レッスン7回目

レッスン7回目(カルチャーにて)

二週間振りのレッスン。

前回習った A線のシ、ド、レ を使ったテキストを練習してきたので、
それを先生に聴いていただく。
家では変な音が頻繁に出ていたのに、先生の前だとなぜか綺麗な音が出る。不思議。
ほどよい緊張感が良いのだろうか。

先生からのチェック
●二分音符などのロングトーンを弾く時は良いのだけれど、
四分音符になると、弓を持つバランスが崩れるので注意。

●ボーイングのD線の時に、肘の使い方がぎこちない。

●音量をもっと上げて。

●左手は弦を押さえる時、離す時、もっとスパッと。

●弓の圧力を一定に。

次回までにテキストを3ページほど進めておくようにとの事。
そこまで行くと、いよいよ小指の出番。
d0176951_14303619.jpg

[PR]
by collages1122 | 2010-08-11 14:31 | ヴァイオリン

憧れのあの曲を奏でる日を夢見て…


by collages1122