レッスン 110回目


12月になりました。 今年もあとわずか…。信じられない…。
そして寒い!
この寒さと気忙しさに負けないように、よく身体を動かして体力が衰えないように
しなくてはね。
ヴァイオリンを気持ち良く弾くためにも、身体の柔軟性は大切。
ストレッチしたりウォーキングしたりラジオ体操をしたりして、
血流を良くする努力を怠らないことも、寒い時季は必須でしょうね。
がんばりましょ。

さて、レッスンに行って来ました。

☆ ボーイング

弓元で音で抜けないようにしましょう。
まっすぐな音がよく響くようにしましょう。
音はよく出ています。

☆ スケール (フリマリー音階教本)

G dur;
● ハイポジになった時の音程に注意。
● もっと音がつながるように注意すること。


☆エチュード  (クロイツェル  10番)
全体;
● 全体的に弓を使い過ぎ。もっと弓の分量を少なくして。
● もっと音程をきっちりと。指をつけて、離してをしっかり確認すること。
● ブツ切りに聞こえるところが多々あるので、音がつながるように。

→ 以上の事を注意して、 もう一度。

☆エア・バリエ(ロッシーニの主題による) byDancla (新しいバイオリン教本4)


Andante
● 出だしの2小節目。クレシェンドにすること。
● 10小節目の後半3連符で弓を使い過ぎると、11小節目の「ミ」がショボくなるので
注意。
● ビブラートは綺麗です。

Piu lento
● 11小節目はしっかり叩いて音を出すこと。少しゆっくり目に弾いても良いので。

Cantabile
● 1小節目の3拍目の「ソ」は弓の分量をもう少し少なく。次の音をしっかり出すため。

Brillante
● 8小節目の弾き方に注意。横に引っぱらずに弓を弦にぶつけるイメージで。
8分音符をしっかり弾くこと。
● スピカートはOKです。

Coda
● 弓の分量を少なくして弾くこと。大振りにするよりも弾きやすいはず。

→ 以上の事を注意して、もう一度!


前回「新しいバイオリン教本4」を忘れてしまったので、
約一ヶ月ぶりのエアバリエでした。
かなり練習してのぞんだレッスンでしたが、
ぽろぽろと引っ掛かり、粗が出て、弾いてても「こりゃアカン」と
思ってしまった。表現する以前の問題で、
とにかく弾けてない部分が多過ぎた。
この曲、難しい。
色々なバリエーション、色々な技術や要素が詰め込まれていて、
子供であればきっと何も考えず勢いで淡々と弾いちゃうのかもしれないけれど、
大人だとあれこれ考え過ぎちゃう。頭も感情も技術も追いつかない…。
今日は弓の分量が、クロイツェルのエチュードもエアバリエも多かったようで、
師匠は「 アンサンブルに入った影響って事はない?回りの人がみんな大振りしてるとか」
と心配してくださいましたが、
自分ではわからない。 でもそういう事も含めて分析が必要ですね。そして
もっと淡々と、しかし表情豊かに弾けるように、私なりに練習しないとね。

師匠が「この曲は難しいよ。こんな難しい曲を弾くようになったんだねぇ」と
しみじみおっしゃってましたが、確かに…。
しかしこれを乗り越えないと次に行けない。
次こそ合格できるように練習だ〜!

   
d0176951_16245659.jpg

         横浜にプチ旅行。


↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村



[PR]
Commented by oda at 2014-12-11 09:25 x
アリシアさん こんにちは odaです!

>「この曲は難しいよ。こんな難しい曲を弾くようになったんだねぇ」としみじみおっしゃってました。
・・・すごいなあ~ずいぶん努力しているんですね。
それにしてもいい師匠ですね~(感動)


私もいい先生に巡り合えレッスンを続けています。
篠崎教本1にアリシアさんのコメントを書いて練習していました。
先生がそれを見て「本当にレッスン初めてなんですか?」ハ・ハ・ハ・
予習に、復習にと助けられました。

「旅愁」「凱旋の歌」の合格をいただいた後、
「おさらい会にむけて「若い翼」のレッスンをします」と言われ、
コメントを探したのですが見つけられませんでした。
結構練習したつもりですが、稚拙な本番・・・音程が外れる、弓が震える、終盤に指が回らなくなるし・・・でしたが、お嬢様先生と二重奏させていただき感激しました。
「初めて間もないのに最後まで弾きとおして立派でした」と講評していただき嬉しかったなあ~しみじみ~
発表を終え、先生とお嬢様が「チャルダッシュ」大迫力二重奏のプレゼント。かぶりつき席でしあわせ。

次のレッスンでなぜか?
「次の教本をやることにしますから用意してください」と言われ、
「課題がずいぶん残っているのにいいんですか?」
「最後の曲が弾けましたから大丈夫です」
「いままではサラッと進めてきましたが、これからはじっくりやります」

篠崎教本2のコメント、まずは「驚愕シンフォニー」、ありがたく頂戴しますね(笑)
Commented by collages1122 at 2014-12-29 11:22
>odaさん
コメントありがとうございます。お返事が大変遅くなり、申し訳ありません。
odaさんも良い先生に巡り会えたのですね。
それってすごくラッキーな事ですよね。今までヴァイオリンを習ってきて師匠との相性ってとても大事だと思うのです。
ヴァイオリンを大好きでいられるのは、やはり師匠の力である事は間違いない。努力を続けられるのも。これからもこの師匠について行くぞー!と年末に改めて思いました。

「若い翼」はやってないと思います。師匠の判断で抜かす曲もあります。
次は「驚愕シンフォニー」ですか〜!
段々と有名な曲も出て来るので、やりがいありますよね。
是非頑張って練習してください。
私が記録として書いているブログが参考になるのであれば、
すごく嬉しいです。
ヴァイオリンは本当に難しく繊細な楽器ですが、諦めなければどんどん弾けるようになります。楽しいです。辛い時もあるけれど…。
来年もお互いに楽しい音楽生活を送りましょうね。
今後ともよろしくお願いします♫
Commented by oda at 2015-01-28 16:59 x
アリシアさん こんにちは odaです!

 篠崎教本2記事を参考にさせていただいています。

「手首が固い」徹底的に鍛えてもらっています。
「アレキサンダーテクニック」があるということを教えてもらいました。

 ちょっと聞いてもいいですか?
教室で開催した「大人の生徒さんの発表会」に参加しました。
生徒さんの演奏を聞いたのは初めてです。

聞いてショックを受けたのは、
①「運指」弓がグニャグニャまがってカッコ悪い。
②「音色」キーキー・チープで、ばよらしい音が出ていない。

言い訳としては、
①緊張して手が震えている。
②難しい課題曲。
③左指はしっかり動いているようでした。

10年くらいのベテランもおられ、
教本は、「鈴木3」や「新しい3」「新しい5」を使っていました。

→とても人様に聞いてもらえるレベルではないと思いました。こんなもんでしょうか?

→平均的に何年くらい(何時間)練習したら易しい曲でまともな演奏ができると思いますか?

ぶしつけな質問で申し訳ありません。
失礼で先生には聞けません。
聞かれても「人それぞれ」ですよね。

「綺麗な音が出せるまで5年」というのは本当なんだなあと感じています。
Commented by collages1122 at 2015-01-29 19:54
>odaさん
こんばんは。
発表会でショックを受けたとの事。お気持ちわかります。
私もヴァイオリンを始めたばかりの頃、知り合いの演奏を聴いてショックを受けた事があります。その方はバヨ歴6年位だとおっしゃってましたが、失礼ながら6年でもまだこんなものなのか!と。
でもodaさんがおっしゃるように「人それぞれ」ですよね。
10年やっても弾けないままの人もいるでしょうし、5年位で美しく弾ける人もいるでしょう。

美しい演奏は、正しい音程であることが絶対条件ですよね。
そして音を響かせることのできる良いボーイング。
これを先生に厳しく指導していただく以外に上達はないと思っています。そして地味な練習をコツコツやることが大事です。

大人からヴァイオリンを始めた生徒さんに対しては、先生方は趣味の習い事として、楽しければ良いのかな?という感じで音程や音色の不確かさに目をつむり、あまり厳しく指導しない方も多いと聞きます。odaさんの先生がどういうご指導をなさっているかわかりませんが、自分が何を目指しているのか、漠然としたものでも目標を伝えておくと良いかもしれません。私は自分の師匠に早い段階で伝えました。
それがとても良かったと思います。

まだバヨ歴4年半の私です。偉そうに語ってしまいました。
すみません。
ヴァイオリンと一緒に楽しい日常を送れると良いですね。


Commented by アリシアさん こんにちは odaです! at 2015-02-03 16:12 x
つまらない愚痴にもかかわらず、いつも的確なお答えありがとうございます。

良く理解できました。

楽器を楽しむ目的や考え方は皆違いますから、あまり他の人のことは気にしないようにしようと思います。

先生の生徒さんで、「レッスンの時しか弾かない」方がおられるそうですが、先生の演奏を間近で聞けるだけで幸せでしょうし、楽器に触れて楽しむことが満足なんだと思います。(それと、おしゃべり?)

ブログを読ませていただいて、茶菜さんは本当に、ばよに向いていると思います!
◎溢れる情熱で
◎明確な目標を持って
◎根性の練習を
◎名師匠とともに
◎楽しんでおられる。
そして、◎音楽性
◎長年ピアノ演奏を続けてこられて
◎楽譜を読みこなせる力と
◎音感と◎リズム感。
(ほんとかな?)

先生に目標を伝えましたら、
「これからは、完璧に暗譜していただいて、完全に仕上げてから先に進みます」
「この先、どんどん難しくなってきますから」と言われました。

オ・ソ・ロ・シ・イ・ーーーーーーーー

ばよは、弾くほどにできることが増えてくるし、疲れないから?いくらでも弾いていられ楽しいです。

これからも、いい教本といい先生を信じて、じっくり1曲づつ仕上げていきたいと思います。
Commented by collages1122 at 2015-02-12 19:11
>odaさん
私がヴァイオリンに向いているかどうかわかりません。
でも本当にヴァイオリンが好きです。音色が好き。自分の愛器が可愛くて仕方ない。そして師匠を大尊敬しています。
辛い時も多いですが、少しずつ上達しているのを感じられた時は、すごく幸せ。
だから長く続けたいな〜と思っています。

odaさんも先生に目標を伝えたのですね。やったね!
しかし完璧な暗譜とは、厳しいっすね。
でもそれをクリアしていけたら、確実にレベルアップできるでしょうね。頑張ってくださいませ。
でも焦らずに、じっくりと〜。
私もodaさんが頑張ってると思うと励みになります。
by collages1122 | 2014-12-04 16:27 | ヴァイオリン | Comments(6)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122