レッスン 60回目

10月に入り、すっかり秋です。 食欲の秋です。
お芋やら栗やらがちまたにあふれております。
 でもね、ここで食欲に負けてしまうと、脇腹や下っ腹に脂肪がたっぷりついてしまうので、
我慢我慢。  
食欲を紛らわせるためにもヴァヨの練習は欠かせません!
(練習中はなぜかお腹がすかないのだ)

さて、前回のレッスンが9/24だったので、2週間と3日ぶりのレッスンでした。

ボーイング

最初は弓先の音が安定しなかったものの、何度か弾いているうちに速度と圧力が合ってきたのか、
安定してきた。
音もよく響いています。

教     本

スケール

ト調長音階… 今日はD線のソが少し下がり気味になっている。
分散音でも下がっていたので注意すること。 音は綺麗です。

「学生協奏曲 第二番」 by Seitz

●14小節目の和音はもっとゆったり弾いて良いと思う。少し攻撃的に聞こえたので。
直すところはそこだけ。 ボーイングも弓の分量、使い方もすべてOKです。
「別に甘くしてあげてるわけじゃないよ。」

→  合格 。

サードポジ位置移動練習

篠崎3巻 P.61 No,44
●親指と他の指は一緒に動く事。(なぜか親指だけ先に行こうとする。それはNG)
●ゆっくりで良いので音程に注意して、ファーストポジでの1の指と、サードポジでの1の指の
位置を確認しながら練習すること。

→  まだまだ!


…というわけで、「学生協奏曲第2番」が一発合格となり、
篠崎教本2巻は卒業しました。

途中抜かした曲もあるので、復習がてら後日自分なりに練習してみようと思います。
「学生協奏曲第2番」はとても弾きやすく、譜読みも楽でした。
この前にやった「第5番」の方が何倍も大変でした。
だからなぜこの順番で掲載されているのだろう?と不思議でなりません。

さて、2巻が終わって嬉しい反面、3巻のポジ移動に苦しんでいます。
できるようになるのだろうか…。不安でいっぱい。
ヴァヨを始めて丸2年。こんなに不安でいっぱいになったのは初めてかも。
しかしみんなが乗り越えた壁。 
「大丈夫。絶対すぐに慣れるし、できるようになるから!」と先生はおっしゃる。
そ、そうかなあ〜〜〜

ところで、早くも来年の話なのですが、
1月3日に従兄弟の結婚披露宴がありまして、成り行きでヴァヨを弾くことになってしまいました。
今日先生と相談し、決まった曲目は、
「愛のあいさつ」 …結婚式では定番ですね。これを綺麗に華やかに軽やかに弾けるといいな。
そしてなんと「川の流れのように」…おじさんおばさんウケを狙いました。

この2曲をちょこちょこと練習しながら、ポジ移動の練習もがんばってまいります。


d0176951_1521270.jpg


ヴェネチアンビーズで秋色ネックレスを作りました。
[PR]
by collages1122 | 2012-10-11 15:22 | ヴァイオリン | Comments(0)