レッスン 127回

9月になりました。
昨日は台風18号が連れてきた秋雨前線の影響で
関東地方に大雨が降りました。
鬼怒川の堤防が決壊し、場所によっては越水し、
茨城県は多大な被害を受けました。
幸い私が住むところにはそれほどの雨は降らず、
降ったとしても高台なので浸水する事はまずないだろう、という場所。
なので心配はしてなかったのですが、同じ県内でこのような被害があると、
切なく、気持ちが重くなります。
家や土地を無くした方も多く、行方不明の方も…。
1日も早く日常が取り戻せますように祈るばかりです。

気分は重かったですが、
がんばって振り払ってレッスンに行ってきました。

★ボーイング

弓先で音が抜けないようにしましょう。(←毎回言われてる!)
音はよく響いてます。綺麗です。

★スケール

B dur;
⚫︎ 次の音につながるように弓をかえすこと。
⚫︎ ハイポジの高音部になった時に、弓が弦の駒に近づきすぎている。
もう少し指板よりにした方が音が綺麗です。
⚫︎ 分散音は大変綺麗。
「いつも思うけど分散音は本当に上手ね。」
   「それが曲に活かせればいいのですが…」
「……そうだね 」

★エチュード (クロイツェル17番)


3/2位まで;
⚫︎ 8分音符、16分音符、32分音符の違いをはっきり出して弾くこと。
⚫︎ 16分音符はたっぷり弓を使って音を響かせて。
⚫︎ トリルではなく32分音符なので、よれよれしないように、
しっかり弾く。早くならないように。
⚫︎ 指がバタバタしないように。小指がんばれ。

→ 次回は最後までやってくること。

★ソナタ No,2 G minor by Handel(新しいバイオリン教本4)


Andante
⚫︎ 出だしの音は怖がらずに、まっすぐな音を出す。
⚫︎ 弓の使い方、分量に注意。
⚫︎ トリルは上から。
⚫︎ 強調したいところ、歌いたいところはもっと弓を活かす。
弓で歌うイメージ。 
弓がもっと自由に歌いはじめると良いのだけれど。
⚫︎ 音はとても綺麗です。
⚫︎ ビブラートをつけましょう。

→ さらに練習を。そして Allegroに進みましょう。

クロイツェル17番はなかなか調子が出ずに困っていたのですが、
今日のレッスンで「そっか〜!これか〜!」と
思うことが何点かあったので、それをふまえてまた2週間
さらに練習しようと思います。
きっと良くなるような気がする。(←こういうイメージって大事よね)

ヘンデルのソナタは、
まだ第一楽章しか練習していませんが、
you tubeで一回聴いた時に「この曲、なんて素敵なのーー!」
と思っただけあって、のめり込んでます。
思えば、
今年に入ってからの課題曲…アッコーライのコンチェルト、
エックレスのソナタ、そしてヘンデルのソナタは
全部私の好みだ。 
好みゆえに、自分に失望することも多い。
譜読みする時に「こんな素敵な曲、練習するの嬉しい。
綺麗に弾けるようになったら、なんて素晴らしいの!」と
意欲満々、意気込みバッチリで練習に入るのですが、
途中で山の高さに息切れし、ヘトヘトになって、
来る日も来る日も弾いて、ようやく合格。
合格しても、100%完璧に弾きこなしてる気がしない。 
というパターン。
軽々と飛び越えられる山なんてないのはわかってるけど、
なんでこんなに苦労するのだ?なんで思ったように弾けない?
何度自分に失望することか。

こんな気持ちをまたこの曲でも味わうのかな?

何が100%なのか、完璧なのか、
答えはないけれど、私がイメージする曲に近づけるように
今回も頑張るのみ。

「あなたは曲に表情をつけられる人。イメージを作れる人。
歌える人だから、大丈夫よ。がんばって。」

…と師匠に持ち上げられて、今日も弾く〜〜♪

今年に入ってからヴィオラを習い始めた我が夫。
ずっと後輩さんからただで譲っていただいたお古のヴィオラで
練習していたのですが、
「きっと一生続けていくだろう。いつかアンサンブルに入るだろう。
やはりお古のヴィオラではモチベが上がらない。」
…ということで、清水の舞台から飛び降りました。
師匠に選定してもらい、素敵なベルギー製のヴィオラを購入。
ヴィオラらしい深くて美しい音色の楽器と
強くて頼もしい弓。
きっと夫の助けになってくれると思います。
いつか一緒に弾ける日を夢見て。お互いにがんばりましょう!



メモあれこれ↓
http://collages.exblog.jp/20732105/


 ↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村






[PR]
Commented by トク丸 at 2015-09-18 11:29 x
アリシアさん、こんにちは。
憧れの曲、弾けたらどんなに素敵だろうという曲はいっぱいありますよね。
2年ほど前にクライスラーの「前奏曲とアレグロ」を聞いてさっそく弾いてみましたが、当時はやっとポジション移動が出来るだけでした。今は少~~し弾けるようになっています。(滝汗
音階や練習曲など、毎日の積み重ねが知らず知らずのうちに応用できるようになっているんですね。
ヘンデルのソナタも半年後に弾いてみると、あれって思うくらいきれいに弾けるようになっていますよ、きっと^^
ご主人がビオラを始められたとのこと、ともに音楽が出来るなんて素敵ですね~。
Commented by collages1122 at 2015-09-28 19:04
トク丸さん
コメントありがとうございます。
本当に毎日コツコツと基礎練習を積み重ねていくことが一番大切ですよね。
5年前に初めてヴァイオリンを始めた時には、今練習している曲が弾けるようになるなんて思いもしませんでした。目標が荒城の月でしたから。
でも地道な練習があって今がある。
あと5年後には一体どんな曲を弾いているでしょう。楽しみですね。
お互いに楽しみながら頑張りましょう。

うちの主人はもともとホルンをやっているのですが、
老後に二人で演奏を楽しみたい、ということで、それに備えて今からヴィオラを始めました。一生懸命がんばってます。
by collages1122 | 2015-09-11 16:11 | ヴァイオリン | Comments(2)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122