レッスン 151回

早いもので、
今年もあと2週間とちょっと を残すのみとなりました。
今週末には所属しているアンサンブルのクリスマスコンサートもありますし、
年賀状、今年撮った写真のアルバム整理、家の掃除、お正月の準備等、
とにかく忙しい。
そんな中、レッスンに行って来ました。
落ち着いて課題曲を練習できない状況の中なので、大丈夫かな〜?
と心中ドキドキでしたが、
ドアを開けると師匠の明るい笑顔があって、
緊張がほどけました。これはいい感じ♫

★ ボーイング

右肘を意識して、肘から弾くような感じを思い出しましょう。
(何度か弾いているうちに)綺麗です。音も良く出ています。

★ スケール&分散音

G dur;
下がってくる時に若干音が高めになって上ずって聴こえる。
注意しましょう。
分散音はとても綺麗です。

★ 一弦上におけるポジション移動練習

B-3(A線); スラーで弾いた時に最後の音がショボくなってしまうのを注意。
最後の音に至るまで弓をたっぷり残しておくこと。
音程はOKです。 綺麗です。
B-4(E線);OKです。 とても綺麗に弾けるようになりましたね。

→ 合格。

★ エチュード (クロイツェル 10番の前半)

⚫︎ G線の音が全体的に低めになっているので注意。
⚫︎ 6ポジになるところは、A線のド(4の指)を頑張る。
しっかりした音を出しましょう。

→ 前半は合格。 後半に進みましょう。

★ メヌエット by Mozart K,64

⚫︎ 全体的にすごく可愛らしく弾けています。
⚫︎ 前半(Trioの前まで)はもう少し早く弾いてみましょう。
⚫︎ Trioからはあまり焦らないで、落ち着いた速度でもOK。
キラキラした音で弾きましょう。
⚫︎ 14小節目から22小節目までは、横にダラーーっとした感じで。
つまり13小節までの印象とはガラっと違うイメージ。
22小節から26小節目までは果敢に。そして、
26小節3拍目からは、再び明るく快活に。

→ 合格。 レパートリー入り決定。

今年最後のレッスンも楽しかったです。
メヌエットでは師匠がヴィオラで伴奏してくださり、
まさに至福の時。弾きながらうっとりしました。

今年を漢字一文字で表すなら、
私の場合は 間違いなく「奏」です。
今年は弾いたな〜。
念願のアマオケデビューも果たせて、
そのために毎日何時間も練習して…。
実力がついたかどうかはわかりませんが、度胸はついた。
と思います。
来年も師匠にしっかり見ていただいて、
弾ける曲を増やしていきたいです。

ピアノをやっている友人と一緒に合奏しよう、という話があるので、
ゆくゆくは仲間を増やして音楽活動ができたらいいな、
という夢もあります。
例えば、老人ホームや病院で慰問コンサートしたりとか。
音楽を通じて、いろいろな出会いや活動の場を
広げていけたら最高です。
夢ばっかり広がっちゃいますが、
その前に、もっともっと弾けるようにならないと!

年末は一週間くらい愛器レイチェルを楽器屋さんに入院させ、
年明けから美しい音を奏でられるようにメンテをしてもらう予定です。
入院中は、先代の愛器アリシアを久しぶりに弾いてみようかな。

17日はクリスマスコンサート

「踊り明かそう」
マルチェロの「オーボエコンチェルト」
ラフマニノフの「ヴォカリース」
メサイヤより「リジョイス」
リベルタンゴ
「きよしこの夜」

楽しみまーす。

↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

[PR]
by collages1122 | 2016-12-15 15:34 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122