レッスン  38回

レッスン  38回

朝晩かなり冷えるようになってきました。
今朝7時の外気温12℃。 湿度も60%くらい。
木々の葉も色づき、秋本番。
ヴァイオリンの音色が艶を増してきました。
アリシアは秋が好きみたい。

今日はアリシアを購入した楽器屋さん(名古屋のヴィルトゥーゾさん)の
弦楽器担当の真下さんが先生のお宅にいらしたので、
私も弓を見てもらいました。
やはりかなり毛が伸びてしまっているとの事。
お願いして毛替えをする事になりました。
真下さんがお店に弓を持ち帰り、私の手元に戻ってくるのは来週の月曜日。
それまでは、通販で買ったカーボンの安価な弓で我慢我慢。

そういうわけで、今日のレッスンは 代役弓でやりました。
最初は戸惑ったものの、スケールをやる頃になると慣れました。
ただし、やはり弦との相性というか、密着度というか、響きは全く違いますけどね。

スケール と 分散音

◉二調長音階
◉ロ調短音階
…弓を返す時に「シュッ!」と勢い良く返さないで、むしろ速度を落として丁寧に。
どちらもとても綺麗に弾けています。
→ 合格。



◉ No.33 「ガボット」  byバッハ
2回目なので前回注意された事を丁寧に練習してきました。それでもイザとなると
上手く弾けない事も多いのですが、今回はとても良く弾けました。
○もっと弓はたっぷり使ってください。
○途中から音程が上ずる。E線のGに注意してください。
○音の繋がりも良く、綺麗に弾けています。
→ 合格。

◉ No.40「オーゼの死」 byグリーグ
練習し始めた時は、この曲は暗くて大嫌いでしたが、音がしっかり取れるようになってくると
なぜか悲しげな旋律に癒されるようになり、次第に好きになりました。
○ 音が繋がるように。
○ 半音の幅は結構広いので、指移動は思い切って。
○ 綺麗に弾けています。
→ 合格。

練習して行った曲が2曲とも合格。嬉しいです。
先生にもたっぷりと誉めていただきました。(笑)

さて次の課題曲は、「美しき我が子よいずこ」と
「ドナウ河の漣」 です。どーんと飛びました。
今後もどんどん飛ぶそうです。
そして「次回あたりからいよいよカイザーに入りましょう!宣言」が出ました。ひえ〜。
私としてはちょっと不安ですが、先生の方針なのでついて行くだけです。

私「大丈夫なのでしょうか?」
先生「はあ?私が大丈夫だって言ってるんだから、大丈夫!」 との事です。
頑張ります。 


[PR]
by collages1122 | 2011-10-27 13:46 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122