夢みる ヴァイオリン collages.exblog.jp

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

レッスン 32回目


レッスン  32回目

今日は朝から酷い雷雨。
瀧のような雨でしたので、ヴァイオリンケースのレインカバーがいよいよ出番かな?
と思い用意しましたが、出かける直前に嘘のように雨が上がり、晴天に。
今まで30回も先生のところに伺ってますが、
雨降りだったのは1回だけ。ラッキーです。

先生のお宅に伺うと、今日もラブちゃんもお出迎え。
ラブちゃんの頭をたっぷりなでると、バヨも上手く弾けるような気がするのよね。
不思議と。

18日のプチ練習会も終わり、今日からまた教本で通常のレッスン。

教  本

●9番 イ調単音階

○アップとダウンの速度を同じにすること。
 アップの速度が早くなる傾向にあるので、注意が必要。
○移弦する時に綺麗につながるように弾く事。  
 → 合格

●11番「ロシア舞曲」

○ 1小節目の16分音符は、弓先で。
  16分音符と8分音符の弓の分量に注意。
○3小節目、17小節目などの8分音符4個は、ダウンたっぷり、アップ少し…というバランスで
 しっかり弾く。
→  合格

●12番 、13番 ト調長音階

○アップが早くならないように。
○速度と弓の分量のバランスを考える事。弓の根元から先まですべて使って弾かなくて良い。
 綺麗な音が出れば良いのだから。

●17番 「メヌエット」

○三拍子を意識して弾くこと。
○最初の音をダウンで思いきり弾く事。
○8部音符は弓量を控え目に、弓をバタバタさせないように弾く。
○クレッシェンドのところは、弓量を増やすというよりも、圧力をかける事によって
  音量を上げていくようにする。
○この曲は難しいです。しっかりやりましょう。

以上です。 18番のメヌエットも用意して行きましたが、時間切れ。


うわーー!やはりメヌエットはダメだった。
昔、子供の頃、ピアノでやった事のあるバッハのメヌエット。
ヴァイオリンで弾くとこんなに難しいのか…。
でも好きな曲なのでなんとか自分のものにしたいと思います。

今回また弓の分量や弾く場所などの注意を受けました。
なんとなくこんな感じかな?程度で練習していてはダメなのですね。
しっかり作戦を練って、弓のどの部分で、どのくらいの量で弾けば綺麗で、
次の小節に美しくつないでいけるかが重要。
そのための作戦が自然にできるようになるのかな。身に付くのかな?
でも頭を作って弾かなければならないのだな。と最近実感するようになりました。

次回もがんばります。
d0176951_13553359.jpg


[PR]
by collages1122 | 2011-07-27 13:56 | ヴァイオリン | Comments(0)

第一回 アンサンブル練習会

● 有楽町 交通会館11階 山野ミュージックサロンにて
     11:00〜14:00

●課題曲  「ムーンリバー」   「主よ、人の望みの喜びよ」


11:00〜12:00
自己紹介した後、「ムーンリバー」を練習。
ファーストとセカンドの各パートを弾いた後、希望のバートに入ってパート練習。
私はセカンド。
20分ほど練習した後、合わせてみました。

休憩。

12:10〜13:00
「主よ、人の望みの喜びよ」
ファーストとセカンドの各パートを[E]の前まで弾いた後、
各パートの練習。 私はセカンド。
その後、合わせてみたが、なかなか合わない。
何度か合奏するうちに合うようになりました。

休憩。

13:10〜14:00
「ムーンリバー」を録音。
「主よ、人の望みの喜びよ」の「D]まで録音。
時間が余ったので、「主よ〜」は曲の最後まで弾いて合わせてみました。
何とかできました。


私はいつも個人レッスンなので、ヴァイオリン仲間と言える人はいません。
なので今回はツィッターで知り合った人たちとリアルで交流できることを
楽しみにしていました。

レッスンでは先生がヴィオラを弾いてくださるので、先生との合奏はたまに
経験ありますが、大人数での合奏は初めて。
自分以外のバヨの音が周り中から聞こえて来る事に戸惑い、
最初は自分の音がわからなくなってしまってとんでもない音を出していたかもしれません。
でも慣れると、大勢の中にいる自分の音がきちんと判別できるようになりました。

他の人の奏でる音に自分の音を沿わせていく、という楽しさ。
特にセカンドは、縁の下の力持ち的な感じで、ファーストを支える面白みもあり、
楽しい。
やはりアンサンブルは楽しい。
この会に声をかけていただいて、思い切って行って良かった。

練習会後のお食事会も楽しかった。
初めてお会いしたとは思えないほどの盛り上がりぶり。 最高でした。

次回は10月10日に開催が検討されています。
また是非参加したいと思います。

[PR]
by collages1122 | 2011-07-18 15:28 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン  31回目


レッスン  31回目

7月から3ヶ月間は、
節電のため木曜日と金曜日は旦那さまは輪番休日。
旦那さまにお留守番をお願いして、レッスンに行って来ました。
先生の旦那さまもお休みのはずなのに、お客さんとのお仕事があり
出勤したそうです。
結局休めない人が多そうですね。

先生へいつもお世話になっているお礼に、
可愛い手作りのミニミニポーチを2つ さし上げました。
二人の娘さんへ。 喜んでくれるかな?

さて、レッスンは、 18日の練習会の課題曲
「ムーン リバー」 「主よ 人の望みの喜びよ」を ひたすら教えていただきました。

一番感じたのは、弓の使い方。  
弓の分量を考えながら、頭を使って演奏する事の大切さ。

先生に「ここの部分は、弓をこのくらい使って。これ以上使うとあとで足りなくなるよ」と
ひとつひとつ教えていただかなくても、
自分で気づかなくてはダメだなーと痛感しました。
これができるようになったら、少しステップアップできると思いました。

次の目標は、「弓の分量を自分で計算できるようになること」 にしておきます。

「主よ〜」は、  主旋律もとりあえず練習を続けていきますが、
今回の練習会ではセカンドを弾かせてもらった方が無難かも。

ということで、先生に主旋律を弾いていただき、私はセカンドを弾いて
合わせてみました。
私がオロオロしても、先生が合わせてくださるので
私まで上手く弾けてる気分になれて、何とも気持ちよく、
アンサンブルって素敵だな〜と改めて思いました。

ボーイングとスケールと、課題曲をみっちり教えてもらったら
いつの間にか1時間半も経ってました。
長時間しっかり教えてくださる先生に感謝です。

練習会が18日に終ったら、その後はまた教本に戻ります。
[PR]
by collages1122 | 2011-07-08 14:25 | ヴァイオリン | Comments(0)