レッスン 157回

新緑がまぶしい今日この頃。
もうすぐゴールデンウィークですね。
日頃から応援しているバイオリニストさんのコンサートが湘南であったり。
それから
5月4日から三日間、有楽町の国際フォーラムでのラ・フォル・ジュルネ。
我が家は今年も音楽三昧の連休になりそうです。
楽しみだな〜。

さて、レッスンに行ってきました。
がんばるぞ!

★ ボーインング


弓先で音が抜ける。気をつけましょう。
今日 気になったのは、
音が出始めてから「ぼわ〜〜ん」と音が大きくなるのはNG。
最初から最後まで同じ太さで同じ音量で同じ響きになるように弾くこと。

★ スケールと分散音

C dur;
綺麗です。音がよく響いて、つながっています。

★ 一弦上におけるポジション移動練習


D-1;A線、E線
綺麗に弾けています。OKです。

★ エチュード (クロイツェル12番)

音程もボーイングもきちんと弾けています。
ただ、弓を使いすぎて、余裕がなさそうに見えるので、
もっと弓量を減らしてゆったりと穏やかに弾いてみてください。

→ 合格。

★ バッハ ヴァイオリンコンチェルト No,2


⚫︎出だしの「ミ、ソ、シ」は、同じ音の柱を作ること。
それぞれ違うニュアンスで弾かない。
⚫︎2小節目のフレーズは全部べったりとつなげない。
⚫︎3小節目で上がってきたら、4小節目の「シシシシシ」で
急に小さくならないこと。
弓先付近で弾くと良い。
⚫︎6小節目の最後の「そ」で、弓先から弓中へ移動し、
それに続く「ラシドラ ソラシソ」ヘ。
⚫︎6小節目後半から8小節目にかけてのフレーズは焦らない。
走らない。
⚫︎13小節目の3拍目は、16分音符が転ばないように。
⚫︎Aの9小節目の音程。ラ#,レ#が低い。注意!
⚫︎Bの7小節目の音程。

→ さらに練習!

今日は調子が良いんだか悪いんだか、わかりませんでした。

スケールと分散音、エチュードはやけに良く弾けて
師匠も「綺麗よ〜〜」と絶賛してくださったのに、
バッハはボロボロ。特に音程が悪すぎた。
しかしもっとも唖然としたのは、
音符を読み間違えていて、今までそれで練習してたこと。( ̄◇ ̄;)
今日師匠に指摘されて初めて気づくというお粗末ぶり。

けっこう私が落ち込んでいる、と思ったのか、
師匠が
「コンチェルトもかなり良くなってるよ。ボーイングも綺麗だし、
細かい音符を弾く時の弓使いが上手になってる。
技術が上がってるんだね。
弓がとても自由になってきてる。これはすごいことよ。」と
褒めてくださった。

厳しい指導の後で、良いところはしっかり褒めてくださる。
我が師匠は本当に優しい。
だからモチベーションが上がってレッスンが楽しいのだ。

さて今日の反省は、
楽譜をもっとよく見る。読みこなす。ということです。
弾ける と思っていた部分ももう一度チェックし直して音程を確認。
もっと淡々と弾けるように力を抜いて。
走らず、転ばず、淡々と。

次回エチュードは新曲になります。
コンチェルトは引き続きこのまま練習。
風薫る5月もヴァイオリンと共に。


↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by collages1122 | 2017-04-27 15:50 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧