レッスン 164回

冷たい雨が降っています。
昨日は暑かったのに、今日は長袖着てても寒い。最高気温15度くらい。
この気温の高低差についていけません。だるい‥眠い。
でも熱いコーヒーを飲んで、頑張ってレッスンに行って来ました。

★ ボーイング

良い音が出ています。綺麗に響いています。
その音がいつもいつも出てくれると良いよね〜。
(ですよね〜)

★ スケール&分散音

G minor;
とても綺麗です。素晴らしいです!

★ 一弦上のポジ移動練習

F--D線
左の指がバタバタしている。特に人差し指。
人差し指をできるだけ弦から離さないように。

★ エチュード(クロイツェル17番)

⚫︎ 32分音符がころぶ。(加速度がついてしまう)
⚫︎ 32分音符の後の16分音符が長すぎる。短く!
⚫︎ 8分音符はもっと弓を使って響かせる。
⚫︎ 8分音符のG線は意識的に響かせる。
⚫︎ 移弦が多いので、肘は高めにセットして、
A線やE線を弾く時にも肘は高めのまま。
⚫︎ 8分音符の3音目がキュッとなってしまっている。
3音目も弓を使って響かせるようにすること。

→ 要練習。

★ コンチェルト No,2 by BACH


⚫︎ もう少し力を抜いて弾きましょう。
⚫︎ だいぶ良くなったけれど、音程の精度がもう少し上がると良い。

→ 一旦終了。

昨日まで暑くて半袖のTシャツだったのに、
今日はとても寒いので、この秋初めてハイネックの長袖ブラウスを着て
レッスンに行きました。
そうしたら、なんだか弾きにくくて、
うわーー、失敗したわーー!って感じ。
弾いてるうちに少し慣れたけれど、最初は調子が出なくてまいった。
そのわりには、師匠から「綺麗な音が出ている。響いてる」と
褒めていただき嬉しかったけれど。

エチュード17番は7割くらい譜読みして行きました。
音は違うけど全く同じフレーズが続く曲なので、
上記した注意点は、全小節に当てはまる。
つまり全部見直さなくてはならないのだ〜。
拍は合ってるけれど、中身が微妙に違うって難しい。
丁寧に洗うように練習するしかないな。

バッハのコンチェルトはもう半年もやっている。
そろそろ(というかかなり)飽きてきて、
精神的な重荷になっている。自分ではけっこう弾けてると思っても、
完璧を求める師匠にとってはまだまだ。
辛い‥。 また2週間しっかり練習したつもりでも、
師匠の前で完璧に弾ける自信はない。今回もダメかな。
そう思いながら
最初の出だしを弾いた時に、後ろからヴィオラの音色が。
なんと師匠がヴィオラのパートを弾いてくださったのだ。
もちろん師匠が思い切り私の演奏に合わせてくださったからだけれど、
ものすごく弾きやすくて、楽しくて、綺麗なデュオになった。
嬉しかった。
今まで練習してきて良かった。
「途中から力が入ってしまって固くなったところがあったけれど、
かなり良くなりました。音程ももう少しだけど、
とりあえずこの曲は一旦終了して、他の曲もやってみようか」と。
曲集の中から選んだのは「タイスの瞑想曲」
うわ〜!大好きな曲!難しい曲であることは重々わかっているけれど、
この曲を練習できるなんて幸せ。
バッハのコンチェルトは大変だった。でも
またいつか師匠と一緒に弾けたら良いな。
その時にはもっと上手になっていたい。


↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2017-10-13 16:47 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122