レッスン 162回

8月になりました。
7月が思い切り猛暑だったので、どれほどの暑さが襲ってくるかと思いきや、
あらら?涼しい。 毎日最高気温26℃くらいの快適さ。
若干拍子抜けです。また近々猛暑が帰ってくるようですが。
なんだか妙な夏ですね。

さて、レッスンに行ってきました。
とは言っても、今回は課題のエチュードやコンチェルトはお休み。
私が所属しているアンサンブルのコンサートが11月にあるので、
その曲を見ていただきました。

実は、そのコンサートに向けてセカンドヴァイオリンとして
4月から練習がんばってきました。ところが
色々あって1stヴァイオリンの人数が少なく、
2ndヴァイオリンが多いというバランスの悪さが明らかになりました。
そこで一人 2ndから1stへ移動することになり、
コンミスのご指名で、なんと私が1stに!
4ヶ月もの間練習して馴染んだ2ndの楽譜。
それを今更1stになれ、というのはあまりにも辛い。
辛いのですが、コンミスが決めたことには従うしかありません。

というわけで、2週間前にそれが決まりまして、
私は師匠に泣きついたわけです。
師匠はフィンガリングを一緒に考えてくれることになり、
今回のレッスンを使って あーでもない、こーでもない、と言いながら
二人で考えて決めました。

曲は、
1.ヘンデルの「水上の音楽」より
⚫︎ 序曲
⚫︎ 第3曲
⚫︎ エアー
⚫︎ 第10曲
⚫︎ ホーンパイプ
2.モーツァルト 「アレルヤ」
3,ヘンデル 「ハレルヤ」
4.バッハ 「羊は安らかに草を食み」


全曲ひととおり弾いて、もたつくところはフィンガリングを決めて‥
という作業をしたら2時間以上かかりましたが、
師匠は丁寧に考えてくださいました。
私は本当に優しくて厳しい良い師匠に出会えたな〜と
改めて思いました。ししょーーー、ありがとうございます。

そういうわけで、
アンサンブル、どうなることかと思っていたのですが、
1stとして参加した昨日の合奏練習では
思ったよりは馴染めて弾けていたように思います。
あとは、流れを掴むために適当に弾いちゃってる箇所もあるので、
もっと音程を確認しながら丁寧に練習すれば大丈夫だと思います。

来週から夏休みの連休に入ります。
その間は自分の好きな曲を弾いたり、
過去にやった曲も掘り返してみたりして、
少し気分転換したいな。楽しい連休になりますように。



↓応援クリックお願いします。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2017-08-05 14:12 | ヴァイオリン | Comments(0)