レッスン 79回目


先週の猛暑は殺人的でした。まだ7月の初旬だというのにエアコンをつけました。
この茨城の地に住んで27年になりますが、7月中にエアコンをつけたのは初めてかも。
それほど先週は暑かったのですが、
今週に入り、まるで天然のクーターの中にいるみたいに涼しい日々。
最高気温は25℃程度。
ああ〜〜楽!  ずっとこの涼しさが続いてくれたらいいのに。

…涼しいとヴァイオリンの練習にも気合が入ります。
何しろ楽器のご機嫌が良いですからね。

さてレッスンに行って来ました。

ボーイング

D線もA線も広がりのある音でよく響いています。
その感じでいつも弾けると良いです。

スケール

● ト長調… 音がつながるようになりました。音程もOKです。

→ 合格

カイザー練習曲 18番

● 前回注意したところはすべてクリアされています。
● 音質も良く、強弱のつけかたも完璧でした。
● 大変きれいに弾けていました。

→ 合格

メヌエット  by Beethoven

● トリルではもっと弓を使いましょう。
● 速度が早くならないように注意しながら、たっぷり歌って。

→ 合格

今日は全部合格。
とくにカイザーでは先生に絶賛されました。一生懸命練習した甲斐がありました。
嬉しいです。

さて、メヌエットが終わったところで、お約束のビブラートレッスン。
2の指をA線の5ポジに持って行き、弦につけた指先を中心に
弦の方向に合わせて上に〜下に〜。 ゆっくりやってもできない!
こ、これがビブラート?!  何これ〜〜!
「すぐにできるようにはならないから、焦らずゆっくり練習してね。」との事。
しかしあまり練習しすぎると、第一関節を痛めるから要注意ですって。

ポジション移動を最初に習った時も「何じゃこれ〜〜?」と思いましたが、
ビブラートはそれ以上でしたわ。
でもヴァイオリンをやってる人なら必ず通る道。そして皆できるようになってる。
私もいつかできるようになるのかな? がんばろうっと。

新しい課題曲は、
カイザー16番。 スラーで綴るレガート奏法の特訓になりそう。
そして、いよいよでございます。
誰もが知ってるヴァイオリンの名曲 ビバルディの「コンチェルト イ短調」
こんな立派な曲をやるようになるなんて感無量。
師匠の「この曲は大変だよ。ボーイングもいやらしいし。」というお言葉に
一瞬ひるんだものの、
絶対に乗り越えるわ!という闘志がわいてきました。
とりあえず、まずは譜読み。がんばります。



[PR]
by collages1122 | 2013-07-19 15:12 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122