レッスン 71回目


春をすっ飛ばして初夏に突入してしまったような今日この頃。
東京ではすでに桜が見頃とか…。 さすがにここ茨城北部ではまだ咲いてませんが、
本日水戸で開花宣言がありましたので、時間の問題。
こんなに早いのは、私が覚えているかぎり初めてかも。
風の強い日も多いです。
体調に気をつけてまいりましょう。

さて、レッスンに行って来ました。
前回の時、先生の体調が悪そうだったので心配していましたが、
今日はお元気そうでした。良かった。

ボーイング

綺麗に音が響いています。肘の角度や腕の使い方などもOKです。

教   本

No.38〜40

● 一音目をもっとはっきり弾くこと。
● 綺麗にまとまってはいるが、もっとつなげて、もっとレガートに。
● 弓の分量が多く、弓の速度が早過ぎる。もっとゆっくり。かといって音量は下げないこと。
● 音程に注意。(今日は下がり気味だった)

→ もう一度。


 セレナーデ by  Haydon

● 出だしの「ミファソミド」に注意。 「ミファソ」よりも「ミド」が大きく聴こえるので、改善すること。
●ちょこちょこ出て来る16分音符はもっと短く、キリっと弾くこと。
● 全体的に弓の分量が多過ぎる。8分音符などは弓三分の一位の分量で、
淡々と弾くこと。
 
→ もう一度。

Kayser 15番

●スタッカートのやり方はOK。 綺麗に弾けています。
● 装飾音符はどれも一定の強さと弾けると良いのだが。薬指のパワーが足りないように思う。
● 装飾音符の音程にも注意。

→  もう一度。


今日はスッキリしませんでした。
レッスン直前練習ではかなり良い感じに弾けていたのに、
いざレッスンで弾いたらボロボロでした。 
今日こそはと思っていたNo.38〜40もまたまたもう一度。これ、去年の10月からやってます。
どうにも苦手。 そして先生が絶対にあきらめてくれない。
「大体出来てるのでもういいわ。OK」ではなく、
「大体出来てるけど何かが足りない。もう一度やってきて。」となる。
先生が大満足してくれるようにこれが弾けたら、すっごく基礎力がつくような気がするけど、
今はなんだか辛い。またこれを2週間がんばるのか…とほほ。

セレナーデはけっこう自信があったのですが、出だしでコケて、
その後は節操なくなり、音程も不安定になり、先生は苦笑って感じ。
まいったー。

カイザーは、まだ一回目なのでこんなものかな。
スタッカートは悩みながら練習して行ったので、すごく褒められたのが意外。
「こんな感じでいいんですか?」
「いいよ〜。素晴らしい。」って。
装飾音符は私のひ弱な薬指と小指がモタモタしちゃうので、少し指を鍛えなくちゃ!

早く進んで、いろいろな曲を弾いてみたい。
しかし今は我慢の時なのかな。ここをいつか抜けられる?
けっこう長いトンネルに落ち込み気味。 モチベーションが下がってきたよ〜〜〜。
(その程度の事でへこたれるなんて甘い! という先輩達の声が聞こえてきそうだ)

[PR]
Commented by クロッシュ at 2013-03-24 16:55 x
厳しく、そして優しい先生なのですね、妥協せず、音を追求するというか。
その先生の指導の期待にしっかり応えられるんですもんね、すごいです。
練習もみっちりされていて…。
バイオリンを始めてまだ2年と少しなのに、進むのが早いですね。
ちなみに私は今まだ篠崎の2巻の学生協奏曲第五番です。
私の先生もできるようになるまで合格くれないんです、私の場合は練習不足がかなり響いていますが。
今年こそ、この本を卒業して3巻に行きたい!です。
それを先生に話したら、さすがに今年には終わるでしょう、と言っていましたが、すでに3月が終わってしまったので、また今年も2巻でとどまるかもしれません…。
またお邪魔させてくださいね〜。
Commented by collages1122 at 2013-03-25 21:46
クロッシュさん
師匠と私は同じ歳なんです。レッスンが終われば普通に世間話したり、お互いに自分の事を話たりして打ち解けてますが、いざレッスンになると、鬼です。でも愛ある鬼です。 
私の夢はアマチュアオーケストラに入って、末席でも良いからステージに乗る事。これを話してあるので、その夢の実現のために必要だと思われる指導をしてくださっているのだと思います。
練習は時間がある日は一日2時間程度。時間がない時はせめて30分でもいいから楽器にさわるようにしてます。とにかく練習が好きなんです。辛い時もあるけれど、ヴァヨが可愛くて仕方がないです。
学生協奏曲第五番、私も苦労しました。後半の早いパッセージのところで指がもたもた。でも変化に富んだ面白い曲ですよね。ヴァヨを弾いてる実感が初めてわいたのを覚えています。頑張ってください。
第五番が終わればあと少し。きっともうすぐ3巻に突入できますよ。
お互いに頑張りましょうね。
by collages1122 | 2013-03-21 16:49 | ヴァイオリン | Comments(2)