レッスン 106回目

御嶽山が噴火しました。
絶好の行楽日和の土曜日。紅葉が見頃。そしてお昼…。
なぜその時に山の神は暴れたのでしょう。もし真冬で、お天気が悪くて、
平日で夜中だったら、こんなにも多くの方が登山していないでしょうし、
被害もずっと少なかったに違いない。自然災害の無慈悲さをつくづく思い知られた週末でした。
お亡くなりになった方々のご冥福を心からお祈りいたします。

☆ ボーイング

とても良く音が響いています。綺麗です。
弓先で音が抜けないように返しましょう。

☆スケール/ 分散音(フリマリー 音階教本)

C dur;
綺麗に音がつながっています。
よく響いて大変綺麗です。


☆エチュード  (クロイツェル  6番)

全体を通して;
一音一音をきゅっきゅっと止めるのではなく、
もっと力を抜いて。もっと自由に。
力を入れて弦を押さえつけると音が響かないので要注意。
弦に弓を引っ掛けてスッと弾く。アップもダウンも同じ。
以上の事を注意してもう一度弾いてみたら、ずっと綺麗に弾けました。

→ 合格。

☆ホーム・スイート・ホーム by Farmer(新しいバイオリン教本4)

Introduction;
● 一小節目の16分音符はもっとはっきりと強く出す。
Theme;
● 情感豊かに弾けています。OK
Var.;
● 少し固かった。もっと柔らかく軽く弾きましょう。
● 急がないで。
Andante con espressione;
● OKです。
Final;
● 弓の真ん中よりも上で弾くこと。
● 28小節からのフレーズは、拍の最初の音をしっかり出すこと。
以上の事を注意してもう一度弾いた結果、

→ 合格。
♬…………♪…………♬…………♩…………♬

今日のレッスンで、
エチュードと課題曲の両方が合格となりました。
完璧に弾けたぜっ!とまではいかなかったけれど、
師匠は「充分充分!よく頑張りましたね。」と言ってくださり、
ニコニコでした。
ああ〜良かった。

クロイツェルの6番は、長かった…。
6月からやっておりました。ようやく最後まで通して弾けるようになりました。
感無量。6番をやったおかげで、
ポジション移動があちこちにちりばめられている曲でも
あまりかまえずに弾けるようになりました。

「これからはこういう長丁場になる練習曲が続くよ。」と師匠。
そ、そうですよね。覚悟しております。
ひとつひとつの技術を習得するのはそんなに簡単な事ではありません。
じっくりじっくりと師匠に教えていただきながら頑張ります。
次の曲も あれれ〜?なにこれ〜?って感じですが。

「ホーム・スイート・ホーム」は、
もっとかかるかな?と思っていたけれど、意外と早く終了。
それでも2ヶ月か…。
一曲の中に色々なバリエーションが豊富にあって、練習していても楽しかった。
ただ練習しなくてはならないカ所が多過ぎて、
本当に時間がいくらあっても足りないくらいでした。
もう終わりか、と思うとちょっと寂しいけれど、飽きる前に終わって良かった!
と気もします。

さて、次は
エチュードも課題曲も新曲! ということで譜読みが大変です。
またエア・バリエだし!

アンサンブルの練習もありますし、いっぱいいっぱいにならないように
マイペースで頑張ります。




↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村



[PR]
by collages1122 | 2014-09-29 15:16 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122