夢みる ヴァイオリン collages.exblog.jp

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

レッスン 18回目

レッスン 18回目

いよいよ今日は今年最後のレッスンでした。
「先生、今日で18回目です」と言うと、
「ええー?そんなにやったっけ?数えてるの???」と。
はい、そんなにやってます。 それにしては進歩の遅い生徒で申し訳ないです。
ゆっくりですが、一歩ずつ進んでいきますので、よろしくお願いします。

まずはいつものようにボーイング。

● E線は綺麗な音を響かせて。 弓の端から端まで、均一の音が出るように。
    アップの時には肘を使うこと。
●他3本の弦も均一な音が出るように。弓の先端にきたら速度を落とすように。
●弓の先端は外へ倒し気味にするような感じで。決して手前に倒してはいけない。

次は教本。No.97からNo.105まで予習。

●今回はどの曲も比較的難しく、かなりチェックが入りました。
●音階の練習はたっぷりすること。 G線のドをよく響かせること。
●No.103はのスラーに注意。スラーの後の音を長めに(次へつなげるために)
   弓の配分をよく考えて。
   E線FからA線Dへの移弦スラーは難しいが、よく練習すること。弓の真ん中より上でやるようにすること。
  その方が移弦しやすい。
●No.104は、「カッコウ」の曲。最初のGとEは、Eを短めに弾く。自制するような感じ。
    3拍目の休符では弓を離さないこと。
    3段目のレドレド〜は肘をよく使って弾くこと。
 ●No.105の最初の音Cは、さりげなく弾いて、その後の四分音符をたっぷりと。

● 合格をもらったのは、No.99とNo.104のみ。
●● 曲を弾く時に、弓が暴れる。ボーイングの時のようなボーイングが曲でもできるようにすること。


次回からはスタッカートが出て来ます。
難しそうですが、がんばろう。

レッスンの終わりに、先生の息子さんが来て、
先生のビオラと息子さんのチェロ、私のヴァイオリンで3曲ほどアンサンブルをしました。
楽しい時間でした。

弓が暴れる癖がついてしまっているみたいで、うううむ、これはまずい。
でもあの浅田真央選手も、ジャンプの矯正をしたのですから、
私もできるはず。がんばれるはず。(真央ちゃんと比べるのもどうかと思いますがね)

今年は5月に「オーケストラ」という映画を観た事によって
ヴァイオリンをやろうと決心し、そのとおりに実行しました。
去年の今頃は、まさかそんな事になろうとは、夢にも思いませんでした。

来年の今頃はどんな曲を奏でることができているでしょうか。
自分でもすごく楽しみです。
d0176951_1812823.jpg

[PR]
by collages1122 | 2010-12-27 18:14 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 17回目


レッスン 17回目。

クリスマスまであと10日。
イブの夜に、ヴァイオリンでクリスマスソングをたくさん奏でたい。
そんな夢が叶いそうな今日このごろ。

今日も元気にレッスンに行ってまいりました。

先生のお宅のレッスン室(リビング)に入ると、部屋干しの洗濯物がわんさかぶら下がっていました。
お子さんが3人もいる先生なので、一日に3回は洗濯機を回すそう。
今日のように雨まじりの日は恐怖の部屋干し地獄となるわけで、
いや〜凄かった。 洗濯物と洗濯物の隙間でレッスンしたと言う感じ。
まあ私は気にしませんけれど、先生も気にしてなかった。あはは

さてレッスン。
まずはボーイング。

●大体良いけれど、少し肘が上がっているように見える。気をつけるように。
●G線の時に、肘が後ろに引けないように。
●E線のボーイングは今までやってないので、鏡を見て練習してきてください。

つぎは教本。No88からNo103まで予習して行きました。

●No88「春が来た」の最後 ソミレソド の指つかいは裏技を使うこと。
●よく音をひびかせて。  音程を正しく。 A線のシ を基準とすること。
●No89「ロボットの力くらべ」では、8部音符に引っ張られて4部音符が短くなっている。
   4部音符をきちんと響かせて、ゆったりと。

●どの曲も少しずつ複雑になってきた分、音程もとりにくくなってきているので注意。
   よく音を聞いて。
●E弦は指をよく練習すること。ボーイングも。

ということで、No97からはもう一度。
しかしいよいよ全弦混合練習曲に入ってきました。有名な曲も次々に出てきますので
弾いていてもすごく楽しいです。
でも焦らず着実に進んでいきたいですね。
d0176951_17324271.jpg

[PR]
by collages1122 | 2010-12-15 17:33 | ヴァイオリン | Comments(0)

レッスン 16回目

   レッスン 16回目

12月になりました。
今年もあと一ヶ月。 一日一日を無駄にせず、しっかりと着実に過していきたいと思います。

さて、今日はヴァイオリンのレッスン16回目。
まだ16回目なのか。もう16回目なのかわかりませんが、
少しずつでも進んでいるような気がします。

さて いつものようにボーイングから。

● 大変綺麗になりました。 弓を持つ手から力が抜けて違和感がなくなりました。
● G線の時に肘を後ろへ引かないように。
● 弓の先端に来た時に 弓が手前に倒れないように。
● 肘を使って、アップとダウンを流れるように、とぎれないようにすること。

いくつか注意点をいただきましたが、
「ものすごく綺麗になりました。」と褒めていただき嬉しかったです。
これも鏡の効果かな?
やはり自分の姿を鏡で確認しながらボーイングの練習をするのは
大切なことですね。

次は教本です。
教本の No, 75から No,86 までを練習して行きました。

●スケールを弾く時は、よく響くように。滑らかに。
●「春の小川」 の二小節目のドは、裏技(文章にするのが難しいので省きます)を使う。
●全体にD線のミが上がり過ぎる傾向にあるので(すると全体が上がってしまうので)、
  ミは低めに〜と考えていれば間違いない。
●「行進曲」は、スラーを滑らかに。 4分音符も弓は肘を使って動かす。
●「アンダンティーノ」、「ツェルニーより」、「ガボット」は音をよく響かせて。

以上、練習して行った曲はとりあえず全部○をもらえました。
ただし、全体的に音量が足りない。
今の3倍くらいの音量で弾けるようにしてくださいとのこと。 がんばらなくては!
[PR]
by collages1122 | 2010-12-01 13:39 | ヴァイオリン | Comments(0)