レッスン 145回

気温はそれほど高くないですが、ジメジメと蒸し暑い毎日です。
アイスクリームや水羊羹が美味しくて、ついつい手が伸びてしまいます。
とはいえ、関東地方はカラ梅雨。水不足が心配です。

師匠のご都合で、今日は午前中のレッスンです。
事前練習はあまりできませんでしたが、それなりに調子は良く、
湿度が高いわりに楽器の鳴りもとても綺麗なので、
足取り軽くレッスンに行ってきました。

★ ボーイング

弓先で音が抜けないように。
よく響いています。

★ スケール&分散音

D dur;
音は綺麗でよくつながっているのだが、
D,A,E線でダウンの時に弓が前に行きすぎる。
注意すること。
音程は良いです。

★ 一弦上におけるポジション移動練習


A線(シレドシ ドミレド);
4音スラーの時に、4音目を少し長めにして次につなげる。 
E線(ファラソファ ソシラソ);
3ポジになった時のドが少し低い。他の音程は大丈夫です。

★ エチュード (クロイツェル 7番)

⚫︎ 弓先近くで弾く。 
⚫︎ アップでよく音が響くように。弓の分量は少なめ。
⚫︎ 指がバタバタしないように、弾いたら指をすぐに放さないようにする。

→ 合格

★ 花の歌    by Lange (バイオリン名曲 31選)

⚫︎ とても綺麗に弾けてますが、少し直しますね〜。
ということで、 ボーイングと フィンガリングに手直しがかなり入りました。

→ もう一度。

最近は、レッスンの課題と、アンサンブルの曲と、フルオケの曲。
練習しなきゃいけない曲をたくさんかかえていて、
いっぱいいっぱいです。 
体を壊すことのないように、一日に練習する限度時間を決めています。
その中で時間のやりくりをして弾いているのですが、
どの曲も(特にフルオケの曲は)弾きこみが足りないような気がして、
焦ります。
しかし何があってもレッスンの課題だけはしっかり練習したい。
師匠にもそれが伝わっているようで、
 「よく頑張るね。たくさんかかえてるのに。」と褒めてくださる。

クロイツェルのエチュード7番は、音程と移弦の練習。
G線とE線の激しい往復は右手が本当に疲れたけれど、
こういう練習をしっかりすることによって、「幻想」のあの部分が弾けるようになるかも!
と思いながら弾くと励みになりました。
めでたく合格。良かった。

「花の歌」は、師匠はご存知ない曲で、
とりあえず私なりにボーイングもフィンガリングも適当に弾いて行きましたが、
たくさん直しが入って呆然。
自分でもこのくらい考えて工夫ができるといいのだけど…。
この曲は私が子供の頃、ピアノの発表会で弾いたことがありまして、
懐かしいです。まさか何十年後かにヴァオリンで弾く日がくるなんて、
想像もしなかったな。 好きな曲なので、綺麗に弾けるように。
次回までに仕上げていきたいと思います。



↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村





[PR]
Commented by oda at 2016-07-26 10:03 x
レイチェルさん、こんにちは oda です。

いくら練習時間があっても足りない。
いいですねえ~
音楽を楽しんでいる様子がよくわかります。

「チューナーに頼らないで楽器を響かせる」素晴らしい!
理想だなあ~~いつになったらできるんだろう? ^^/~~~


私は、開放弦とせいぜいその倍音しか響きません。
♯、♭ 半音は全然響かないし、音程がわからないので「もっと高く」「もっと低いでしょ」と”指導”されまくりです。

「学生5」も、音程が曖昧なまま(泣)
マダム先生、
「もうちょっとだなあ~~、もう一回やりましょう」・・・
「ごめんなさいね、次で終わりにしましょう」・・・
「右と左が合っていないから気を付けて次回もやりましょう」
と、ズルズルと何か月やったんだろう?
「こんな難しい曲、みなさん本当にできてるんですか?」と泣き言を言ったからか?
翌週、
「16分音符がだいぶできてきましたので終わりにしましょう」で、思わず「良かった~~」と声が出てしまい大笑い~~


次は?「無窮動」
・・・「これはやりません」
・・・「やりたいです」
・・・「いい練習になりますからやりましょう」でレクチャー受けました。
音源を半年前から聞いて気に入っていたので、楽しみ。

ほんとにいい先生です。
まともに相手していただいていることに感謝しまくり。

レイチェルさんの先生と同じかな?
音楽の先生は皆熱心だと思う。
レッスンを受ける生徒さん次第かな?

活躍を楽しみにしています!

Commented by collages1122 at 2016-08-03 18:03
odaさん こんにちは。
コメントありがとうございます。
梅雨が明けて、いよいよ夏本番ですね。
練習の時も夢中になりすぎて熱中症にならないように、
部屋の温度や湿度、気をつけましょうね。

ヴァイオリンの練習は楽しいですが、
ついついやり過ぎてしまうので、これ以上はやらない!という
時間を決めています。
例えば、午前中1時間、夕方2時間。という感じです。
もっと弾きたくても身体の事を考えて終了します。

音程は本当に難しいですよね。
私は去年暮れに大きさの違う楽器に替えたので、
苦労しました。最近ようやく慣れてきたかな。
音程が正しいと音が綺麗に響きます。
弾いたあとにその響きが残って、次の音の響きと重なりあって、和音のように聴こえるのです。
odaさんの楽器もきっと響きのツボがあります。
一音一音そのツボを探してみてください。
びっくりするほど綺麗な音が出ます。

お互いに良い師匠に巡り会えて幸運でしたね。
これからも楽しみましょうね。
by collages1122 | 2016-07-14 12:52 | ヴァイオリン | Comments(2)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧