夢みる ヴァイオリン collages.exblog.jp

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122
プロフィールを見る
画像一覧

レッスン 32回目


レッスン  32回目

今日は朝から酷い雷雨。
瀧のような雨でしたので、ヴァイオリンケースのレインカバーがいよいよ出番かな?
と思い用意しましたが、出かける直前に嘘のように雨が上がり、晴天に。
今まで30回も先生のところに伺ってますが、
雨降りだったのは1回だけ。ラッキーです。

先生のお宅に伺うと、今日もラブちゃんもお出迎え。
ラブちゃんの頭をたっぷりなでると、バヨも上手く弾けるような気がするのよね。
不思議と。

18日のプチ練習会も終わり、今日からまた教本で通常のレッスン。

教  本

●9番 イ調単音階

○アップとダウンの速度を同じにすること。
 アップの速度が早くなる傾向にあるので、注意が必要。
○移弦する時に綺麗につながるように弾く事。  
 → 合格

●11番「ロシア舞曲」

○ 1小節目の16分音符は、弓先で。
  16分音符と8分音符の弓の分量に注意。
○3小節目、17小節目などの8分音符4個は、ダウンたっぷり、アップ少し…というバランスで
 しっかり弾く。
→  合格

●12番 、13番 ト調長音階

○アップが早くならないように。
○速度と弓の分量のバランスを考える事。弓の根元から先まですべて使って弾かなくて良い。
 綺麗な音が出れば良いのだから。

●17番 「メヌエット」

○三拍子を意識して弾くこと。
○最初の音をダウンで思いきり弾く事。
○8部音符は弓量を控え目に、弓をバタバタさせないように弾く。
○クレッシェンドのところは、弓量を増やすというよりも、圧力をかける事によって
  音量を上げていくようにする。
○この曲は難しいです。しっかりやりましょう。

以上です。 18番のメヌエットも用意して行きましたが、時間切れ。


うわーー!やはりメヌエットはダメだった。
昔、子供の頃、ピアノでやった事のあるバッハのメヌエット。
ヴァイオリンで弾くとこんなに難しいのか…。
でも好きな曲なのでなんとか自分のものにしたいと思います。

今回また弓の分量や弾く場所などの注意を受けました。
なんとなくこんな感じかな?程度で練習していてはダメなのですね。
しっかり作戦を練って、弓のどの部分で、どのくらいの量で弾けば綺麗で、
次の小節に美しくつないでいけるかが重要。
そのための作戦が自然にできるようになるのかな。身に付くのかな?
でも頭を作って弾かなければならないのだな。と最近実感するようになりました。

次回もがんばります。
d0176951_13553359.jpg


[PR]
by collages1122 | 2011-07-27 13:56 | ヴァイオリン | Comments(0)