レッスン  28回目(篠崎教本2巻へ)

レッスン28回目

5月もそろそろ終わりだというのに、肌寒い今日このごろ。
すっきり晴れ渡る五月晴れはどこへ行ったの?
いつもいつも薄曇り。    晴れたと思ったらすぐに崩れて雨がポツポツ。
原発事故とは関係ない、と思いたいけれど、
何かいつもとは違う5月でした。

でもバラは逞しく我が家の庭で咲き誇っています。
本当に美しいです〜。

さて今日は28回目のレッスンでした。

まずはボーイング

今日は何も注意されず。
よく響いていて、弓の持って行き方も綺麗です。とのこと。

教 本

●一巻 No164 変ロ長調音階
A線の「レ」 と  E線の「ラ」  の響きをよく意識すること。 
一番響くところを探して、分散音では、音の響きが重なり合う和音になるように
響きを意識すること。

● No166 「なつかしき故郷」
*二小節目のスラーのところの指使いに注意。
指をできるだけバタバタさせないで弾く。   
* 寂しげにならないように音をたっぷり響かせて。      → 合格

● No 167 「去り行く」
*一小節目の 3音目の「ファ」は弾き直さないでいい。指をぴくんと動かす必要なし。
*ドファファ のところの「ド」は、弦を2本押さえるのではなく、
すばやく隣へ移動するようにすること。 その時に弓が止まってしまわないように!
                                                         →  もう一度

●二巻  No 3 〜No5 ハ調長音階
G線を弾く時は、弓の角度は床と平行にすること。それ以上傾けすぎないこと。
移弦はスムーズに音が途切れないようにすること。
そのためには、弓の角度を考え、最短距離で移弦できるようにする。
                                                    → さらにさらに練習すること

●No6 「驚愕シンフォニー」
音を止めないで、もっとサクサク弾く。
中盤もスラー以外のところはサクサク弾く。
後半は、弓の先の方で弾く。        →  もう一度

今日は全体的にあまり調子が上がらず、
練習の成果が出せなかったような気がします。ガッカリ。
まあこれも実力です。仕方ありません。

弦はピアノのように指をバタバタさせて弾くのではなく、
できるだけ効率的に、動かさないように弾くように… そのためのフィンがリングを
自分なりに意識してください。
それから音の響きに気付いて、できるだけ響くように練習してください。

…というのが、今日のレッスンのまとめのような気がします。

響かせること。難しいけれど、綺麗に響いた時は本当にうっとりします。
ひとつひとつの音を綺麗に発音させていく。
がんばりまーす。


d0176951_134427100.jpg

[PR]
by collages1122 | 2011-05-26 13:46 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122