レッスン 30回目


レッスン 30回目

つい2週間ほど前までは「6月なのに暑いわねぇ」と言ってたのに…
それが突然の猛暑。
本日熊谷では39.8℃を記録したとか。 我が家周辺は33℃まで上昇。
暑い! 

そんな中、レッスンに行って来ました。

さすがにクーラーと扇風機をつけてもらいました。

まずはボーイング

●ダウンよりもアップの方がスピードが早い。同じスピードにすること。
●音はよく響いています。

教  本

●  No12 No13 ト長調音階 スケール

G線の時は、弓を床と平行になるように心がけて、力を抜いて、
つぶれたような音にならないように。
右手の移弦の準備が若干遅い。
音をつなげていく、というイメージを頭に描きながら弾くこと。

● No6 「驚愕シンフォニー」

最初の出だしの」「ドドミミソソミ〜  」の所は、ダウンよりもアップの方が弓が早くなってしまっていて、
そのため、ダウンよりもアップの方が音が大きく聞こえている。 意識して直すこと。
16分音符の連続のところは、力を抜いて軽やかに弾くこと。
      →   合格

課題曲

●「ムーンリバー」

3の指の音程を気をつけること。
ロングトーンは綺麗に響いているので、力を抜いて大丈夫。
もう少し引き込めば問題なし。

●「主よ 人の望みの喜びよ」 主旋律

出だしの「ソラシ」の「シ」の音程に注意。 シの位置を決めてから、ソを出すと良い。
途中でテンポが変わらないように、メトロノームで練習するといいかも。
できるだけ左手をバタバタさせない。
予想していたよりは弾けている。

●「主よ 人の望みの喜びよ」 セカンド

主旋律と合わせた時に、ズレていくのはなぜ?
合わせる練習が必要。  (難しいけどがんばって)


今日は時間を大幅にオーバーして1時間半も見ていただきました。

1人で弾くとちょっぴり寂しげな「驚愕シンフォニー」ですが、先生がヴィオラで伴奏してくださり、
すごく豪華で楽しい曲に仕上がりました。
「ムーンリバー」も先生と合奏。思った以上に美しくて素敵でした。
「主よ…」は、私の演奏がズレるので、上手く行きませんでしたが、
次回はなんとか克服して行きたいと思います。

やっぱり合奏は楽しいです。
d0176951_1621245.jpg



[PR]
Commented by jim☆彡 at 2011-06-24 23:24 x
合奏は難しいです。が、合奏は楽しいです。合奏してこその音楽かもしれません。音楽は独りではないのです。
by collages1122 | 2011-06-24 16:21 | ヴァイオリン | Comments(1)