我が家でホルンのプチ演奏会


冬らしい寒さが続いています。
乾燥し、風も少しあるせいか、夜空の星がキラキラと輝き、
我が家のクリスマスイルミネーションもキラキラと輝き、空も我が家もとても綺麗です。

そんな中、昨日 夫の後輩達が東京から遊びに来ました。

夫は高校時代に管弦楽部に入っていましたが、
後輩達というのは、そこの卒業生たち。 
在学中に学年はかぶってなくても
先輩後輩という強い絆があり、さらに同じホルン奏者となれば、
もう兄弟のような仲の良さ。 羨ましいです。

今回は、夫が古いホルンを譲ってあげる〜と1人の人に言ったところ、
「じゃあ、家に取りに行きます。」「僕も行きたい」「私も!」
ということで集まったそうで、 遠路はるばるいらっしゃいませ〜。

私はヴァイオリンですので、出る幕なし。
そのかわり、あまり大したものではありませんが、
手作りのお昼ご飯を出しました。 
皆さん美味しそうに食べてくださり感動。 その後、歯磨き…。さすがホルン奏者は違う。
(弦楽器と違って、気楽につまみ食いできないのが可哀想ですが)

それから午後6時近くまでの5時間、
我が家はちょっとしたコンサートサロンのようになり、プチ演奏会が繰り広げられました。

ホルンだけのアンサンブル。
深くて優しい、癒される音色…。   ご近所中に響き渡っていたと思いますが、
きっと楽しんでいただけたのでは?
素敵でした。

私がもっともっともーーーっとヴァイオリンが上手だったら、混じりたかった。
飛び込んで行きたかった。
上手になりたい。改めて思いました。

陽も暮れ、我が家のイルミネーションが輝き出した頃、
皆さんは東京へ帰って行きました。
思いきり演奏できて楽しかったのでしょう。良い笑顔でした。

またいらしてください。 お待ちしています。
d0176951_20525431.jpg

[PR]
by collages1122 | 2011-12-18 20:54 | 音楽 | Comments(0)