夢みる ヴァイオリン


憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…
by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 59回目


暑さ寒さも彼岸まで。と昔の方は言いましたが、
ようやくお空もその事を思い出してくれたようで、 かなり涼しくなってきました。
今日の外気温は最高でも24℃。
夜になると肌寒いくらいです。  秋ですね〜。

さて2週間ぶりのレッスンに行って来ました。

ボーイング

弓の先から元まで音質が変わらないように、角度と速度を一定にすること。 
綺麗に音が響いています。 

教      本

スケール

ト調長音階… とても綺麗に弾けています。(とくに注意なし)

カイザー練習曲 12番

●右肘の角度を高めに設定し、その状態であらゆる音に対処すると、右手がバタバタしているようには見えず、ボーイングで焦ることもない。
●スラーでつなげていく曲なので、小節の最後の音のためにできるだけ弓を残しておくこと。
そうする事によって次への引き継ぎが上手くいくようになる。
●左手は、4の指にできるだけ3の指を添えてあげるようにすること。
以上の事を注意しながら先生の前で何度か弾いて、最後に通しで弾いて、

→   合格。

学生協奏曲  第5番   by Seitz

●勢いがあってとても良い。
●とくに注意はなし。

→    合格。



学生協奏曲第5番は、7月23日からやっているので、約2ヶ月。
前回のレッスンの時に、先生に思いきり 「飽きたー!」と言ってしまったので、
先生も気になっていたようで、
今日のレッスンの開口一番 「第5番、今日はみっちりやって、終わらせようね!」と。
でもみっちりやることなく、OKが出ました。

私が弾き始まったら、先生もすぐにご自分のビオラを手に取り伴奏をつけてくださり、
一回弾き終わった時点で、「 もう一度やろう」と。
二回目を弾き終わったところで先生がニコニコしながら
楽譜に大きな丸をつけてくださいました。 やった〜〜〜!
「私は今すっごく楽しい。おほほほほほ…」と先生は上機嫌。

この二週間、楽譜を徹底的に見直して、苦手な部分の反復練習をひたすらし、
鏡を見ながらボーイング、弓の量などをチェックしながらの練習。
16分音符の早いパッセージのために、
カイザー1番を全部16分音符で弾く練習を毎日やってみたりして、
とにかく通しで弾くよりも、部分ごとに弾いた日々。それが良かったみたい。
昨日 久しぶりに通しで弾いてみて、かなり良くなったな〜と自分でも思ったので、
それがレッスンでも出せて良かったです。嬉しい。

で、いよいよ教本2巻の最後の曲 「学生協奏曲第2番」 が次の課題曲です。
これも長くかかるかもしれないけれど、まあ焦らずゆっくりやりましょ。

そして、ついに、 篠崎教本 第3巻に入りました。

3巻 P.60の ポジション移動 (サードポジションへの移動)の仕方を今日習ったので、
それをしっかり練習してくること。

ポジション移動…  ついにここまで来た!という感じです。
頭がこんがらがりそうですが、一日も早く慣れたいと思います。がんばりまーす。


d0176951_14544925.jpg


羊毛で作った羊さん。


[PR]
by collages1122 | 2012-09-24 14:55 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 58回目

9月になりました。 しかしまだまだ暑い。
湿度も高い。 今頃になって夏バテ気味です。
汗をかきかきヴァイオリンを弾くのは嫌なので、練習の時にはクーラー必須ですね。

さてさて2週間ぶりにレッスンに行って参りました。

ボーイング

弓先から弓元まで均一の音色であるように。
G線は、弓の角度が途中で変わらないように気をつけること。(肘を上げすぎないように注意)

教     本

スケール

ト調長音階;
 弓を返す時に焦らないこと。  G線をよく響かせて。

カイザー練習曲  12番

● 全体が綺麗につながって聴こえるように。
●フレーズごとに考え、音の強弱がつくようにしよう。 クレッシェンド、ディクレッシェンド…
●移弦が多いのに、その準備(右手の)が遅い。流れるように弾くには準備が大切。
●肩と肘は高めに設定。その方がスムースに移弦ができるはず。
以上の事をふまえて、

→   もう一度。

学生協奏曲   by Seitz

●16小節目からの3連符は、弓の中央付近より下目で弾いた方が弾きやすい。
弓先の方へ移動して行かないように注意すること。
●35小節目に出て来る「ララーーー」は弓元から思いきり。
●ソ#の音程のつめが甘い。
●後半の速いパッセージは、これもまた弓の中央付近で弾く事。弓の量は少しで良い。
力を入れてガシガシ弾くと、音がつぶれたようになるので、できるだけ力を抜いて
手首で弾くようにすると良い。
後半は大きめの音で弾いてほしいが、弓の量を多くして音を大きくするのではない。
圧力をかける。 しかし力は入れてはならない。難しいけどがんばって。
以上をふまえて

→  さらにもう一度。



今回は2曲とも、練習の成果が出せなかった…  のではなくて、
練習の時から、こりゃアカン!状態でした。
カイザー12番は、さほど難しいリズムも音程もないけれど、スラーを使って
いかに美しく、途切れなく、綺麗な音色で弾くかがとても難しく、
先生に今日教えていただいた事で、練習の方向性が見えてきた感じ。なので
納得の「もう一度」。

そして学生協奏曲第5番は、3回目の「もう一度」に少々凹みましたが、
これで良し!とは言える程度になっていない、と自分でもわかっていたので、
仕方ありません。
弾けば弾くほど、新たなるチェックポイントが出て来る曲。
3巻に行く前に、これだけはできるようにしておいてね、という要素が満載なので、
今までの総復習と思って、もっともっと練習するしかないですね。

しかし3回目ともなると、6週間以上これを練習しているわけで、そろそろ飽きた…。
先生に
「もう、飽きたーーー! (≧д≦)」  と泣き言を言ってしまいました。
「だめーー! もう一回やって来いっ!」
「うえぇ〜〜〜〜ん」

絶対次こそは!!!  


[PR]
by collages1122 | 2012-09-10 16:00 | ヴァイオリン | Comments(0)
メモ帳
茶菜です。
2010年7月(46歳)からバイオリンを習い始めました♪
それまでは触った事もありませんでした。
(ピアノは3歳から16歳まで習っていました。)
「篠崎教本」(2巻11年6月〜12年10月。3巻12年9月〜13年11月)。篠崎3巻が終わった後、「フリマリー 音階教本」「KREUTZER」「新しいバイオリン教本3」。14年8月から「新しいバイオリン教本4」。
愛器は1914年に生まれたドイツ製の「レイチェル」。この楽器を相棒に一生懸命頑張ってまいります。歌自慢のヴァイオリニストを目指して。

弓は11年12月に買い替えた、リヒャルト・グリュンケです。
カテゴリ
最新の記事
レッスン 167回
at 2017-12-04 16:54
レッスン 166回
at 2017-11-20 17:58
レッスン 165回
at 2017-10-30 16:39
レッスン 164回
at 2017-10-13 16:47
レッスン 163回
at 2017-09-25 15:52
以前の記事
最新のコメント
> もん坊さん はじめ..
by collages1122 at 17:10
はじめまして。今エックレ..
by もん坊 at 10:49
> あみさん こんにち..
by collages1122 at 17:41
こんにちは。 おひさし..
by あみ at 14:18
> odaさん こんに..
by collages1122 at 16:36
レイチェルさん こんにち..
by oda at 13:25
あみさん こんにちは。..
by collages1122 at 17:07
こんにちは。 私も1月..
by あみ at 14:33
> あみさん コメント..
by collages1122 at 17:17
こんにちは。 ..
by あみ at 13:03
最新のトラックバック
ライフログ
検索
フォロー中のブログ
タグ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧