<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 57回目

d0176951_1558130.jpg


8月の最終週だというのに、暑さがまだまだ続きます。猛暑です。

間にお盆があったので、今日は3週間ぶりのレッスンでした。
先生は「夏バテでダウンしちゃったの」とおっしゃってましたが、
見たところとてもお元気のようで、 今日も楽しいレッスンでした。

ボーイング

久しぶりのレッスンなので、 G線からE線まで、たっぷり時間をかけてボーイングのチェック。
最初は少し弓先で音が抜けるような事がありましたが、弾いてるうちに解消。
よく響いています。


教 本

スケール

●ト調長音階
●ニ調長音階
移弦の時にもう少しスムースに移動し、音がもっとつながるように。
音はよく響いています。

カイザー練習曲 11番

G線をふんだんに使うこの曲。かなりG線の練習になったと思います。
●ダウンをもっと意識して弾くとバランスが良くなるはず。
●左手中指と人差し指、 中指と薬指。この2本の指をつけるべき時はつけて、
離す時は離す。 これをしっかりやること。中指が中途半端に寄ったり離れたりしていると
音程が決まらない。
さらに2本の指の指先だけくっつけて第二関節は離す、というトレーニングをした方がいいかも。
早いパッセージになった時に、第二関節が密着してると動きを妨げる可能性があるので。

しかし、とりあえず綺麗に問題なく弾けています。

→   合格。

 学生協奏曲     by Seitz
 
●出だしの「レーーラーー」は、ラの音も強く押し出すように弾く。
●♯や♭がついている音符。もっとはっきりと半音上がったり下がったり弾いて欲しい。
(ソ#が全体的に低い。 )
●16小節目から始まる3連符は、一音目にもっと弓をつかって。
軽く、しかしゆったりと。
●35小節目の、装飾音符がついた「ラ」 は、 根元から弾いて「ララーー」とはっきりと。
● 後半の16分音符の嵐のところ。今日はそこにきたら急に早くなった。焦らず、
もっと音量をあげて、たっぷりと弾いてほしい。
●一音目をしっかり弾く。その音がよく聞こえ、よく響くように。
細かい事をチェックし直して、すっきり弾けるようにがんばって。
…ということで、
→     もう一度。



今日は合格もらえるかも?と思っていた学生協奏曲。
でも先生の目から見ればあちこち穴だらけ。チェック箇所いっぱい。
先生いわく「このくらい弾けていれば充分なのかもしれないけれど、
この曲に関しては、私しつこいの。とことん弾いてもらう。」だそうです。
今までの練習で飽きるほど弾いたけれど、(実際飽きた)
もう少し、何かが足りない…何を直せばいいんだ?と思っていたところが、
今日のレッスンでわかったので、それをふまえてさらに練習すれば
やっと仕上がるという感じでしょうか。
まだまだお付き合いが続くのね。

カイザー11番は合格できて良かったです。G線てんこ盛りの曲だったので
最初は辛かったけれど、だんだん慣れてきて、G線がこわくなくなったのが収穫。
G線の音が好き。

次は、カイザー12番。篠崎教本2巻の最後のカイザーです。
なにやら難しそうだけど頑張ります。
学生協奏曲は次回の合格目指して、しっかりやります。


*画像は軽井沢の雲場の池。 8月17日〜19日に行きました。
[PR]
by collages1122 | 2012-08-27 15:48 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 56回目


今日は久しぶりの雨…。ずっと高温のカラカラ天気が続いていたので、
庭木が嬉しそうです。
人間は、この蒸し暑さにまいっちゃいますね。
しかし、
連日ロンドンで繰り広げられているオリンピックにおける日本選手たちの清々しい闘いぶりを見ていると、
私もがんばろ〜〜!もっと頑張れるはずだ〜〜〜!と
熱い想いがこみ上げてまいります。

さてレッスン!

ボーイング

今日はなぜかD線の時に右肩が下がっている。肘と肩の高さをしっかりキープすること。
A線では、ダウンの時、弓の先になった時に、肩が下がり、音が二段階に聴こえてしまう。
(先生にこの指摘を受け、肩に注意して弾いたら、音が格段に良くなりました)

ボーイングは基礎中の基礎。篠崎教本2巻がそろそろ終わろうというこの時になっても
いまだにボーイングに指導が入るのは情けないと思いますが、
毎回必ずチェックしてくださる先生に感謝。


教   本

スケール

ハ調長音階… 丁寧に綺麗に弾けています。

カイザー練習曲10番

この曲は、3本の指は始めから弦を押さえておいて弾き始めます。
ボーイングは、例えば、G線の角度に肘を固定しておいて、G線〜D線〜A線の音を肘から先だけを
動かして弾く…という感じにすること。

苦戦しました。特に3本の指を3本の弦の上におき、同じ強さで押さえるという技ができなくて、
どうしても指の腹のぷよぷよした肉が隣りの弦を触ってしまう…。すると
雑音のような音になってしまう。
もう、キィィィィィ〜〜〜〜〜と毎日なりながら練習し続けていました。
すると少しコツがつかめたのか、慣れたのか、レッスン直前練習では良い感じでした。
ボーイングの肘角度設定はもともとあまり苦手ではないので、
レッスンでは左手に集中して丁寧に弾くことにつとめました。
その結果、
「できないできない、って言うけど、大丈夫だったわよ。」と先生。
「この曲は右手のスムースなボーイングを練習するための曲だから、
左手はこのくらい弾けていたらOKです。」 との事。
良かったーーー。

→  合格。

「学生協奏曲第5番」 by Seitz

● 16小節目からの3連符は1音目にアクセントをつけて、軽くなるように弾いてみよう。
● この曲は全体に「♭」「♯」 「ナチュラル」 が多用されている。それらをきちんとしっかり弾こう。
●16分音符の嵐に突入したら、力を抜いて、手首をゆるめて。 弓の量はもっと少なめに。
● 全体のテンポと ボーイングは大変よろしい。

→  もう一度!


カイザー10番… こんなに苦戦したカイザーは初めて。
いまだかつて無いくらいの完成度の低さでレッスンに行かなければならない…と
思っていたのですが、意外にもまあまあ弾けて、
合格をいただくことができてすごく嬉しいです。
でも「私ってこういうのが苦手なんだわ」というのがわかってしまったという気も。
3本の指で3本の弦を同時に押さえたり、 1本の指で2本の弦を押さえたり。
こういうのが苦手なのだ。この先これで苦労しそう。

学生協奏曲は、今までやってきた事の集大成的な曲で、
曲調が美しく、練習しててもとても楽しい。
私ったらヴァイオリンを弾いてる!こんなに弾けるようになってる!というのが実感できて、
最高。
次回には合格がもらえそう。  …かな?
仕上げ、がんばります。

先生「そろそろ用意しておいてください。 3巻を。」

私  「はぁーいっ♪ヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚☆」  キターーーーーーー!

とっくに買ってありますけどね。うふふ




[PR]
by collages1122 | 2012-08-06 15:24 | ヴァイオリン | Comments(2)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122