レッスン 49回目

レッスン 49回目

先週末ようやく桜が満開になりましたが、早くも桜吹雪。
その様子の美しいこと!
来年もまた元気で桜を見たいな〜と思いながら、
花びらでピンク色になった小道をお散歩。
春ですね。

さて、二週間ぶりのレッスン。今日は49回目です。もうそんなに通っているのか、と
自分でもびっくりです。

ボーイング

基本的な持ち方をもう一度チェックしてみましょう。
弓は親指と中指と人差し指で軽く持ち、薬指と小指は弓に添える程度。
力を抜きましょう。肩も上げないで、腕の力を抜いて、弓に圧力をかけないようにしましょう。
以上も事を改めて注意してボーイング。
ものすごく良く響いています。その音です。

教    本

スケール

1)ヘ調長音階… 最初の出だしの「ファ」をしっかり響かせること。頂点の「ラ」が少し低い。
2)イ調長音階… Fドゥアに比べて音程が取りづらいので、気をつけること。
…スケールは、引き続き毎日練習すること。

「アヴェ マリア」byGounod

○2小節目の「ラ」から3小節の「シ」はつながるように弾く。
○5小節目の「ラ」の後は四分休符があるので、自然に休ませて、6小節目の「レ」に持って行く。
○6小節目の「レ〜」から「レミファ」を弾く時に、肘をつかって。「ファ」がしょぼくならないように。
   そしてレミファのテンポが遅くならないように。
   このフレーズはその後も何度か出て来るので、同じように注意すること。
○17小節目からはクレッシェンドにもっていく。
○20小節目からの「ラ ド 〜 ラ」の部分は、「ラ」を強調せずに、ド〜ラと自然に弾く。
   次の小節も同じ。
○最後から6小節目にアクセントがてんこ盛りになっているが、アクセントをつけるよりも、
   綺麗につなげるように弾くこと。

→ もう一度。

カイザー練習曲 5番

○とても綺麗な音が出ているが、音程が少し気になる。
 ソ#が低い。

→ もう一度。

今回はどちらも合格ならず。
カイザー5番は自信があったのですが、気づいていなかった音程の穴を
先生に指摘されてしまいました。もっともっと厳密な練習が必要なのか〜。

「アヴェマリア」は、合格できるとは思っていませんでした。
譜読みしてようやく曲に身体が慣れたくらいの段階でしたから。
今日のレッスンでは、先生もヴィオラを持ち、具体的な曲想や、弾き方の指導があり、
こうすればもっともっと美しくなる、という事がはっきりわかり、
レッスンとしてものすごく充実感がありました。(そのとおりにできるかどうかはわかりませんが)
次回までにたっぷり肉付けして、素敵なアヴェマリアになるように
練習します。

次の課題は、「アヴェマリア」と「カイザー5番」は引き続きやりますが、
「美しき変奏曲」byFarmerも追加されました。 
これも手強そうですが… がんばります。

d0176951_15143441.jpg


[PR]
by collages1122 | 2012-04-19 15:14 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122