レッスン 73回目


桜が終わり、街には赤や黄色のチューリップの鮮やかな色が目立つようになってきました。
春本番!  でもまだちょっぴり寒い日もあるから体調に気をつけないとね。

さて、レッスンに行って来ました。

ボーイング

D線とA線はとても良く音が出ています。
G線は、少し肘が高過ぎるのでもう少し下げて弾きましょう。

教   本

 No,38〜40

綺麗に弾けるようになりました。 音と音のつながりも、響きも良くなりました。

→ 合格。

 ゴセックのガボット 

● 2小節目は3音ともすべて四分音符なので、同じ長さで弾くこと。
(2音目が短くなってしまっている)
●9小節目からの部分は、もう少し弓をたっぷり使っても良い。
2小節毎に弓を持ち替えてもOK。
●20小節目のフレーズは指使いに注意。
●25小節目からのフレーズは、最初の四分音符をたっぷり(弓の半分を使って良い)
そしてその後の16分音符は可愛らしく。
さらにその後のポジション移動は、3の指だけでなく、きちんと1の指も移動させること。
(ポジ移動の基本なので)
●ピチカートは指板の上で。
以上を注意し、

→  もう一度。

 スケール  ヘ長調

よくつながっています。分散音も綺麗。

→  合格。

 カイザー練習曲15番

● スタッカートの時に、ダウンよりもアップの時の方が元気に聴こえる時があるので注意。
ところどころ押しつぶしたような音に聴こえるところがあるので、それも注意。
しかしあとは大丈夫。 最後の和音もOKです。

→ 合格。


「だいぶ慣れたね!いいよ〜〜」と
No,38〜40を弾き終わった時に先生から言われ、
「これは合格…でしょうか?」とおそるおそる聞いてみたら
「お任せします。」って。
     「お任せしますってどういう事でしょうか??」
「続けて弾きたければ弾いてもいいし、でも充分もう弾けてるし」
    「……」
任せる、と言われるとさぼりたくなりますが、
ウォーミングアップだと思って、ボーイングとスケールとセットで
これからも練習前に弾きます。 ということになりました。
レッスンで先生に見てもらうことは、今日で終わりですが。
屈折数ヶ月!!! ようやく!  ああ嬉しい。

ゴセックのガボットはまだ一回目なので合格は無理かな〜と思ってました。
でも先生が「とっても可愛い! とっても可愛く弾けてるので、
2週間後にもう一度聴いてみたいの。」と。
うふふ… 嬉しいな〜。 2週間後に「あれれ?前より悪くなった。」と
言われないように、今日いただいた注意点をきちんとクリアしていきたいと思います。

カイザー15番は、スタッカートと装飾音符もまあ何とかそこそこ弾けたかな、と
いう感じなので、先生も「この程度弾けてればOKです」と言ってました。
最後の和音、音は合ってたけれどリズムはメチャクチャになってしまいましたが
大目に見てもらって合格。良かった。

さて次の課題は、
引き続き ゴセックのガボット。  トリルばっかりの カイザー17番。
スケール(ホ長調)  です。

トリルは苦手です。…というかできません。
どうなりますかね。


d0176951_1622198.jpg


イタリアのヴェネチアにて。
[PR]
by collages1122 | 2013-04-18 16:28 | ヴァイオリン | Comments(0)