レッスン 27回目

レッスン 27回目

GWが終わり、日常が戻って参りました。
昨日は初夏のような暑さでしたが、今日はうってかわって肌寒い3月頃の気温に
逆戻り。
雨降る中、レッスンに行って来ました。

まずはボーイング

●D線がとても綺麗に響いている。A線もそのくらい響くようになると良いのに。
●ダウンよりもアップの方がよく響いている。ダウンも頑張って。

教 本

●まずはスケール。( No,155 No,162 No,164 No,168 )
今日はなぜか、中指が高めで 薬指が低めになっている。
気をつけて。 →    もう一度

●No161「子守唄」
よく歌うこと。 こう歌いたい、と思って弾く事が大事。
怖がらずに弓をたっぷり使う。 とにかく歌い上げる。       → 合格

●No 163 「古いフランスの歌」
3小節目の「ラ〜〜〜ラ」はもっとしっかりリズムを守って。
A線は弾きにくいが、もっと思い切って響かせること。    →合格

●No 165「祝典行進曲」
出だしからたっぷり弓をつかって、途切れることのないように弾く。
音程を正しく。                                                    →合格

●No 166「なつかしき故郷」
弓の分量を考えて弾くこと。
まだ曲に戸惑っている感じがする。         → もう一度

●No 167「去り行く」
ワルツなので一拍目を強調するように弾く。
「レーシ シ    ドーファ ファ」のところは弓の分量に気をつける。
 →一音目にあまり弓を使わない。
一小節目のミ(A線)は小指に必ず薬指を添えること。    →もう一度

● No 169「ガボット」
8分音符が連続して出て来るところは、
肘を使って弾くと、ギコギコならない。 肘を使うこと。   →  合格


もう一度 の曲もありますが、何と言ってもブラームスの「子守唄」が合格だったので
すごく嬉しいです。
そしていよいよ篠崎教本の2巻へ。
これからも 無理しない程度にゆっくり進んでいきます。

[PR]
by collages1122 | 2011-05-11 12:14 | ヴァイオリン | Comments(0)

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122