夢みる ヴァイオリン

レッスン 160回

ジメジメしています。梅雨です。
でもあまり雨が降らないような。どちらかというとカラ梅雨かな?
このままあっという間に真夏の猛暑がやってくるのかな?
なんだか怖い。暑いの嫌い。
がしかし、庭の紫陽花に癒されたり、水羊羹が美味しかったり、
夏休みが待ち遠しかったり。

さてさて、今日はレッスン。
行ってきました。
いつも梅雨時は体調の良くない師匠ですが、
今日はとってもお元気そうでした。良かったわ〜。
あれやこれやと30分くらいおしゃべりが盛り上がったところで、
「あ、ごめん。お稽古しなきゃね。」by 師匠

★ボーイング

綺麗に音が出ていますね。
E線の時にもきちんと肘を閉じないで、肩も使いましょう。
腕だけで弾かないでE線もしっかり肩を使うと、もっと綺麗な音が出ます。

★スケール&分散音

D dur;
とても綺麗に弾けています。音も良くつながっています。
OKです。

★一弦上におけるポジション移動練習

E-A線
音程が上ずっているが、ポジション移動の手の感じは綺麗。
E-E線
音程も手の運び方もOK。

★エチュード(クロイツェル16番)


⚫︎ 8分音符を弾く時には、もっと弓先で、
弓量は増やして思い切り弾いて良い。
⚫︎ G線の時はもっと肘と肩を使ってがっつり弾く。
⚫︎ 四分音符が短くならないように注意。
⚫︎ 前回よりもかなり良くなった。

→ 続きもこの調子でやってきてください。

★コンチェルト2番 by BACH

⚫︎ [C]の出だしから4小節目くらいまでは、ちょっともたつくが、
今後弾き込めば大丈夫。
⚫︎ [D]の最初から4小節目までは音程に注意。
⚫︎ [D]の5小節目からは、もっと思い切って大らかに。
音をもっと出しても良い。
⚫︎ [F]の4小節目からの音程に注意。音の変化がはっきりわかるように。
⚫︎ 曲にかなり慣れてきたように思う。まったく問題ない。

→ 続きもやってきてください。

今日も充実したレッスンでした。
2時間くらい師匠のお宅にいましたが、
半分はお喋りだったかも。いろいろなお話ができて、
それも含めて充実していました。
本当に気の合う方が師匠で良かった。

エチュードはようやく師匠が望んでいたような弾き方が
できるようになってきました。
8分音符の3連符を「きゅっきゅっきゅっ」ではなく、
「キラン、キラン、キラン」っていう感じ。
うーん、文章ではよく説明できないけれど、
とにかく弾いた後に響きが残って、
次の音の響きと重なり合っていくのです。
そういうイメージです。
まだ途中までなので、次回は最後まで練習していきたいと思います。

バッハのコンチェルトは、3月から練習し始めて
早くも3ヶ月。でももう半年くらいやってるような気分。
なかなか終わらないけれど、
少しずつ先が見えてきたような、雲間から青空が見えてきたような。
とにかく弾くこと。
何度も何度も弾くこと。
回数弾けば良いわけじゃない、という考え方もありますが、
この曲には、回数が必要。
やはり慣れて慣れて慣れてしまわないと無理。
第一楽章終わりまであと少し。
[G]と[H]がまだ未見ですが、そこを突破すれば、
その先は前半の繰り返しで、どこかで見た風景ばかり。
だからあと少しなのです。
頑張りまーす。



↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村




[PR]
by collages1122 | 2017-06-26 16:49 | ヴァイオリン | Comments(0)
<< レッスン 161回 レッスン 159回 >>