レッスン 67回目

新年が明けてだいぶ経ってしまいましたが、
今日はヴァイオリンの初レッスンでした。
前回のレッスンが12月27日だったと思いますので、一ヶ月ぶり。
ちょっぴり緊張しつつ、行って来ました。

ボーイング

一ヶ月の間レッスンがなく、先生のチェックが入らなかったせいか、
ボーイングにかなりダメ出しが入りました。
 弓先と弓元でもっと弓を傾けて音をコントロールすること。
  肘の上げ方と弓の角度を弦にきちんと合わせること。
  速度はゆっくり。

教    本

No.38 〜 No.40

サードポジションに楽器が慣れ、発音がどんどん良くなるようになるための練習です。
そのようになるためには、もっともっと丁寧に音が一番良く響く(共鳴)ところを探しながら、
一音一音の響きと響きがつながって、全部が美しく響くように弾く事。
そうなれば、結果的に音程も合っているということ。
弦が共鳴するように音を探すこと。もっとゆっくり弾くと良い。

→ もっとやってきてください。

 No.44〜 No.47エチュード

間に入る装飾音の音程をきちんとし、もっとはっきり聞こえるようにすること。
最初の四分音符を短めに弾いてしまっているので、リズムをきちんとすること。

→ さらにもっとやってきてください。

 No.62 荒城の月

→  合格。

 No.63 シシリー民謡

→  合格。

 No.65 ホームスィートホーム

3ポジのE線の「ラ」の音程が不安定。 E線の音がしょぼい。 もっときっちり響かせて。
→  もう一度。

 No. 68 愛する者は見よ

前半のG線を弾く時のボーイングが暴れている。 もっとまっすぐストレートに淡々と
ボーイングすること。 後半はOKです。
→  もう一度。


一ヶ月間練習をしっかりしていたつもりだったのですが、
けっこう適当にチャラチャラ弾いてただけだったのだろうか? と先生の厳しい指導を受けながら
考えてしまいました。
今日はボーイングにかなりダメ出しが入ったのもショックでした。
一ヶ月の間にこんなにも崩れてしまっていたのかと。でもだからこそ先生がいて良かった〜とも。

教本のエチュードもまだまだです。 もしかしたら合格できるかも?と思っていたのですが、
甘かったです。 
「ドが低い!」「ソが高い!」「…が低い」「…が高い」 …  何度言われただろう…。
「もっと丁寧に、共鳴する場所を探しながらの練習をしないと!」   と言われ…
それをやってきたつもりの私は落ち込んだ〜〜〜。

ここが頑張りどころなのだろうな。 百発百中音程がキチッと決まるようになるまで
耳で聴いて、目で見て、 押さえるべき場所を指先に叩き込む。 

次の課題は今回合格できなかったものに加え、
「アベ マリア」 と カイザー13番です。 
ちょっと課題が多過ぎるので、この2つはやってこなくてもいいよ。との事。
でも譜読みくらいはしておこうかな。

なんだかいっぱいいっぱいだけど、 マイペースで頑張ります。
今目の前にあるこの壁を抜けたら、 とたんに世界が広がるらしいよ。

*1月3日の従兄弟の結婚披露宴で  「愛のあいさつ」  を失敗なく無事に弾くことができました。
楽しかったです。


d0176951_16432920.jpg


伊豆へ温泉旅行をしてきました。途中の伊豆スカイラインで富士山を堪能。
[PR]
by collages1122 | 2013-01-24 16:44 | ヴァイオリン | Comments(0)