夢みる ヴァイオリン collages.exblog.jp

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 45回目


レッスン  45回目

2週間ぶりのレッスン。
その間にさまざまな事がありました。
17日に義父が亡くなり、23日にお通夜、24日に告別式。
悲しみを感じる間もなく、長男の嫁として慌ただしく過ごした2週間でした。
そんな中で時間を見つけては練習していたヴァイオリンですが、
やっぱり練習不足。
先生にその事を正直に言ったところ、
いつもよりも、さらに丁寧にボーイングから見てくださり、
ありがたかったです。

ボーイング

音が均一にきちんと響くようにするために、
楽器をもう少し中に構えること。
弓先に行くときに、背中の肩甲骨あたりをそらし、楽器の表面が平らになるようなイメージにする。
(決して楽器を身体の外へ移動させない)
少し難しいかもしれないが、より良い音の響きを目指して頑張ってください。

教 本

スケール
スケール 「ハ調長音階」
綺麗につないでます。この音階の練習はしばらく続けてください。

カイザー練習曲 1

レガート 
だいぶ良くなりましたが、気をぬくとアップの方が元気になってしまいます。
なので、ダウンをもう少し元気良く弾いてください。

16分音符
弾いているうちに早くならないように。移弦する時に、その前の音をはしょらないように。
右手は小指と薬指をはずして手首をきかせて弾く。

8分音符(スラー&スタカート)
スラーとスタカートがひとまとまりになって、輪のようになるイメージで。
パキパキ切らないで良い。 まとまり良く。

8分音符と16分音符
8分音符に弓を使いすぎないように。16分音符2コは 強さも弓の量も均等に。

カイザー練習曲 3

教本だと4小節目までスカカートがついているが、
それはしなくて良い。 
カイザー1でやっている「8分音符と16分音符」の弾き方で弾くこと。
小節の第一音目を少し強めに弾く事。そうしないと、
曲のリズムが「タータタ」か「タタター」かわからなくなる。
16分音符は淡々と均等に弾くこと。

…というわけで、今回は合格なし。o(;△;)o




今日のレッスンは、カイザーのリズムヴァリエーションを、
このリズムはこうやって弾く。こんなイメージで弾く。 
ということを教えていただいたので、
細かかったですが、「なるほど!」と思うことの多いレッスンでした。
自分なりに練習していって、 先生に直していただく、という感じが
わかりやすくて良いですね。

先生曰く 「もう充分に弾けてるのよ。だから、
  私、重箱のすみをつつくような事を言ってるの。
大人の生徒さんにここまで厳しく言う先生は
 あまりいないかもしれない。ごめんね、なかなか丸をあげられなくて。」

私も丸がもらえず帰宅する日は少々寂しい気持ちになりますが、
次へ進むために必要な事だと思っているので、気にしません。
それよりも、先生に「こう弾いてみて」と言われたことができるのか、
早く家で試してみたくてたまらず、急いで帰宅してすぐに練習します。

さてと、また2週間。がんばろ。


[PR]
by collages1122 | 2012-02-27 15:50 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 44回目


レッスン  44回目

まだまだ寒い!  なのに、裏山の杉林は赤茶色に色づいてまいりました。
来るゾーーー! そろそろヤツらが飛ぶぞーーーーー!
っていうか、もう飛んでるかも。  目がちょっとゴロゴロしてます。
暖かくなるのは嬉しいけれど、
花粉症持ちの人にとっては、嫌な季節の到来ですよね。

さてさて、レッスンに行って来ました。
相変らず可愛い黒ラブのラブちゃんがお出迎えしてくれます。

ボウイング

今日はボウイングで久しぶりに先生の厳しいチェックが入りました。
弓先に行くと音が抜ける。音を均一に、力を均一に。
弓を持つ右手。
親指がなぜかまっすぐになっている。親指が真っすぐだと、他の指もまっすぐになりがちになってしまう。
親指は、自然に丸みを帯びて曲げること。
小指と薬指が弓からペラペラ離れてしまっている。
余計な動きに見えるので、注意が必要。

教  本

スケール 「ハ調長音階」
今日は多少音が上ずっているところがあったけれど、綺麗につないでます。
この音階の練習はしばらく続けてください。

カイザー練習曲 1
アップとダウンのバランスがだいぶ良くなりました。
今度はレガートで曲調を出せるように、練習してみてください。
→ さらに もう一度

「おもちゃのシンフォニーより」by Mozart
Finale の20小節目「 ソシレファレシ」のところ、左手の指がリズムに追いついてないので、
音がカスカスになってしまっている。
そういう時は、口で「ソシレファレシ」と歌いながらやってみると、指が思ったように動く。
とても早いパッセージは、この方法で弾いてみると、意外と上手くいくのです。
そこ以外は、とても良い感じで弾けています。
→ 合格

可愛いふりして実はとても気位が高くてちょっぴりいじわるな
モーツァルトさんの「おもちゃのシンフォニー」が合格で、とても嬉しいです。
昨日までなかなか思ったように弾けなくて苦しんでいたのですが、レッスンに行く直前練習で、
「あ… 弾けた。これだ!」とギリギリで皮がむけたような感じでした。
先生のヴィオラで伴奏が入ったおもちゃのシンフォニーは、それはそれは無邪気で楽しい曲でした。
先生との合奏は至福〜♪

さて、次は、 カイザー1のレガートは引き続きやることになり、
それ以外に、6 (16分音符で全音弾く)と 10(スラーとスタッカート)、15(8分音符と16分音符の混合)
の4パターンです。
さらに、カイザー3 です。(カイザー2は後日やるらしい。なぜだろう?)。
  今回は曲の課題はなし!
課題がカイザーばっかりなのって辛いわーーー。
なんとかここを早く抜けて「アベマリア」を弾きたい。  


d0176951_15152398.jpg


マフラーを編みました。
[PR]
by collages1122 | 2012-02-13 15:18 | ヴァイオリン | Comments(0)