夢みる ヴァイオリン


憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…
by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レッスン 22回目

レッスン  22回目。

45分間たっぷり練習してから先生宅へ。
春のようにポカポカと暖かい一日。いつもは寒さに震えているラブちゃんも
お庭でほかほか日なたぼっこしていました。 
かわいい。

♪ さて いつものように ボーイングから。

● D線はすごくよく響くようになった。手の動きも良い。
● A線は弓先で音が弱く抜けるようになってしまうのが惜しい。 
腕の動きも少々にぶい。
D線での手の動きは良いので、それをA線でもできるように練習すること。

♪ 教本 

●まず ト長調音階 のスラー弓の練習。
ソラシドレミファソ …の最初のソラが途切れず滑らかになるように。
ソの指を離さずラ(開放弦)へ行くと良い。あとはOK。

●No.125「凱旋の歌」
17小節目の「レ」がなぜか上ずる。 弓を直す時に左手も動いてしまうのかもしれない。
動かないように注意すること。 
もう少し力強く、朗々と弾く事。      あとはOK。

●No.126「思い出」
最初の出だしの「レ」が高くなりすぎないように注意すること。  
綺麗に弾けています。 OK。

●No.129「郷愁」
音程が難しい曲だが、怖がらずにたっぷり弾くこと。
二小節目の A線「ミ」はたっぷりと響かせる。
最後の「レ# →ミ」 のレ#の音程をしっかりと。 あとはOK。

●No.132「マイリード」
最初の出だしはD線をよく響かせて。一小節目の二音目の「ファ」をしっかりと弦とたたく。
スラーのところは 指できちんと弦をたたき、メロディーを盛り上げること。
あとはOK。

●No.133「小メヌエット」
3拍子の曲は一音目を多少強くきっぱりと弾くこと。
綺麗に弾けています。 OK。

もう一曲 用意して行きましたが、ここで時間切れ。


「凱旋の歌」はようやく丸がもらえて嬉しいです。
先生の前で一回目に弾いた時は、少し音程が上ずり、ぎくしゃくした感じになってしまったのですが、
2回、3回と弾くうちに調子が出て来て、我ながら上手く弾けたと思います。
他の曲も同じ。

ただ音量をもっと出せるように!との事。

今日は全曲、先生がヴィオラで伴奏をしてくださいました。
楽しくてあっという間の一時間でした。

次はいよいよ「第九シンフォニー」など曲の難易度も上がって来ます。
ちょっとドキドキ。 でもワクワクです。ますます頑張らなくては。

[PR]
by collages1122 | 2011-02-23 13:11 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン  21回目

レッスン 21回目。

レッスンに通い始めて、初めての雨。
ヴァイオリンケースが濡れないように気をつけて先生のお宅へ行きました。

レッスン直前練習(行く前に40分ほど練習する)で、
信じられないほど音程がバラバラでした。
いつも直前練習は、出かける時間が迫っている事もあって集中できず、不調になることが多いのですが、
今日は特に「え?なんで?」と思うような音程絶不調でした。

不安をかかえたまま先生宅へ。

まずはボーイング。

●弓先が時々弱々しい音になる。弓先まできちんと音が響かせるようにがんばる。
●肘をあげすぎないこと。力を入れず、もっと自然にすべるように弓を動かす。
●箱が響くような音をめざしてがんばること。


毎日の練習( ト長調音階)

● トレモロ 、 スタカート、 レガート は合格。
●スラー(2音、4音)は さらに練習してくること。
 4音スラーは、4音目で弓が足らなくなることのないように、むしろ4音目にたっぷり弓を
残して前の3音を弾くこと。

次は教本。 No,124から134 まで練習して行きましたが、
126までで時間切れ。あらら…

●124「春」:スタカートにスラーのあるセミレガート奏法。その部分は軽く、次の二分音符はたっぷりと
長く音量を響かせて。 音がうわずらないように注意。  →合格

●125「凱旋の歌」:なぜかA線のドがうわずっている。そのせいでシも上がり気味になってしまっている。
ド とシの音程に気をつけて、もう一度練習すること。

●126「思い出」;こちらはなぜかA線のレが下がり気味。 二拍目が八分音符であるが、
弓の速度を変えないでゆったりと弾く。 もう一度練習。

今日はここまで。 ト長調音階練習をたっぷりと見ていただいたので、
曲にかける時間が少なかった。 もっと進みたかったけれど、たまには立ち止まって
じっくりと反省することも大事。 また二週間がんばります。

 今日の注意点。
○曲によって音程がうわずったり、下がったりするのは、どこか楽譜の中にポイントとなる場所がある。
そこを探して直していきましょう。

○左手の指が遅い時がある。弓が動くよりも早く動かなくてならないので、がんばること。
弦を押さえる時は、素早くきっちりと。

○力を抜いて弾くこと。

d0176951_131225.jpg

[PR]
by collages1122 | 2011-02-09 13:03 | ヴァイオリン | Comments(0)
メモ帳
茶菜です。
2010年7月(46歳)からバイオリンを習い始めました♪
それまでは触った事もありませんでした。
(ピアノは3歳から16歳まで習っていました。)
「篠崎教本」(2巻11年6月〜12年10月。3巻12年9月〜13年11月)。篠崎3巻が終わった後、「フリマリー 音階教本」「KREUTZER」「新しいバイオリン教本3」。14年8月から「新しいバイオリン教本4」。
愛器は1914年に生まれたドイツ製の「レイチェル」。この楽器を相棒に一生懸命頑張ってまいります。歌自慢のヴァイオリニストを目指して。

弓は11年12月に買い替えた、リヒャルト・グリュンケです。
カテゴリ
最新の記事
レッスン 167回
at 2017-12-04 16:54
レッスン 166回
at 2017-11-20 17:58
レッスン 165回
at 2017-10-30 16:39
レッスン 164回
at 2017-10-13 16:47
レッスン 163回
at 2017-09-25 15:52
以前の記事
最新のコメント
> もん坊さん はじめ..
by collages1122 at 17:10
はじめまして。今エックレ..
by もん坊 at 10:49
> あみさん こんにち..
by collages1122 at 17:41
こんにちは。 おひさし..
by あみ at 14:18
> odaさん こんに..
by collages1122 at 16:36
レイチェルさん こんにち..
by oda at 13:25
あみさん こんにちは。..
by collages1122 at 17:07
こんにちは。 私も1月..
by あみ at 14:33
> あみさん コメント..
by collages1122 at 17:17
こんにちは。 ..
by あみ at 13:03
最新のトラックバック
ライフログ
検索
フォロー中のブログ
タグ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧