レッスン 69回目

まだまだ寒いですが、杉の花粉が飛び始めたようです。
裏山の杉林は真っ赤っか。 ちょっとでも風が吹けば 拡散! という状態になってます。
怖いですね。
私は一週間前から薬を飲んでいます。 

さて、二週間ぶりのレッスンに行って来ました。

ボーイング

弓元で弓を倒し、返したらまた戻し…を重点的に練習した結果、
弓元で音が抜けなくなり、返す時に「ギシッ」という雑音もなくなり、かなり良い感じになりました。
しかし、弓元に集中しすぎて練習した結果、弓先がおざなりに。 
弓先にも気を使いましょう。しっかり肘を使って。

どうしたらより美しい音を出せるか。弓に腕の重みを乗せてそれを弦に伝えられるか。
均一に音を出し響かせるか…。
やっぱりボーイングを洗い直すしかないのだそうです。
 本当にボーイングって奥が深い…。すべての基本がここにあるのですものね。

浅田真央選手が、バンクーバーオリンピックで銀メダルをとった後、
さらなる質の向上を目指してまず始めたのは、スケーティング。
リンクをひたすらグルグル滑るだけのスケーティングを毎日毎日やっていた…という話を聞いて、
それがヴァイオリンだったら、ボーイングなのだろうなと思いました。
真央ちゃんを引き合いに出すなんて、ど厚かましいですが、
私もボーイングが完璧に美しくなるまで特訓するぞーーと発奮したしだいです。

教    本

No.38 〜 No.40

だいぶ音程が安定してきているので、次は全体をレガートでまとめ、つながるように。
弓の分量を少なくし、ゆっくり動かす。
そのように弾いてきてください。

→ ひきつづき要練習。

No.44

ポジション移動する時の装飾音符がもっとはっきり聞こえるように
しっかり弾いてください。

→ ひきつづき要練習。

No.69 「アベマリア」

●20小節目からは段々にクレッシェンドにもっていく。( 20小節目にいきなりフォルテではなく。)
その時に、16分音符はもっと短く。(今の状態だと、間延びして聞こえるので)
●もう少し音量をあげて弾きましょう。
●あとは全体的に綺麗に弾けています。

→ 合格。

 No.13 カイザー練習曲 13番

●移弦する時に、少し弓が暴れる事がある。注意
●弓の分量はもっと少なく。
●スラーのところをもっとはっきり。
●ポイントとなる音をはっきり。
●曲想を出して、曲らしく仕上げましょう。 音を響かせましょう。

→  もう一度。



No.38 〜 No.40のエチュードが今回も合格にならず、ちょっとショックでした。
まだなのか… もっとなのか…。 
師匠はとことんこのエチュードで3ポジに慣れさせるつもりなのだろうな〜と思う。
まあ仕方がない。また二週間、がんばるわ。

「アベマリア」はちょっとショボい出来だったような気もするけれど、
「綺麗に弾けてる〜」と言う事で、仕上げに師匠がビオラで伴奏してくださり、
合格になりました。良かった。 
この曲は大好きだし、もう少しやりたいという気もしたので、
本日合格になりましたが、自分なりに練習を続けたい。

カイザー練習曲はあと一歩だと思う。次回には合格もらえるように頑張ります。

課題曲として ハイドンの「セレナーデ」も新たに加わり、やることいっぱいです。

ヴァイオリンは本当に難しいし、この年齢になってから学ぶのは大変ですが、
本当に楽しい。 上手になりたい。 ただそれだけ。



d0176951_1434823.jpg


ヴェネチアにて。
[PR]
by collages1122 | 2013-02-21 14:15 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122