レッスン 66回目

寒いです。 12月で氷点下になるって…。
いつもの年よりも確実に寒い。 本当に氷河期に突入しているのでは?と思えるほどです。

あと5日で今年も終わり。  今年最後のレッスンに行ってきました。

「愛のあいさつ」集中レッスンです。(1月3日、従兄弟の披露宴で弾く予定)

一度通して弾いてみたところ、
「すごく良くなった。 良くなったけれど、これから重箱の隅をつつくよ。」

…というわけで、
細かく細かく見ていただきました。

「ここはこうやって、ここで一呼吸入れて。でも入れすぎないで…」
「rit.は大事だけど、あまりにやりすぎると間延びするよ。」
「休符は守って。でないと、突っ込んでくるように聞こえる。」
「低音を響かせて。圧力を加えながらクレッシェンドして」 などなど 書ききれないくらい。

先生に言われたところを(っていうか、ほとんど全部なのですが)
そのように弾いてみると、からまっていた糸がほどけるように、素直に弾けるようになるから不思議。

そしてレッスンの最後に
「うん!大丈夫! きっと大丈夫だよ。 がんばって弾いてきてね。」

とお墨付きをいただきました。

「でも〜〜本当は、もっともっと綺麗に弾きたい。理想とする感じになってない。
こんなに練習しているのに、どうしてできないんだろう??」  と私。

先生「それは仕方ないよ。だって、まだ教えてない技術的な事がいっぱいあるから。」

確かに。   いつか理想とする「愛のあいさつ」が弾けるようになるのかな。
今の私は、
できる事を精一杯やるのみ。
先生が誠心誠意教えてくださった「愛のあいさつ」が奏でられれば、それでOK。

本番まであと一週間。 がんばります。


今年もヴァイオリン、がんばりました。 目標としていた「篠崎教本 2巻卒業」を達成できたので、
まあまあ満足です。 
来年はポジション移動をマスターすることが大きな目標です。そして
できればどこかのアンサンブルグループに入れていただければいいな、と密かに思ったりしてます。

ではまた来年もよろしくお願いいたします。  良いお年をお迎えくださいませ。

 
d0176951_17441165.jpg


シェルティちゃん。羊毛で作りました。
[PR]
by collages1122 | 2012-12-27 17:40 | ヴァイオリン | Comments(0)