン | Comments(0)